出口澄子著作目録

出口なお開祖五女、出口王仁三郎聖師の妻として国常立尊様と豊雲野尊様の三千世界の立替・立直しの経綸に尽力した出口すみ子(すみ/澄/澄子)大本二代教主、愛善苑二代苑主。彼女の使命は早い時期から神様により宣言されていました。

大本神諭「明治32年旧6月10日」
 直(なお)の御世継ぎは末子のお澄殿であるぞよ。因縁ありて上田喜三郎[注:出口王仁三郎聖師の本名]、大望な御用を致さすぞよ。さる代りに御大将に致さすぞよ。この御ン方を直の力に致すぞよ。この御方ありたならば、直は大丈夫であるぞよ。この事は艮の金神が経綸いたしてある事じやぞよ。この誠の御用を聞くのは、真心の気の綺麗な御取次でないと、誠の事はいたさせんぞよ。上田殿にはエライ苦労は致させんぞよ。八人は産みの御児なり、総生みの児より結構じやぞよ。

厳霊・国常立尊様がかかられた出口直開祖。瑞霊・豊雲野尊様&素戔嗚尊様の分霊たる出口王仁三郎聖師。三千世界の大気違/大化け物とされる御二人に比べると、出口澄の存在は無視されがちです。しかし彼女がいなければ王仁三郎聖師が大本に落ち着けるはずもありませんでした。厳霊と瑞霊の接着剤の役割を果たした澄子教主の著作からは、王仁三郎聖師の著作(霊界物語を含む)や回想とは違った直開祖と王仁三郎聖師の姿が見えてくるのであります。

☆出口すみ子『花明山夜話』
「(二)」 、 「(三)」 、 「(四)」 、 「(五)」 、 「(六)」 、 「(八)」 、 「(十)」 、 「(十一)」 、 「(十二)」 、 「(十三)」 、 「(十四)」 、 「(十五)」 、 「(十七)」

☆出口すみ子訓話・教示集
「心にともした灯」(昭和22年12月8日、新生記念祭)
「要のご用を -新苑主就任に際して」(昭和23年2月4日節分祭)
「世の中に鑑を出そう」(昭和23年5月)
「開祖 沓島ごもりのこと」(昭和23年8月15日、瑞生大祭)
「世界和合の機を織る」(昭和23年9月)
「見当のとれなかった方」(昭和23年10月3日、開祖大祭)
「一切はお土から」(昭和23年12月8日、新生記念祭)
「弥仙山参拝の折のお話(要旨)」(昭和25年6月13日、旧4月28日)
「心をそろえて一つの世界を」(昭和25年7月1日)
「女だから出来たご用」(昭和25年8月25日、愛善婦人連合会委員総会)
「大苦難の乗りきれ-みろく殿の建設を」(昭和25年8月25日、瑞生大祭)
「“しっかりせよ!” ―世界の檜舞台は皆の心一つ」(昭和25年10月9日、於・天恩郷西光館)
「無  題」(昭和25年10月15日)
「立直しの初期時代 ―七福神の楽遊びのこと―」(昭和25年11月11日、大本大祭)
「三位一体の御用」(昭和26年1月19日、聖師三年祭)
「真のご用は梅花運動」(昭和26年8月14日、瑞生大祭)
「聖師さんとわたし」(昭和26年8月)
「開祖さまをかがみとして」(昭和26年11月)
「開祖ご昇天当時の思い出」(昭和26年11月)
「人間のすることではない」(昭和27年1月)
「浮沈の六十年」(昭和27年2月)
「節分と甘酒の由来」(昭和27年2月)
「尽きぬ思い出 ―開祖さまのことども―」(昭和27年4月)


大本神諭「明治31年11月30日」
昔の世は裃で、何に彼の事が儀式が立ちて、規律が良く付いて居りたなれど、外国の教が善いと申して、現代の大将までも洋服を着て、沓を履く如うな時節に成りてしまふて、裃は全然破れて、間に合はん事に成りて居りたなれど、矢張り日本は上下が揃はんと、口舌が絶えんから、昨年から大本には、破れた裃を解いて、全部緯糸に織りて、世のツクネ直しの証をして見せたぞよ。その機(はた)は澄子が正真の機を織る、芽を出す折の筆先で在るが、綾部の大本に在りた事は皆世界に在るぞよ。何も大本にして見せるぞよ。

大本神諭「明治36年旧6月4日」
 今度の御用は、各自(めいめい)同じ御用はさしてないぞよ。昔からの霊魂の因縁だけのことをさすぞよ。出口直には、筆先で知らさすなり。澄[純]子には、筆先の代りに口で言はさすなり。上田喜三郎は、出口王仁三郎と名を替えさして、神界の経綸の御用に使ふなり。役員は役員で、各自に異(ちが)うた御用を致さすから、同じ御用は一人も無いぞよ。皆霊魂に因縁ありての御用を神が致さすのであるから、素直に聞いて下さらんと、我を出したら縮尻が出来るぞよ。神は何事も前つ前つに気を注けるぞよ。


大本神諭「明治43年旧4月18日」
 変性男子の後の御世継は、明治25年の初発に、出口直の筆先に一度かかした事は違いは致さん。何事も、出口直の後の二代の御用を勤めさすのは、末子のお澄が定めて有るなり。三代の御用いたすのが、出口澄の総領の直霊(なほひ)に渡る経綸に定まりてあるぞよ。此三代の直霊(なおひ)が、世の元の水晶の胤であるぞよ。綾部の大本の御用継は、末代肉体が婦女(おんな)であるぞよ。
 婦女の肉体は末代神の御用を致さすなり。男子の肉体は、末代変性女子の身魂を選り抜いて世を治めさすなり。この経綸は何時になりても変える事は出来んのであるぞよ。出口直の八人の御子は、名のある人に致すのであるが、今では皆化かしてあるぞよ。艮の金神が天晴れ天地へ現はれて、出口直の後見(うしろみ)を致して、十分に神徳を渡して、世界の神柱と致すぞよ。末子(ばっし)の澄どのも、二代の御用が巡りて来て、禁闕要(きんかつかね)の大神と成りたら、今の如うな行状はさせんぞよ。海潮も、九分九厘いかんと坤の奥役には成らんぞよ。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる