王仁三郎歌-天之御中主大神/みろく神

○天之御中主神
「聖きうとき国の御祖(みおや) 大国常立大神(おおくにとこたちのおおかみ)は 三千世界の大宇宙 完全(うまら)に具足(つぼら)に造りまし 天之御中主大神(あめのみなぬしおおかみ)と現(あらわ)り 大元霊(もとつみたま)の真神として 聖き御姿見えねども 天地万有に普遍して 総てのものを守り玉う 高天原の霊国に 月の大神と現れ玉い また天国に至りては 日の大神と現れて 顕幽界の三界を 守りたまふぞ畏(かしこ)けれ 仰ぎうやまえ伊都御魂 この世の大本大御神」

みろく神は天之御中主神 天祖国祖を指し奉るなり
御中主神の霊徳完備せるを天照皇大神と白せり
造化神は天帝 天之御中主 幽の幽なる神の奉称
天照大神または須左之男(すさのお)の 神々たちは幽の顕神
大国主または歴代天皇(すめらぎ)を幽なる神と奉称(とのう)る
現世を知食し坐す天皇を顕の顕なる現人神とまおすも
天国の理想世界を地の上にうつしたる時 皇祖生れましぬ

隠身而(すみきりて)形も見えず声もなき まことの神は御中主なり
始めなく終りも知らぬ大宇宙 造り給ひし御中主の神
御中主またの御名はかしこくも 国常立の大御神なる

○弥勒神
弥勒神(みろくしん) やがて地上に出現し 常夜(とこよ)の闇を晴らさせ給はむ
みろく神は天之御中主神 天祖国祖を指し奉るなり
鳥獣(とりけもの)虫けらまでも元津神の 御霊そはると思へば尊し
素戔嗚(すさのお)の神は至愛に坐しませば 弥勒の神と奉称するなり
みろく神やがて間近く世に出でて 光明世界に救ひ給はむ
大神の御心世界に開き行く 羊を「みろく菩薩」といふなり

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる