天災と人震

○天災と人震

 日本の国民は、古来抱擁性ほうようせいみ、世界の文化をことごとく吸収して同化し精錬せいれんしてさらにより以上うるはしきものとして之を世界に頒與はんよする所に日本人の生命があり、使命があり、権威があるのである。しかしてよこに世界文化を吸収してこれを精錬すればする程、たてに民族性が深めらるべきはずだのに、現代の日本は外来文化の暴風に吹きつけられるほど固有の民族性の特長をうしなひつつある状態は、あたかも根の枯れたる樹木にひとしいものである。日本人は日本人として決していずれのものによってもをかされない天賦てんぶ固有の文化的精神を持ってるのである。それが外来文化の浸蝕によってうしなはれむとする事は、祖国の山河さんかが黙視するにしのびざる所で無くてはならぬ。
かくごとき時に際して、天災地変が忽焉こつえんとして起り、国民にだいなる警告と反省をうながした事は今代きんだいに始まった事で無く、実に建国二千五百年の災変史が黙示もくじする所の真理である。近くは元和げんな寛永かんえい慶安けいあん元禄げんろく寶永ほうえい天明てんめい安政あんせい大正たいしょうに起った大地震と当時の世態せたい人情との関係を回顧するも、けだし思ひなかばに過ぐるものがあるではないか。
 て我国の記録に存するもののみにても、大小一千有余の震災を数へる事が出来る。其中でももっとも大地震と称されて居るものが、回、鎌倉時代の如きは平均五年目毎に大震災があったのである。覇府はふ時代には大小三十六回の震災があった。しかも我国の発展が、何時いつも是等の地震にふ所が多いのも不思議な現象であるのだ。奈良が滅び、京都がおとろへ、そして江戸が発展した歴史の過程を辿たどって見れば、その間の消息がようかがはれるのである。
 全体ぜんたい我国の文化その物はまったく地震から咲き出した花の様にも思はれる。天祖、国祖神の我国を見捨てたまはぬ限り、国民の生活が固定し、腐敗堕落のきょくに達した度毎たびごとに地震の浄化が忽焉こつえんと見舞って来て一切いっさい汚穢をゑ洗滌せんできするのは、神国の神国たる所以ゆえんである。
 古語に『小人しょうじんをして天下を治めしむれば天禄てんろくながえむ、国家混乱すれば、天災地妖いたる』とあるのは、自然と人生の一體いったいたる事を語ったものである。人間が堕落だらくして奢侈しゃし淫逸いんいつに流れた時は、自然なる母は、その覚醒かくせいうながす為に、諸種の災害をくだたまふのであった。しかも地震はその極罰きょくばつである。
 我国に地震の多いのも、神の寵児ちょうじなるがゆゑである。自然いな天神てんしん地祇ちぎ恩寵おんちょうこうむることの多いだけ、それだけにその恩寵にそむいた時の懲罰は、一層はげしい道理である。し地震が起らなければ、人震じんしんおこりて忿怒ふんどらすに至る。近くは天草あまくさ四郎や由井ゆら民部之介みんぶのすけ、大塩平八郎乃至ないし西郷隆盛の如き、皆この人震に属するものである。


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる