スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

服部静夫『出口直子伝』(明誠館、大正九年)

 出口なお(直)開祖の末娘で出口王仁三郎聖師の妻、出口澄子教主は、こう述べています。

直開祖01

「そうや、わしが時あるごとに、むかしがたりをするのも、この大本ができあがった初発の御苦労をみなによく腹に入れてもらいたいからや。ここが天地の根本やからな。大本にあったことが、新しい神代の始まりやでな。それで綾部の龍宮館を世の大本と言うのやで、これはよう心の目を開いてみてもらわんならん。」(出口澄「花明山夜話 六」

 しかし、多弁で多作で雄筆家の王仁三郎聖師に対し、無口無筆の出口直開祖の伝記は少なく、彼女の姿を追うには王仁三郎、澄子、直日といった家族の追憶に頼るしかありません。このたび自分は近代デジタルライブラリーより第一次大本事件直前の大正時代に発刊された服部静夫著『出口直開祖伝』を公開することにしました。「霊界物語」や戦後発表された大本著作や伝記と異なるエピソードも含まれており、非常に興味深い内容となっております。なお、ネット公開にあたり一部旧漢字と仮名遣いを現代漢字・口語に変更、句読点を追加しました。オリジナルを参照されたい方は、上記リンクを参照してくださるよう、お願い申し上げます。


○自序
 クリストの母、サンタ・マリヤは云はずもがな、かの奥村五百子は、男装して戦塵の巷に『國のため心築紫の浦々を、出で行く先のあとは不知火』と、盡忠報国に身を捧げて将卒を慰めたり。東西古今を通じて、史上に女性の力の芳烈なる、いとど著しきものあり。
 されど、そはすべて、謙虚温柔なる美徳もて、盤根錯節を凌ぎし、純一無雑の心のみ。
 ここに、丹波の国に一女性あり、刻苦励精、ありとある苦難を一身に受けて、しかも、なほ狂はず、悲しまず憤らずして、ついに数千年埋没せる古神道の復活を謀り範を永世に垂れんとす、この女性、又も得難き無学の一婦人に過ぎざりき。
 しばらく、『大本教』と云ふを歇(やす)めよ。
 『大本教』を彼女より除き去りて、虚心坦懐、その数奇なる数十年の生涯を静観せよ。しからば、世人忽ち眼底火の如く熱し、光華燦然として心を照らし、朗なる秋晨、瑠璃紺の空高く、日輪の無邊際に輝くが如き、大歓喜大安心を得べし。
 まことに、これ近世の最も著しき奇蹟なり、人類の喜びなり、誇らずして何ぞ。
 『故に日本の最も驚嘆すべき産物は婦人である、勿論彼女等を作るには、幾千年も掛って居るが、此の長い時代が其の仕事を完成させたのであった。實に日本の婦人は、日本人と同じ種族に属して居ない位に立派である、恐らく斯る形の婦人は、今後十萬年位は、此の世に出現しない事であらう』と叫びし、ラフカディオ・ハーンをして、彼女にまみえしめしならば、何と云ふべき。
 この一巻は唯に黄泉の客、ラフカディオ・ハーンのみをして、狂喜せしむべきにはあらざるべしとなん。



テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。