スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王仁三郎の和歌をまとめるにあたって

 神聖の荘厳界(そうごんかい)は人間の賢(さかし)き口にも語らむ術(すべ)なし
 天地は複雑にして完備せり 何れも造化(ぞうか)の経綸(しくみ)なりけり
 月の座の教義は沢山ありと雖(いえど)も いちいち列記(れっき)の歌をはぶくも
 五百種の歌を作りて月の座の 教の大要(たいよう)示しおくなり

 新宗教「大本」の教祖・出口王仁三郎聖師は生涯で3-5万種、本人の自称では10万種の短歌を詠いました。その中から大本教と日本神道の教義に関わる歌を、本当に一部のみ、抜粋します。基本的に『霊界物語余白歌集』『第二次大本弾圧事件回顧歌 朝嵐』からまとめました。


h24sep04a朝嵐余白歌


○出口栄二(解説)『出口王仁三郎全集3』より
 王仁三郎は「わが道をひらけ」の中で人生の一端をのべているが、日本人の人生観と水の関係は深く、どうかすると諦めと放浪の人生にとらわれがちである。やくざ仲間でいさかいがあり、仲直りするときは「水に流す」とか、また人生を水の流れにたとえて「水の流れるままにまかすよりほかない」という考え方がある。王仁三郎は歌謡はたいていどんなものでも好きだったが、ただ一つの例外があった。その歌を口ずさむと急に機嫌が悪くなってやめさせたというほどである。それは大正十二年(1923年)の関東大震災の社会不安のとき流行した、「おれは川原の枯れすすき」の「船頭小唄」である。

 死ぬも生きるもねえお前
  水の流れになに変わろ
   おれもお前も利根川の
    船の船頭で暮らそうよ

 と人生を諦め、水の流れにまかすような頽廃的人生観には耐えられなかったのであろう。


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。