スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『惟神の道』(出口王仁三郎)より「神剣の発動」

「神劍の発動」

 政治宗教教育芸術おしなべて 今は地獄の風景となる(出口 王仁三郎)

 現代は世界の隅々まで面白からぬ思想が勃興し、人心日に日に悪化し、暴動や爆弾騒ぎが相次いで起り、天下は実に欄麻の如き状態である。かかる醜穢の国と成り果てたる以上は、どうしても御禊祓いの大々的御神業が開始されなくては、到底人間の智力、学力、武力などで治めると云ふことは不可能である。即ち絶対無限の金剛力を具有し玉ふ神剣の発動、神界の大祓行事により、日本国体の崇高至厳を根本的に顕彰して、地上天国を招来すべき時期に立ち至ったのである。
 現代人の多くは、天災地妖の如きは人間の左右し得るものでないと信じてゐるが、その実、天災地妖と人事とは極めて密接の関係があるのである。故に国家治平の時は天上地上倶に平穏無事であって上下万民が鼓腹撃壌の怡楽を享くるのが天理である。地上二十億の蒼生は、悉く御皇祖の御実体なる大地に繫殖するもので、万物の霊長とまで称えられ、地上を経営すべき天職を享け得て成長するのである。しかるにその天職をも知らず、法則をも究めずして、日夜横暴無法なる醜行為を続けつるあるは、実に禽獣と何等撰ぶ所が無いのである。
 そもそも宇宙が天之御中主神の御精霊体なる以上は、地上の生民等が横暴無法の行為を為せば霊界も亦乱れざるを得ない次第である。要するに天災地妖の原因結果は、いわゆる天に唾して自己の顔面に被るのと同一である。人間を始め動物や植物が、天賦の生命を保つ能はずして夭死し或は病災病毒のために変死し枯死する、その根本の原因は天則に違反し矛盾せる国家経綸の結果である。現時の如く天下こぞって人生の天職を忘却し、天賦の衣食を争奪するが為に汲々たるが如きは、実に矛盾背理の極みである。

 云ふ迄もなく、日本は世界を道義的に統一すべき神明の国であって、決して外国の経綸の如く、征服とか占領とかの無法横暴を為す事は許されぬ神国である。日本は皇典古事記の御遺訓に由り奉りて、国政の大革新を断行し、以て皇道宣揚の基礎を確立し、皇祖天照大神の御神勅を仰ぎ、世界経綸の発展に全力を盡さねばならぬ事は、国祖国常立尊の終始一貫せる御神示である。


プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。