大本教開祖御傳記(6)

○大本教活歴史 百済博士王仁

 世界の文明は日進月歩底止ていしする所をしらず、所謂いわゆる物質文明の壮年時代とり、理科学上の新発明はあたかも神秘の鍵を持て神門を開きたるがごとく、社会に種々の方面に大々的競争の火焔かえんあげつつ偏屈へんくつなる道学者哲学者等あらはれ倫理上の学説は頻々ひんひんとして奇抜なる声を放ち来りて世俗を迷わせ、にせ預言者にせ救主は各所に出現し多数人類を欺瞞ぎまんし、世人はその信拠しんきょする所を知らず、文明利器の交通機関は倍々ますます完備し、地球の表面は追次狭隘きょうあいとなり国土は接近し衣食住は倍々ますます贅沢に流れ、世界の各政府は形而下けいたいかの学説のみを尊重し科学的智育の普及のみに焦慮しょうりょし、博士学士等理論に生活する一種の動物は雲霞うんかごとくに族生ぞくせいし、空理空論の旺盛おうせいなる今日の社会よりはなはだしきは無し。盲目めくら千人のたとえにもれれぬ世俗は皆かかる物質的文明を謳歌おうかしつつあり。これ向後こうご世界の惨憺さんたんたる滅亡を招致ゆうちすべき大原因たるべし。すべて精神的文明のともなはざる物質的文明は最も恐怖戦慄せんりつすべきものにして、決して謳歌おうかすべきものにあらず。精神的文明の伴はざる物質的文明と徳義とくぎ信仰とは相両立すべきものにあらず。人類は不完全なる病的智能のみ発達するに従い徳義信仰とは益々浮薄ふはくとなるのみ。かかる人類の日に月に増加するほど国家社会の為に恐るべきものは無し。今の時にあたってわが天朝てんちょうの臣民たるものおほいに奮起して維神の大道だいどうを天下に鼓吹こすいし全世界を覚醒かくせいするにあらずんば、国家社会の維持いと困難にして遠からず世界の滅亡を招かむこと火を見るよりも明らかならむ。ああ天下のうれひに先じてうれひ天下の覚醒に先んじて覚醒し、世道せどう人心の救済の為に身命をするの偉人出現せざるか。処世しょせい小訓にいはく、天下の憂は一国の民人みんじんが其の国家に対して無頓着むとんちゃくなるよりはなはだしきは無し、すなわち天下の憂は、天下の憂をうれふる者なきより甚だしきはなし。剛励ごうれいなるケトー(マルクス・ポルキウス・カトー・ケンソリウス)が羅馬人ろうまびとの腐敗をののしりし間は羅馬ローマいまだ全く腐敗せざりしなり慷慨こうがいなるテモシニースが、亞雅あでん市民の不甲斐なきを叫びし際は亞雅あでしすの民政はいまだ全く地に堕ちざりしなり所謂いわゆる非国教徒の良心なるものが政治的勢力の一たる迄は、英国政界の光明は依然として赫々かくかくたるべきなり。政界の紛擾ふんじょう決して意とするにらず。恐るべきは波無く風無きと同時に生命なき也云ゝしかじか實に至言なるかな
 ここ大本教だいほんきょう開祖は天下の腐敗を憂い抜山ばつざん蓋世がいせいの勇をもって婦人の身の雄々しくも皇国古有こゆうの神教を再興さいこうし、以て皇室の尊厳を維持し国民の団結力を強固にし、自主的思想を伸長しんちょうし以て細矛くわしほこ千足ちたるの國の民生を教え導かせ給はむとして現はれ給ひぬ。古語に「国みだれて忠臣現はれ 家貧ふして孝子こうし出で 天下みち無くして聖人起こる」とうべなるかな、宗教界の偉人出口開祖の出顕しゅつげんされしも至仁至愛にして萬物ばんぶつを守らせ給ふ天神天祖の厳の配剤なるし。アアたふとからずや。

 三千世界一時いちじに開く梅の花、うしとらこんじんの世に成りたぞよ。 三千世界一時いちじに開き須彌しゅみせんざんに腰を鬼門きもんの金神が守るぞよ。昔から此世このよの来るは知れて居る 絶対絶命の世に成りたぞよ。

 ああれ開祖が開教のはじめあたりて大聲たいせい呼號こごうせられたる獅子吼ししくなり。文辞ぶんじの雄大にして細微さいび透徹とうてつせる、神意の幽玄不可測にして世情を看破したる、凡人のくわだて及ばざるところ大本教の骨子こっしは茲にあり。即ち警世けいせい教俗きょうぞくの本義、神の威力、神の慈愛等、数言にてつくされたりと謂ふし。

 御照おてらしは一体 七王も八王も王が在れば世界の苦説くぜつえぬぞよ。
 世界中ひとつに丸めて一つの王で治める仕組が致してあるぞよ。
 日本は神国しんこく かみの守る誠の親国ぞよ

 大本教信條第五條の
 我等は大教主の預言のごとく、天に一つの太陽ありて萬物をたまふ如く、地にもまた一つの国王の現はれて総ての国を治め給ふに至る事を信ず、とあるは右の聖旨せいしもとづきしものなり
 本條hんじょうの精神を略叙りゃくじょせんに、すべ秩序ちつじょ統一とういつは宇宙の理法りほうにして森羅万象ことごとく秩序と統一を有す。例えば一家族はその家長にりて統一せられ、一村はその村長によりて統一せられ、一郡はその郡長によりて統一せられ、一府県はその県府知事によりて統一せられ、内務行政は内務大臣に由りて統一せられ、外交は外務大臣に由りて統一せらるるがごとくに、一国家の総ての事は帝王または大統領等に依りて統一せられ、天に一つの太陽ありて天体の運行を統一する如く地にもまた一つの主権者に依りて統治せらるべきものたるは当然のいきおいなり。しかるに現今は一国家の統一ありといえども世界には多数の帝王または大統領ありて互に領土を争ひつつあり。これ至粋しすい至醇しじゅんなる惟神の大道だいどういまだ天下におこなはれざるに職由しょくゆせる不道理不自然のきわみなり。すなわち天に一つの太陽ありて萬物の中心となり、宇宙を遍照へんせうして統一するがごとく、地上にも必ずや一人のただしき帝王の出現して個々独立せる世界万国を惟神大本教の教理の下に総合統一せらるるべからず。また自然の大道は必ずここに至るべき事を信ずるなり。これ皇祖天照あまてらす大神を初め、本教開祖の唱導しょうどうし給へる萬古不易の確言かくげんなり。かる事実の出現は前途すこぶ遼遠りょうえんなる論理にして容易の事にあらず。畢竟ひっきょういつの甘き空想に過ぎずとして一笑にし去るものあらんも、これぞ天下の大勢たいせいを知らざる愚者のけんにして大なる誤想ごそうふべし。見よ世界の実際は着々としてこの豫言に近づきつつあるにあらずや。
 交通通信の二機関の近世に於ける顕著けんちょなる発展は、一面より観察する時はすなわち世界の縦横を非常に短縮狭少きょうしょうにして一の脈絡みゃくらくを伏したればなり。既に一の脈絡の存する以上は之を統一して秩序按排あんばいするの必要あるを知るべし。の蒸気電気の応用を知らざりし我邦わがくに昔日いにしえにありては、九州に起りし事件は東北地方に聞達するは一・二年の日子にっしを要せり。更に近距離にけるもほ二・三ヶ月の後ならざれば之を詳知しょうちする事を得ざりしなり。故に同じ日本内地にありても、東北地方と九州地方とは全然利害を異にして何等なんらの交渉連絡と称すべきもの無く、われは我なりかれなりの状態にありてごう脈搏みゃくはくの通はざりし不便至極しごくの社会なりしはあまねく人の知る所なり。しかるにの蒸気電気の旺盛おうせいなる現代にありては日本国内は勿論もちろん今朝東洋の東端なる日本帝国内の出来事は翌日を待たずして海山数千里をへだてたる欧米の各国に知悉ちしつせらるるの世にあらずや。維新前において東北の仙台地方より江戸に旅行するには十四・五日も費やしたりしを今日にありては西比利亞しべりあ鉄道及びみなみまん鉄道の便にれば数千哩の距離を有する英国の首都倫敦ろんどんまでわずかに二周日しゅうじつにして到るをるにあらずや。欧州に於ける日本公債の相場はただちに我邦の経済界に影響するにあらずや。伊太利いたりーの震災は、おそれ多くもが先帝陛下を始め奉り、我邦人士の義捐ぎけんに依って救助の幾分を得たるにあらずや。西班牙すぺいん騒擾そうじょうその翌日直ちに我が霞ヶ関かすみがせきの好材料となるにあらずや。欧州に於ける露・独皇帝の会見は直ちに我が対外方針に関する外交官吏の熟議じゅくぎとなるに非ずや。独逸どいつ現皇帝カイセル陛下の一言一行は世界の端々はしばしに至るまで注意を惹起するに非ずや。米国加州に於ける排日問題日々の経過状況等は当日の中に我が同胞の耳朶じだに触るるにあらずや。
