世界の大神業

○世界の大神業

 現代は古事記こじきにある『岩戸いはと開き』に相当するのであります。
 『ここによろずの神のおこなひは、狭蠅さばへなすみなよろずわざはひことごとくおこりき』
 すなわち政治は勿論もちろん教育も経済も内治ないちも外交も滅茶苦茶である。一切いっさい萬事が真黒まっくらがりの世になってゐる、どこにどうしようも見当がつかない。かうなって来ると、各階級の風俗は紊乱ぶんらんし、不良人民がえ、窃盗せっとう強盗が横行し、あらゆる不祥事が起こって来るのであります。そこで神々様が『あまやす河原かはらかむつどひに集ひて』御相談なされた結果、岩屋戸いはやどを開くについては祭典をおこなって天神てんしん地祇ちぎを祭らなくてはならぬとふこととなり、今日こんにちで云ふお神楽かぐらをなされたのであります。
 伊勢大神宮では、昔から十二組の大神楽だいかぐらと云ふのがありますが、これは岩屋戸開きのことをお示しになってゐるのであります。
 前にもまをしましたやうに、現代の世態せたいを見ますと、所謂いはゆる世界の大神楽をそうしなくてはならぬ時であります。あのお神楽の時に出て参りますおきな獅子じしは、獅子の面をかぶって、刀を口にくはへ、手を振りみだし、眼も、鼻の穴も、歯も、きんで塗り、本当に恐ろしい様であるけれども、真中まんなかには人が入ってあやつって居るばかりか、頭の方こそ立派だが、うしろの方には尾も何もない、だんだらのすじのやうなものが入ってゐる布に過ぎない。そこにも人がかくれてゐて前の者と調子を合はせて操ってゐる、これが獅子舞ししまいの真相であります。
 ところで、今日こんにちの世界の外交術は皆この獅子舞であります。表面は非常に大きな、所謂いはゆる獅子口をあけて、今にも噛みつきさうんしておそろしい様であるが、中に入って見ると、人が獅子口をあけて舞うて居るに過ぎないのである。それから大神楽のときに、芸人がまりげたりおろしたりする、これはうへのものは下敷となり、したのものは上になって行く、即ち立替たてかへをすると云ふことを示してあるのであります。また盆の上や傘の背におかねを転がして一生懸命キリキリまはしてゐるが、これは今日の世の中は金融が逼迫ひっぱくして一銭のかねにも一生懸命に走り廻ってゐる 千円〔百万円〕の財産でもって一萬〔一億〕円も二萬〔二億〕円もの仕事をしてゐる。だから一朝いっちょう経済界の変調が起ると、ポッツリ運転が止まってしまふと云うことをあらはしたものである。次に頭を地につけてり身になったりしてつるぎの舞ひをやってゐる。これは戦争をしている意味であります。それから"おやまの道中"といって獅子舞姿で、おやまの道中の真似をする。丁度今日こんにちの世の中の様に男の頭の上に女があがってゐるやうな工合ぐあひになってゐる。又の獅子舞は達磨だるま大師の真似をして見せ、後持あともちだいの字になったり、逆様になったり、上のも大の字、中のも大の字、後のも大の字逆様ぢゃと云って、一生懸命やっておる。一方では大神楽の親父おやぢといふのがあって、片方で芸人の真似をして邪魔をしたり、いらぬ口をたたいたりして、頭をポンとたたかれたり突かれたりして客を笑はせる。笑はせるだけならよいが、おし聾耳つんぼの真似をしておほいに邪魔をする。今日の世の中にもういふ親父がいる。××が何とか云って、若い屈強盛りの者が一生懸命に芸当をやってゐるところへ、口嘴くちばしを入れたり、邪魔をしたりする。そしてをはりにはアババと云って帰ってしまふ。のアババは、言霊ことたまから申しますと、総てのをはり、大船が沈没した時や開いた口がふさがらぬ様な困った時、どうにもかうにも出来ぬ様な苦境におちいってしまったといふ時の表示であります。
 かく、今日の世の中は大神楽をまはしておる時であります。神代かみよ岩戸いはと開きの神楽と、今日の世の中の神楽とは余程かわっておりますけれど、其の精神は同一であります。また神楽の時に囃子はやし太鼓たいこを打つのは大砲や爆裂弾のひびき渡る形容であり、笛を吹くのはラッパを吹き立てる形容であり、胴鉢を左右の手に持ってヂャンヂャン鳴らし立てるのは、世界が両方にわかれてたがひに打合ふと云ふことの暗示であります。


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる