スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第四章「教祖と金光教」 一萬冊のお筆先

○第四章 教祖と金光教

△一萬冊のお筆先

 教祖の牢屋生活は七十五日で終わったが、さらに肉体にまとう困難は精神の力も及ばず、すべてを騒乱させて行った。しかし一面には、今までの熱烈なかみがかりを通して、いよいよ神霊の至る所、其処そこには偉大なる力をもっのぞまれて行った。あたらしい光明にちた力が得られた。それは神の命のまにまに一切が捧げられて示現じげんして行く、所謂いわゆる御筆先として現はれた。
 教祖はもとより一文いちもん不知ふちの無筆と云ってもよい人である。神命のもとに神霊交融して、筆をもっ一度ひとたび紙面に対すれば、あな不思議や一種の文字がすらすらと何の渋滞もなく、筆端ふでさきよりほとばしりづるふでさきは、明治二十五年から教祖帰幽きゆうの二十七年間にわたって、半紙二十枚つづりを一冊と見積り、其の冊数じつに一万巻に近い大文字であった。の内容には警句もあれば預言もあり、または日常の教訓等もあって、一読んの価値もないようであるが、一度び其の真髄しんずいに触れるだけの霊覚をもっむかえば、宇宙の真理、幽界現界にわたれる真相は、あたかも手に取るごとうかがることが出来る一大神書である。この御筆先こそ今や皇道大本の有一無二の寶典ほうてんとして今に傳燈でんとうされて来たものである。
 当時世間のものは教祖に対して『うしとらこんじんさん』又は『神気狂ひ』などと云う綽名あだなをさえたてまつるに至った。教祖の神業はそんな嘲笑にはむし一顧いっこだに与える価値がない、教祖はひたすら神に仕える道に一意専念であるのみであった。

 其のかたわら一家の糊口ここうすごめ、例の如くくず買いや糸引に出歩いて、唯々粉骨ふんこつ砕身さいしんするのみであった。
 綾部あやべの金神さんと云えば、誰れ知らぬものもないようになった。時に其のうわさが高まって居た矢先、近郷きんごう西原村の西村ぶん衛門えもんなるものが、悪霊にかれたとかで病床によこたわって居たが、早速さっそく教祖を迎えて神へ祈願を捧げて貰うと、気のせいかそれとも神力の加護か、十日間ばかりで全快した。其の後西村は神へ謝恩のれいまいりをする為めに、何處どこの神へ参詣さんけいすればいかと教祖に相談すると
『私の所も神殿かむどことても無いような次第だから、亀岡かめおかこんこうさんへでも参詣しよう。金光様とも云へば金神様とも云うて、満更まんざら艮の金神様に関係がないでもないから』
 と云われたので、ここに二人同行することに打ち合はせが済んだ。いよいよ亀岡金光教支部へ参詣して、教師大橋おおはし某にもうた。其の時西村は教祖の経歴等をくわしく物語った。ところがさいわい綾部町には金光教の教会が無いから、旁々かたがた西村に教会所の借入方を交渉して貰うことにして、亀岡からは誰が金光教の教師を派遣するから、万事依頼するとふうに話がだんだん進んで、其の場で教師と西村との間に協議がまとまって仕舞った。れに対して教祖としてんの異議の存するはずもない。同じ神の奉仕であるから綾部教会の世話方をこころよく引受けることになった。
 そして一方綾部の方では、早速の準備に取りかかる事にして、最初手に入れた家が大島なにがしの持家で、わづかに六畳敷の一間であった。
 京都金光教会島原しまはら支部長杉田すぎた某は思う所あって、の部下の教師たる奥村某を綾部のの教会所へ派出させて、教祖と共に布教伝道に従事せしめたが、何分きゅうごしらへの教会所の事とて、参詣するものが一向いっこうない。これでは教会所も立ち行かぬと云う所から、ここうしても有力な世話人の必要を感じたので、色々と其の人物を物色した結果、近村たかかたへいぞうかろうと云うことに教会役員の協議一決して、の交渉を進めることになった。四方は以前夫婦の仲に子供が無いところから、一心に金光教をば信仰していたが、不思議にも子供が出来たので、其の後はもっとも熱心な金光教の一信者となった人であった。う云う関係から四方平蔵が綾部の金光教会の世話役を引受けて、初めて大本教祖に面会したのは、今から約三十年以前すなわち四方が三十五歳の壮年期であった。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。