 かく見来たれば實に現今の世界は最も敏捷びんしょうなる神経組織にして彼所かしこに打てば此所ここに響き、此所を押せば彼所に持上り、の関連の密接なること宛然さながら一個人の身体にけるが如し。やがて世界統一のきたるべき自然の準備ならずとせんや。現今の通信交通の両機関をして今一層の発達あらしむれば、世界五大州を統治することほ維新前は江戸にありて日本国内を統治するよりも、更に便利にして極めて容易なるにあらずや。如之しかのみならず近来は世界各国盛んに空中飛行器の発明を競ひつつありてすでやや完全なる機の出来しるにあらずや。の飛行機なるものは其速力の点に於て現今の汽車汽船の到底及ぶべくもあらず。もっとも完全なる空中飛行船に依らば両三日をついやさずして世界を一周することを得るにいたし。此の空中飛行船の完成を告たるあかつきは実に世界の大改革を惹起じゃっきするは当然の理なり。軍事上は勿論、経済上に於けるも政治上に於けるも思想信仰上に於けるも、すべて大変革をみるに至るべし。これ決して遠き未来にはあらずして、今や日々これを実現しつつあるを見るべし。
 約言やくげんすれば現代の大勢たいせいは一国を一家族のごとくにし、世界を一国の如くに縮めつつあるなり。しかうして世界を一国の如く縮少し近接せしめつつある電気蒸気飛行機または瓦斯(天然)ガスの力も吾人ごじん畏信いしん尊敬してまざる絶対無限の妙體みょうたい 天之あまの御中主みなかぬしの大神おほかみの一部の活動と、国祖 国常立くにとこたちみことの一定不変の設備に過ぎず。要するに吾人の信ずる神は現今げんこん着々として世界統一の準備をし給ひつつある事を知るべし。しかれどもこれは主として物質力の上にける準備にして、更に精神界に於てもた世界の統一の準備なかるべからざるなり。わが大本教は實に皇祖こうそ皇宗こうしゅうの御遺訓にして古今ここんに通じてあやまらず、中外ちゅうがいに施してもとらざる真の宗教なれば、すなわち此の大本教を完全に行ふ所の国家はついに自然の世界統一の主と成るべき道理あり、また順序たるなり。れ皇祖天照皇大神は数千年以前の神代に於て預言し給ひし聖訓なり。大神の預言の御旨意ごしゅしは、アレキサンドル、シーザ、ナポレオン輩の理想たりし征伏せいふく的帝国主義的の世界統一にあらず、ただ惟神の徳性とくせいを発揮して太陽の自然と萬物を生育するがごとくにこの世界に博愛を行ふ所の聖王が最後の勝利者にして、世界大帝国の建設者なるべし。ただいずれの国よりかかる聖王の出現したまふかと云ふに、吾人ごじんは万世一系たる天津あまつ日嗣ひつぎ知召しろしめす我皇室にまします事としんぜざるを得ざるなり。本居もとおり宣長のりなが翁の玉鉾たまぼこ百首にも

天照あまてるや 月日の影を 知る国は
   もとつ御国に 仕へざらめや

あました 国はおほけど 神漏妓かむろぎ
   産成うみなしませる おほ八嶋国やしまぐに

日の神のもとつ御国みくにと御国はし
   もも八十国やそくに秀国ほくに祖国おやくに

もも久仁くに九二くに眞秀良場まほらば大日本おほやまと
   わが大君おほきみにのきこしをす国

かしこきや すめら御国は うまし国
   うら安の国 久仁くに眞秀国まほくに

もも八十やそと国はあれどももと
   これのやまとに ます国はあらず

あめつちの そぎへのきはみ まぎぬとも
   御国にましてよき国あらめや

おほ穴牟遅なむぢ 少名すくな御神みかみのよろしくも
   造り固めしおほ八島やしまくに

さひづるや 常世とこよのからの 八十やそ国は
   少名すくな毘古那びこなぞ つくらせりけむ

みなは かはりゆけども あきつ神
    わが大君の 御代みよはとこしへ

国々の きみはかはれど 高光る
   わがの御子の 御代はかはらず

 右数種の和歌に依りても必ずわが日の御子の世界を統治し給ふ時あるをうかがひ知るをべし。




テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる