『大本神諭』 大正4年旧6月8日

○大正4年旧6月8日(火の巻)

 大出口直の身魂は、因縁のある身魂であるから、初発にはエラい行(ぎょう)がさせてあるぞよ。初発には肉体(み)の苦労がさせてありたなり。肉体の行が済みた折に、直(なお)に、「向後(このさき)は気苦労を致さなならん」と申してありたが、中々人民では克(よ)う耐(こば)れん気苦労をさせたなれど、申すことを「厭」と申さずに、大出口直は貫いてくれたぞよ。今迄苦労致したことが、判る時節が参りて来たぞよ。申してある事は皆出現(でて)来るぞよ。余り大事業(たいもう)なことであるから、天の御三体の大神様が、「龍宮館の元の宮に、西と東にお宮を建てて、降り昇りを致すぞよ」と申して、お筆先に知らしてあらうがな。何彼の時節が参りて来て、御三体の大神様がお加護(てつだい)をやらんと、物事が遅くなりて居るから、守護神、人民に判らんから、皆揃うて身魂を磨かんと、結構な事が眼の前に見せてありても見えもせず、実地(せうまつ)の事を大出口直の手で、大国常立尊が書く筆先を読みきかしても、耳へも入らんから、これから天の御三体の大神様の、直接(じき)のお加護(てつだい)が厳しくなるから、日本の守護神よ、改心を致して、日本の人民の性来を、元の大和魂に致さねば、日本の内には置かんことに規則を決るから、今度の規則は、上代(むかし)の規則よりも、モ一つ厳しくなるのであるから……。

 日本の今の守護して居る性来を、余り何時迄も頑張りて居ると、世の元を造らへた元の天の御先祖様と、地の先祖とが、この世を造らへる折から、「この守護神は、斯ういふ働きをする守護神」といふ事は、よく判りて居りて、この二度目の世の立替の折に、「斯うなる」といふ事が、よく判りて居りての現今の難渋であるから、爰(ここ)へ成りて来た折に判りた守護神が、間に合ふ様に続いて知らしたなれど、間に合ふ守護神が悪に反(かへ)りて居る故に、真正(まこと)実地の方の御用の出来る守護神が、惨い事になりて居るから、何につけても、善に就く守護神は今に無いぞよ。ズンダラな守護神では、善の道へは来て貰うても間に合わんから、善の方は数は少ないぞよ。さる代りに、善の方の生粋の大和魂の元の活神(いきがみ)が、天の御三体の大神様が、太初(むかし)から無い事を為さりて、お加護があるから、地の世界の元の活神の先祖の光を出して見せるから、沓島(めしま)に附随(つい)て落ちて居られた龍宮の乙姫殿と、日の出の神と御夫婦、金龍海の玉水(たますい)の、陸の龍宮館の元の宮へ、お上りになりてお出でるなれど、霊魂(れい)で御守護が何所へでもあるから、人民では見当が取れん事であるから、出来上がるまでは、実地は人民ではよう分けん事であるから、各自(めんめ)に身魂を磨いて居ると、磨けた身魂から良くしてやりて、珍しき事を致して見せるから、ウブになりて、「生まれ赤児(あかご)の心になりて呉れい」と申すのであるぞよ。

 今度世に出動る活神は、太初の産(うぶ)の身魂に致すのであるから、従来(これまで)のやり方の守護神とは、心がさツぱり反対であるから、従来のやり方の好かりた守護神は、やり方が薩張り違ふから、太初の世の元の、産の水晶の霊魂になりて、毛筋の横巾の半分の毛ほど混ざりて居りたら、前途(さき)へ行く程、其混ぜりが段々大きくなりて、其霊魂が又悪業(わざ)を致して、又世が曇るから、今度の世の立替は、末代に一度ほか無いといふ様な大事業(たいもう)であるから、何につけても骨が折れる事であるぞよ。変性男子の御用は大望な御用であるから、男でも出来ず、女では尚ほ出来ず、この世にこれ程大望な御用は、誰も出来んのであるぞよ。大神様の直々(じきじき)の御霊統(おちすじ)の、国常立尊の御霊が、半分の御霊を変化(へんげ)て女に致して、変性男子の身魂に致して、今度の二度目の世の立替があるのは、世の元からの天地の先祖は、末代の事が判りて居りての、初発から造へてある御身魂であるから、これ程苦労が永いのであるぞよ。「この身魂が世界の亀鑑(かがみ)である」と申して、初発から御筆先に出してあらうがな。斯ういふ世が参る事がよく判りて居るから、何も世の元から造へてあることの、時節が参りて来たのであるぞよ。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

『大本神諭』 大正4年旧6月11日(壱)/天狗

○大正4年旧6月11日(天の巻)

 おほくにとこたちのみことへんぜう男子なんし身魂みたまはっきりおもてあらはれて、へんぜう女子にょし身魂みたまあらはせんと、あっぱれ表面おもてことにならんから、あますすみて、天地てんちさかさまひっくりかへりてりたから、世界せかいなにいたしてもさかさまばかりで、實効まことふことが、ひとツも出来できはせん(※1)この世界せかいぢうことは、なにみなさかさまばかり、このさまほんさまに致して、さんたいおほかみさまを、もと至仁至愛みろくへ、もどして、もと日本にほんもとおさめるぞよ。さッぱりわるがみ自由じゆう自在じざいに、ここまでいたして、もと御先祖ごせんぞ様をかいであるといふやうなことをもうして、てん日神月神おふたかただいさかさままるじゅうになりてあるといふことが、明治めいぢ二十五年に、しょっぱつかかしてあらうがな。まるに十、はちまっくろうして、しろ場所ところが、れてろうがな。身魂みたまとほり、そのまた身魂みたまくもりてるぞよ。いまでは身魂みたままっくろうなりてしまふて、よくなるどころか、いちにちしに惡化わるなるばかり。ド-モ劇甚ゑらいことにくもりたものであるぞよ。

弥勒紋章01

 もとてんおほかみさまを、ンなことにしていて、また世界せかい先祖せんぞまでも、此世このよいやうにしてりたぞよ。わかみのみことは、そこみてりたなり、きんかつかねおほがみどのは(※2)つよ御霊みたまであるから、最醜惡界どゑらいところおとしてあり、りうぐうの乙姫〔 〕どのは、沓島めじまうみ御住居おすまゐでありたなり。いはかみどのも、あれかみどのも、かぜかみどのも、あめかみどのも、地震ぢしんかみどのも、艮〔 うしとら 〕へめられてりたなり。このいきがみを、萬古まんごまつだいさぬやうに、ちからのあるかみみなういふことにしてありたのであるぞよ。のこらずのこんじんやま住居すまゐかうざん退居おちりたので、大部だいぶどうらくかみもあるぞよ。こんじんとまでもうかみでも、あまながあひだのことであるから、てんひんもうすのは、みなこのこんじんであるなれど(※3)どうらくかみがあるから、きて使つかうとまをしてあるが、なかには天狗てんぐ堕落なりるから、今度こんどたてかへには、もと日本魂やまとだましひしゃうらいばかりを御苦勞ごくらうになりて、立替をはじめるによりて、あとおほたてなをし御用ごようが、なかなかに大事業たいもうであるから、身魂みたまみがけた日本の人民〔 じんみん 〕をいれものいたして、それぞれのことに使つかふから、日本魂やまとだましひにならんと、眞正まこと出來できんぞよ。
 誠實まことこころしゅごうじんに、使つかはれてにくたいでありたら、今度は婦女おんなでも御用ごよう出來できるなれど、御用ごよういた霊魂みたまの肉体は、とほりのぎょうでは出來できぬから、わるはれ、そしられ、きちがひ詐欺師やましとか、いひ使つかふてるとか、たぬきぐらいられるぞよ。とりつぎなかにもおほもと 〕をわるもうす守護神に使つかはれてる肉体もありて、いまになりてから、ひとわるもうしてうへあがらうといたやうな、みぐるしき身魂みたま出來でけるぞよ。天地てんちのビックリばこが、近々いまひらくといふたうととこであるから、霊魂みたまいんねんわかるのは、綾部あやべおほもとよりほかには、てんにもにもいぞよ。しんぐう〔 新宮 〕、ほんぐうみやりうぐうやかたたかあまはらであるから、てん規則きそくきまるといふけっこうなことが出來できりても、いままでやりかたいとおもふてしゅごうじんにはせうせうわかにくいから、はやわかるやうに、みてらしたなれど、にあはん守護神が大多數たっぴつるから、何彼なにか時節じせつおそくなりてたぞよ。これまでに、これだけらしてあることが、わからん守護神が、いまからだちになりても、こころもちかたちがふから、それは、こくわるがみけんぞくで、日本にほんてきにしてしゅごうじんであるぞよ。




(※1)
出口王仁三郎氏に挙国更生を聞く(二)
鴛海「日本は欧州人からわるられるのはやむをませんでしょうか」
聖師「それはあたまえじゃ。たぬき同志どうしがやっているから、それはしょうがない。『今まではまことひとツもない』とかみさまっておられる。いばかりやっている。世界もこうせいせねばならぬ。しかしず日本が更生してはんを示さねばならぬ。日本人でも今のはようがない。まことの日本人〔 日本にほんじん 〕はいくらもらぬ。ほとんぜんめつの状態である。皮膚ひふもうはついろだけが日本人であって、精神的にはこんけつである。外国人〔 がいこくじん 〕がだい部分ぶぶんである。にんげんせいしんである。こころというものはみなうごいておるのである。れいというものは血だ。ゆえに現代の日本人はこんけつになっている。こういうれんちゅうこしらえても混血してしまっている。の血から更生せねばならぬ。は精神のかたかわってる。真正な日本人に帰ったならば──はじめからこころもとだから、霊主体従の人間になる。現代人はけつえきが外国人〔 外国神 〕になってしまっている──心が日本人にかえったならばそれい」


(※2)
○「金勝金の神」(出口王仁三郎著「霊界物語」第六十七巻余白歌より)
大地だいちれいりょくこれくにとこたちのみことなり そんれいたい かねかみれいこんなり
・以上のさんしんすなわ大地だいちしゅごうじんにしていづれも地上ちじょうれいかいしゅさいかみなり
天津神あまつかみぜんれいこんいちぶんたんにんしたるはつき神業わざなり


(※3)
○出口王仁三郎著「天狗」(月鏡)
 てんにも種々のかいきゅうがあるが、人間界において責任をはたさず、ぎょうが成功しなかったものがれいかいはいってぎょうをしてるので、りゅうじんおなじくさんかんさんねつくるしみをけてるのである。地獄じごくかいなかすまゐするのではなく、にくたいてきせいれいかいに住するものである。行〔 修業ぎょうおわってのちふたたび人間界にうまれてるもので、それから人間界のぎょうを完全にげたならば、天国へはいっててんにんれつくわはる事をるのである。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

『大本神諭』 大正4年旧6月11日(弐)

○大正4年旧6月11日(火の巻)

 大国常立尊、変性男子の身魂が世界へ天晴れ顕はれて、昔から、この世出来てから未だ無い事をして見せてやるぞよ。これまでの末法(まっぽ)の人民の心には、何程(なんぼ)結構な事を眼の前に見せてやりても、見えも聞えも致さうまいがナ。これまでの末法の人民には、こんな実地を見せたとて、お蔭もよう取らず、授(や)られも致さぬ。こういふ事に、天はなりて居るなれど、地の世界は惨いことであるが……。一時(いちど)の改心は辛いから、モう延ばす事は出来ぬから、言うてやりても真実(まこと)に致さず、お蔭の取らせやうが無いから、大出口直の筆で、大国常立尊が書いておくから、お筆先を見ておくと、その通りが天地から出て来るから、御三体の大神様のお手伝が、これだけ日々昼夜にありても、今では出口直が見る丈で、体躯(からだ)に火がついて居りても判らんアキメクラばかりて、お蔭の取らせやうが無いから、神の心を砕くのであるぞよ。

 綾部の大本は、信者を沢山寄せて歓ぶ所で無いぞよ。従来(これまで)は、旧道と新道が両種(ふたみち)こしらへてありて、何方(どちら)の道に就くといふ事を視て居れば、矢張り楽な方へつく。これでは、誠意(まこと)が無いといふ事がよく判りて居りても、さア今変へるといふ事も出来ず、一日延ばしに延して、モう一寸を前へ行く事は出来ず、直(なお)に言はしても聴く者は無し、天から御両神(おふたかた)の御手伝といふやうな、畏れ多い事が出来て居りても、「何を言ふやら」位に外(ほか)、取りはせんぞよ。何事も、言葉の代りに筆先に細かう書いて見せても、それも解らず、何彼の事が遅くなりて、世界の事が動きが取れん事になりて来て居るから、モう一度に開かな、御用する身魂が無いなれど、些ツとは有りも致すであらうから、これだけ続いて、日々に大望な事ばかりを、因縁の身魂にはさして、辛い目に逢うて居るのに、「大神業(たいまう)は何時来るか」と申して、大本へ不足を申す守護神が、何ぞ善い事が出て来るやうに思ふて、大きな取違をして居ると、却って其人に困る事が出来て来るぞよ。其んなちいさい事を念(おも)ふて居ると、大きな間違で、御用どころか、小さい肝玉では喫驚(びっくり)して飛び出して仕舞ふて、早速に大本へも来られんやうなことの無い様に、大きい肝玉に致して、腹帯を確然(しっかり)と締めて居らんと、耐れんやうな事が世界には有るぞよ。「罪穢(めぐり)の甚深(ひど)い所には、甚大(ひど)い借銭がある由つて、厳酷(ひど)い審判(こと)があるぞよ」と申して、知らしてあらうがナ。善い事にも、悪るい事にも、身魂がして居る丈のことを、世界中現はして、向後は悪るい事は出来ぬやうに、善一ツの真(まこと)の道が造りかへてあるから、造り替へてある道へ乗り替へて、日本の御用の出来る守護神は結構なり。百方(どのい)言ひきかしても、頑張りて聴かぬ身魂は、根底(そこの)国へ落してしまうから、今度は最終(とどめ)であるぞよ。早く埒をつけて、後の立直に掛らねば、永く世が逆様に覆へりて居りた故に、天の大神様を大の字逆様に致して(※1)、円(まる)に十を書いて、八分黒う致して見せてありたが、「現世(このよ)があの通りになりて居る」といふ事が、書いて見せてありても、真正(まこと)の事は人民では判るまいがナ。実地をして見せても、永永 直(なお)が申して知らしても、真実(まこと)に致す人民は未だないぞよ。これだけ実地を仕て見せてあるが、大の字を逆様に、下方(した)を向けて書かして見せば、それ丈の事により見えまいがナ。
 人民は万物の長と申して、神に亜(つ)いでの結構な霊魂を貰うて居る肉体は、神にもなれる、結構な神の容器(いれもの)になれる、神の次ぎの人民が、日本より外国の方が好くなりて、男も女も、「外国の風をする人民は、偉者[物](えらもん)じや」と申して、薩張り日本の精神が、顚倒(ひっくりかへ)りて居る故に、天の御三体の大神様を、真ツ逆様に致して永い間苦しめたが、何彼の時節が廻りて来て、真正の世になりたぞよ。日本の人民が元の大和魂に立ち返らんと、最う何時掌が反るか、天地のビツクリ箱が何時に開くか知れんが、さうなると、大神様の申しなされた事を、致さなならん守護神、人民は、沢山(たっぴつ)出来るぞよ。逆立に成りて苦しむ人民多数(たっぴつ)あるぞよ。さうなると可哀[愛]相なから、この時節がまいるから、明治25年から、「今じや、早じや」と申して急き込みたが、実地の真象(せうまつ)が出て来る時節が廻りて来たから、モう改心するのが遅れて来たぞよ。あまり登りて蒼空(そら)ばかり見て居ると、地の世界の事が些ツとも解らずに、上に眼のつく人民が多くあるから、口を緘(つま)へて下を視て居ると、今度は好い御蔭が貰へるぞよ。お蔭取るのも落すのも、心一ツの持ちやうぞ。

続きを読む

テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

『大本神諭』 大正4年旧6月12日

○大正4年旧6月12日(火の巻)

 天の御三体の大神様が御手伝といふやうな、大望な事が出て来て居るのに、「何時大望は来るのじや」といふやうな守護神、使はれて居る肉体は気楽なものじや。大本がよければ立寄るし、些と思ふやうに無いと、こんな所に居りても詰らん位に思ふ守護神が、これ迄に在りたから、今になりてから「こんな辛い所は敵[叶]はん」と申して去なんやうに、真実(まこと)ある守護神でありたら、肉体も其心に成るぞよ。皆守護神の型であるぞよ。茲迄来るのは仇な事では来られんぞよ。心に真実がありたなら、ドんな辛抱でも出来るなれど、真実の無い身慾信心て来て居ると、肉体も同一(おなじ)心である。水晶の身魂でありたら、楽に御用が出来るなれど、曇のある身魂では、この中に居りよる程辛う成りて、出世はしたいなれど、「こんな辛い所は最う敵[叶]はん」と申して、逃げて去ぬ守護神もあるといふ事は、初発から書いて知らしてあるぞよ。実地の神に使はれるのは、一と通りの事をして居りては、世の元の天地の神の気には入らんぞよ。さる代りに貫いたら、天でも見え透く様になる地の高天原であるから、放埒(ずんだら)な守護神では勤まらんぞよ。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

『大本神諭』 大正4年旧6月15日

○大正4年旧6月15日(火の巻)

 今度の立替は、末代に一度ほか無いといふやうな大望な事であるから、人民同士[志]の戦(たたかひ)のやうに思うて居ると、大間違に成りて来て、これは偉いことじや、思うて居りた事が薩張り違うて、何(どち)らの国も見当が取れんやうに成りて来るぞよ。「人民がして居るか、今度は神がして居るか」といふ事が、明白(ありやか)と判る世が参りて来て、「これは此世には神がある」と云ふ事が、天地から……。正末(しやうまつ)の天地の生神が世界へ一度に顕はれて、世界中を動かして見せてやらねば、ドちらの国も承知が行かんぞよ。ドちらの国も、戦をせずと泣寝入に成る位に、日本(よ)の人民、善いオモチャに成るなよ。善の先祖と悪の先祖と、神と神と、国と国との大戦であるから、人民はそれがよからうなれど、日本の天地の大神が許さんぞよ。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる