スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代と岩戸隠れ

○現代と岩戸隠れ

 わが日本神国しんこくは、古来磯輪しわがき秀妻ほつまの国ととなへて来ました。シはみづであり、ワは国土またはしほであります。すなわち海水をもって国土の四周をかこふと云う言霊ことたまであります。次に秀妻ほつまの国のホは天地萬有の始めであって、れいであり、ツはつづつらなるなり、マはまはりなり、まなこなり、まどかなりの言霊であります。要するに世界太初に神の造られし神国であって、天津あまつ日嗣ひつぎの万世一世、天壌てんじょう無窮むきゅうに連続するてふ国名であります。しかして海のしほは七五三になみが打つのであります。ゆゑに七五三を〔日本〕国語こくごシメと云ひます。七五三しめを天地開闢かいびゃくはじめより惟神かむながらまはした国は、わが日本国の地形であります。

 今迄は、日本は七五三しめの内に平和の夢をむさぼりつつあったのでありますが、米国の使節ペルリの来航と共に三千年間の七五三しめは撤去されてしまったのであります。七五三しめが撤去されると共に、日本人は何時いつまでもまつうちうに安楽な考へを持ってはおられないうになって来たのであります。いては今日の日本には、七五三しめが精神的に取外とりはづされて居るから、外国の危険なる思想がドシドシと遠慮会釈えしゃくもなく侵入してしまって、目下のところでは到底政治や教育や法則や宗教の権力ちからでは如何いかんともすることが出来ない様に成って来ておるのであります。すなわち現代は神典の所謂いわゆる常夜とこよあらぶる神のおとなひは、五月蠅さはへなすみなき、萬妖ばんようことごとおこり、山川さんせん草木そうもくみな動揺どよむの現状であります。
 かる乱世あま岩戸いはと隠れに際しては、どうしても八心やごころ思兼おもひかねの神の出現して(※1)、天の岩戸開きの大神楽だいかぐらを奏上せねば、到底このただよへる不祥ふしょうの現状を救ひ、五六七みろくの神政を永遠に樹立すると云ふことは不可能であります。今日こんにちとなっては、如何いかなる智者、学者、政治家が現はれて、盤根ばんこん錯節さくせつを料理せむとしても、すでに手遅れであります。瀕死の病人にカンフル注射をて見ても、一時の生命を保持するだけのもので、到底何の役にもつものでない。ただこのの上は神にまかせて、天然力の神の大修祓だいしゅうばつを願ふよりほかに方法は絶無ぜつむであります。今日の世界に、どんな立派な有力な人があらはれたところで、時勢じせいの惡潮流ちょうりゅうを根本的に清むることはどうしても出来ませぬ。吾々われわれ唯一の頼みの27とするは、大国常立尊おほくにとこたちのみこと萬代ばんだい不易ふえき周到しゅうとうなる御経綸を待つばかりであります。

 ああ孤立の日本神国、混乱のきはみに達せる地上の各国、二十億の蒼生さうせいを救ふの道は 天津日嗣天皇てんのう御稜威みいづ国祖国常立尊御神威ごしんいの発動と、吾々国民の思神ししん思君しくん思国しこく思道しどう日本魂やまとだましい発揚はつようほかにないのであります。


(※1)
『伊都能売神諭』 大正8年2月20日
若姫君之尊は三男五女神の八柱やつはしら神を養育して立派に神代の政治を遊ばして居れたとこへ元の素盞嗚之命すさのをのみこと様がた地の世界へ降りて非常に御立腹遊ばして若姫君わかひめぎみみことの生命を取り、天も地も一度に震動させ再び常夜とこよやみとなり、よろづ妖神わるがみが荒れ出しどうにもうにも始末が付かぬ如うに成りたので 天に坐ます天照大御神様はつい地球あま洞穴いわと御隠おかくれ遊ばし、天も地も真のみと成ってしもふたので、八百万やほよろずの神々が地の高天原たかあまはらの竜宮館に神集かみつどひして、うしとらの金神は思兼神おもひやりのかみとなりて色々と苦心の末に天之岩戸あまのいわとを開き 天地は再び照明あきらかに成ったので在るぞよ。



○世界に範を示せ

 日本の為政者いせいしゃたるものは、光華こうか明彩めいさい六合りくごう照徹せうてつする神智しんち神徳しんとくを保有し、もって全世界の暗黒無道の惨状さんじょうを救ふべき天職てんしょくあることを忘れてはならぬ。しかしながら、今日こんにちの為政者にこんな註文ちゅうもんをするのはいささか無理である。日本だけの修理しうり固成こさいまで持て余して、窮々きゅうきゅう謂って目をまはしてゐるやうな次第柄だから。

 天地の公道こうどうもとづき、政治の根本を確立せば、天かは至治しち泰平たいへいの神国を招来しょうらいするをるのである。世界の大勢たいせいに順應するはよいが、公論こうろん衆論しゅうろんを誤解して、衆愚しゅうぐ多数政治と云ふやうな事になったらそれこそ天下国家の滅亡をきたすやも知れぬ。公平無私なる皇祖の御遺訓にって、政治の本領を真解しんかいさしい。
 国務大臣は第一に天祖てんそ国祖こくそ鄭重ていちょう祭祀さいしし、朝夕おこたらず至誠をもって拝禮はいれいし、天祖所示しょじの施政方針を尊守じゅんしゅし、大神おほかみの御心を心として仁慈の徳を備へて、国民にのぞむべきである。国務大臣にして、この信念と至誠なき時は、国民の議論百出ひゃくしゅつし、つひにはいまはしき危険思想を醸成じょうせいし、以て祖宗そそう建国の大精神を破潰はかいせしむるのおそれなきやを憂ふ。敬神の念薄き大臣は、日本神国の為政者たるの資格は絶対に無いものである。

 又今日こんにちの教育家は、真の大道だいどうきはめて居らぬ。真の学理を知らぬ。人の師範しはんたる教育家でありながら、肝腎の教育勅語の大精神を了得りょうとくせず、日々有害無益ををしへき、愚人のあらはした愚説のみを教壇にたって受売うけうりする蓄音機ちくおんきの様なものである。
 天地の大道たる敬神尊皇そんのう愛国の本義を体得しつ之を実行し得ざる教育家にいてまなぶは、実に危険である。国民性を傷害し、日本魂やまとだましいを滅却せしむるもの、実に多大である。第一に天祖、国祖をまつり、次に祖先に仕へ、以て忠孝の大義を実践躬行きゅうかうし、報本ほうほん反始はんしの実をぐるを以て、教育の根本となすべきものである。教育家にして、真に我国体を利かいし、四海同胞、神人しんじん一系いっけい神機しんきさとらば、大、高、中、小学、幼稚園内に至聖場をもうけて、天祖、国祖を奉斎ほうさいし、忠孝一本の本義を教師自ら実行し、以て被教育者に模範を示して貰いい。

 日本は神国しんこくであるといふ。神国なれば神国らしおこなひを守り、世界にはんを示さねばならぬ。神国天来の使命が了解さへ出来たら、国民一般が神心かみごころになり、至治しち泰平、みろく567の神世が出現するから、現在の人心不安も、混乱も、経済界の沈衰ちんすゐも、奇怪なる思想も、朝日の前の露の如く、たちまち消滅してしまふのである。今日の為政者も教育家も、君国くんこくを憂ふる一片の至誠あらば、一刻も早く改心、改造に奮進ふんしんせねばならぬのである。


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。