生いたちの記(参)

○漆差しの失敗
 西南戦争で天下の人心騒擾たりし明治十年(1877年)の秋、王仁が七歳の時であった。父の吉松(梅吉)は船岡の産土の祭礼に参詣すべく、王仁を伴い生家へ帰って往った。其の序を以て、船井郡雀部(ささべ)の漆差しの家に立ち寄り、無病息災の為と謂って、王仁の腹部へ十数点の漆を差して貰ったのである。さあそうすると、王仁の身体一面に漆が伝播し、痒くて堪らぬので掻くと又それが伝播して、手足も胴も頭も顔も一面に瘡になつたので堪らない。終には手も足も動かぬ様に成って身体一面漆負けの瘡だらけに成って了った。その時の痕跡は今に判然と王仁の腹部にその記念を止めて居るのである。それが為に学齢が来ても小学校へ行く事が出来ない。それを祖母の宇能子が大変に心配して、平仮名から五十音、単語篇に百人一首、小学読本と漸次に教えて呉れられたので、十歳の春初めて入学した時は大変に読書力が附いて居って、何時も一時に三、四級宛は飛び越して、十三歳の四月に上等四級で退学する事となった。
 祖母は又彼の有名なる言霊学者・中村孝道(なかむらたかみち)の家に生まれたので、言霊学の造詣は深かった。王仁は十歳位の時から折々祖母の口から言霊の妙用を説明されたので、何時とは無く言霊の研究に趣味を持つ如に成り、山野に往って傍らに人の居らぬのを考えて、力一杯の声を出して「アオウエイ」と高唱して居ったのである。時々人に見附けられて笑われたり、発狂人と誤られた事もあったのである。王仁が今日言霊の神法を活用して天地に感応する様に成ったのも、全く幼時より修練の結果で、又神明の御加護と祖母の熱烈なる教育の賜である。

○小学校時代
 穴太寺の念仏堂を造作して四間に仕切り、之を小学校に宛てたのが偕行小学校と日うのであった。王仁は十歳に成った年の四月に初めて入学したのである、校長は亀山の旧藩士で出口直道(でぐちなおみち)と云い月給五円を給されて居た。次に吉田有年(よしだゆうねん)と云う同じ亀山の藩士で月給三円の教師であつた。月給は安くても其の時分は物価が今日と異って非常に安い。一石の米価が三円七、八十銭位で、石油一斗が二十銭以下であるから、却って、今日の五十円の月給取りよりも生活は安楽であった。王仁も十三歳から、二円の月給で同校の助教師として足掛け三年間奉職、下級の生徒に対して教鞭を振るった事がある。
 それはさておき、不思議なのは、私には「直」と云う字の附いた名前の人に関係の多い事である。小学校の先生が出口直道氏であり、塾の先生が上田正直氏であり、獣医学の先生が井上直吉氏であり、少年時代の指導者が斎藤直次郎氏であり、王仁の父子を隠れて助けて呉れたのは斎藤庄兵衛氏の室なる直子婦人であり、書生奉公に行った斎藤源治氏の内室で非常に大切に教導して呉れたのは全く直子婦人であり、最後に大本教祖・出口直子刀自の養子と成り、相倶に神業に奉仕する身と成ったのである。実に言霊と身魂の因縁関係位不思議なものはないと思う。

 或時、教師の吉田有年と云う先生が『小学修身書』を生徒に読み教える時、大岡越前守忠相と云う字句に至って「タダアイ」と読んだ。王仁は余り可笑しくて聞くに忍びず、直ちに椅子を立って「吉田先生、爰はタダアイじゃ在りません、タダスケです。」と注意した。無学にして且つ頑固なる吉田先生は王仁の言を忽ち打ち消して、満場の生徒に向かい「喜三郎は、彼は馬鹿だから彼様な事を言うのである。聞いては成らぬ。」と云った。何にも知らぬ生徒等は、吉田先生の説に服して「タダアイ」と大声に読む。王仁は、ああ斯様な間違った事を教える先生に就いて教えられる生徒は不幸だ、堂しても先生に取り消しを為て貰わねば成らぬと、一歩も譲らず「タダスケ」を主張したのである。
 吉田先生は大変に立腹の様子で、真赤な顔をして、「貴様は生徒の分際として教師に反抗するとは不都合な奴だ。懲戒する。一寸来い。」と謂って王仁の細い手首を抜けん斗りに曳っ張って行こうとする。王仁は一生懸命になって出口先生を呼んだ。隣室に教鞭を執って居った直道先生は驚いて走り来られた。王仁は、吉田先生の読み方に就いてその正否の問答を為し居たるに、乱暴にも手首が抜ける程引き立てられ苦痛に堪えぬので、思わず出口先生の名を呼んだ事を詳細に答弁した。逐一事情を聞いた上、出口先生は吉田有年先生に向かい、「爰は生徒の読んだタダスケが本当だ。君もも少し査べて置き玉え。」と、校長から生徒の眼の前で警告された。王仁の小さき心は治まったが、唯治まらぬのは古田先生の胸の中である。其の以後は吉田先生の態度は一変し、王仁に対する憎悪心は日を逐うて峻烈を極め、一字でも一句でも読み誤ろう者なら、忽ち打擲するのみか、麻縄の太いので後ろ手に縛り上げ、大きな珠算の上に一時間余りも座らすと云う如な虐待をされたのである。実に其の頃の教育者と日うものは乱暴極まるものであつた。
 或暖かい春の日に、吉田先生は全級の生徒を校庭に集めて、体操を教えて居った。王仁も其の中に加わつて稽古を受けた。偶々隣村の雪駄直しが、学校の前を「直し直し」と呼びつつ通過した。吉田教員は忽ち之を指さして、生徒に向かつて、「お前等能く見よ。今、学者生徒の喜三郎さまの御父上が御通りだ」と大声揚げて、王仁が父の家は貧窮下賤なりとの意を諷刺した。無心無邪気な生徒は吉田と共に手を拍って笑うのであった。王仁は悔しさ残念さを堪えて黙して居た。吉田先生は猶虫が治まらぬと見え、学校の雪隠を指さし示して、「ああ其処に見よ、喜三郎さまの立派なお家が建ってある。」と、我が家の倭小にして不潔なる事を諷刺し、又手を拍って笑う。生徒も亦一所に成って器械的に笑うのであつた。其れからと日うものは生徒も吉田先生の真似をし、面白半分に、乞食や非人なぞに途中で逢う時は忽ち之を指さして、「喜三郎さまのお父さんが通る。お母さんが何所かへ御出でに成る。」と、大きな生徒までが面白がって侮辱し、倒けかけた雪隠があると、「喜三郎さまの立派な御宅だ。」と嘲り笑うのであった。
 王仁は小供乍らも憤怒の極に達し、発言者たる吉田先生の下校を途中に待ち受け、青杉垣の中から吉田先生目掛けて、竹の尖に糞を附けたまま腰の辺を突き差し、其の儘自分の宅へ迯げ帰った。吉田先生は非常に立腹して王仁に退校を命じた。王仁も承知が出来ず、直ちに出口校長に向かって始終の次第を申告した。校長は直ちに学務委員の斎藤弥兵衛氏と協議の上、吉田有年を免職し、王仁には一旦退校を命じて其の場を無事に済ませ、数日の後王仁を吉田の代用教師として月給二円を給される事と成りたのである。この斎藤弥兵衛と日う人は余程異った人で、時々斯う云う皮肉な所置を採る人であつた。今日は学校教育の方針も改良され、夢にも斯くの如き乱暴な教育家は居らぬが、王仁の幼時の教育者の態度は、実に無茶な事をしたものである。
 王仁は斯く無情なる人々と交わり、世情の冷酷なる惨状と仁愛なる人の温情とを表裏より味わう事が出来たのも、全く今日に成って考えて見れば、神様の御仁慈を以て王仁の心魂を幼時より鍛煉させ玉うたのであると、熟々感謝する次第で在る。又吉田先生の王仁に対する虐待的行為も、王仁の為には大恩師で在った事を感謝せずには居られないのである。
(故郷乃弐拾八年、「神霊界」大正十年二月号)



テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる