社会の改善と国民性/自主的精神に基け

○社会の改善と国民性

 吾等われらは敬神尊皇そんのう愛国の至善とする、皇室を中心とさない政治は、日本の政治ではない。日本は古来徳を以て治むる国である。かしこくも明治天皇は『我カ皇祖皇宗国ヲはじムルコト宏遠こうえんニ徳ヲツルコト深厚しんこうナリ』とらせたまうた。即ち日本国の本能は徳治とくぢである。世界萬邦の民仰ぎて以て宗国そうこくと為し悦服えっぷく帰順しきたるべき神国である。しかして日本はあくまで日本人の日本でなければならない。護国の精神世界の平和を望む心とは一致する。吾等の求むる文明は正義を基礎とした文明である。缺陥けっかんだらけの悪質の文明は皇国及皇国民の仇敵である。文明の発祥地が欧米のみに限られたやうに思ふ者があるならば、その人はすくなくとも精神上の文明につき研究を怠った人に相違ない。近来所謂いわゆる欧米の先進国といふべき国の態度は如何どうだ。人道を無視し、人種を差別し、公約を非議して国際の信義を破り、思想の潰裂かいれつ、道徳の頽廃たいはい、そこに幾許いくばくの学ぶべき点があらうか。翻譯ほんやく的新思想の宣伝、改良運動の煽動せんどうは必ずしも悪いこととは云はれない。是が為に刺戟しげきされ、舊來きゅうらい陋弊ろうへいを革正することとなれば、はなはだ結構だと云はなければらぬ。
 要は、く之を咀嚼そしゃくし、これを洗練して日本化するにある。如何なる危険思想も恐るるに足らない。護国の精神を以てこれを消化すればよい。しからずして例へば、社会主義で御座ござれ、共産主義でござれと云った様に、不規律に、無節制に、非国家的に、外来の思想におぼれてゐては、国家の隆興りうこうも民族の福祉も、これを永遠に失はなければならない。皇国の社会組織、経済組織には、改善すべき沢山のものがあり、時代に適合した施設を行ふのは當然である。しかして其の根本は伝統的に統一された国民性を土臺どだいとして、どこまでも敬神尊皇愛国を主としなければならぬ。


○自主的精神に基け

 我国は開闢かいびゃくの初めより、神様が世界の宗主国として造られた自主的神国であります。故に地上一切の中心となって世界萬国ばんこくを指導すべき神国であります。一切のものにはすべて中心があります。地球上の国をつるもの其数幾十にあまる有様であるが、我国の様に神代から皇統連綿れんめんとして天壌てんじょう無窮むきゅうなる国家はありませぬ。故に我国民は政治、宗教、教育、一切自主的精神を持って飽迄あくまでも我国風を発揮しなくてはならない使命を持ってゐるのであります。
 しかるに現代の日本人は外尊内卑的精神に習慣づけられ、依頼心のみ旺盛おうせいになって来たやうであります。子弟していを教育するにも莫大な学資を投じ、やっと高等学府を卒業さした目的は、大商店大企業支配人マネージャーになるとか、或は米搗こめつきバッタの変化たる代議士になるか、蓄音機のばけものたる教育家になるか、人のふんどし相撲すもうをとる伴食ばんしょく大臣や地方長官になる位が、最大高級の目的であります。一つの事業をなすにも自主的精神がけて居るから、現代に時めきわたる政治家や、代議士の古手、博士、大実業家などの名を並べさへすれば、如何いかなる事業でも成功するやうに思って居る。初めから如何なる事業といへども人の援助を受けたり、賛成を得てやらうといったやうな薄弱な意思では決して成功するものではありませぬ。一つの事業を完成しようと思へば、少なくとも十年間の自主的刻苦こくく経営をなくてはなりませぬ。その上 信仰、忍耐、正直の三つのものを活用しなくては結局駄目であります。
 現代人のやることを見てゐると、政治家や華族や博士〔平成なら芸能人〕などの名を並べたてて主義や綱領こうりょうの立派な事は、大政治家も聖人君子も裸足はだしで逃げる程である。しかしそれはただ単に売薬屋の効能書きに過ぎない。我々は真の日本人である以上、名望家めいぼうかの応援を受けたり、補助などを仰いで事業をやりたくはないのであります。さう云ふやうな薄弱な意思では、有終の美果をおさめることは出来ないのであります。


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる