祝詞の作法 (参拝)

☆参拝
『初級巫女さん入門』より 
○「手水の作法」
 神社に入った時は「手水」で手と口を清めていただきます。その時に使うのが「柄杓」です。御祭典の前に行う時には、神主や巫女が水を柄杓で汲みますので、訪れた方はそれで手を洗い、口をゆすぎ、そしてもう一回手を洗っていただきます。しかし、普段の参拝の時には自分で「手水舎(てみずや)」の水を汲んで、手水をしてください。この柄杓も、右手で持つのが基本です。
 水で清めるということには、体を清めるばかりでなく、気持ちを清めるという意味も含まれています。ですから、まず柄杓の水で左手を清め、次に柄杓を左手に持ち替えて右手を清めます。そして清めた左手に注いだ水で口の中を清め、注いだ左手をまた水で清めるのです。
 以上が手水の作法ですが、一人で行う時には柄杓の持方などはあまり気にせず、左手、右手、口、左手の順番で清めていただければ大丈夫です。また、気持ちの問題として、次の人のために柄杓を水で清めておくといいでしょう。

○「社殿に出入りする時の作法」
 まず社殿に入った時に、小揖をします。そして草履(履物)を脱いで畳に上ります。定位置についたら、左手の親指を右手で持つようにしながら、左手の指を右手の前に重ねます。これを「叉手(さしゅ)」といいます。そして背筋を伸ばし、足の爪と踵をそろえてまっすぐ立ちます。これが立った時の基本姿勢です。ここでもう一度小揖します。
 その後、着座し、正座をします。正座をした時にはもう両手を離して、腿の位置に置いていただいてかまいません。そして、深揖、二礼二拍手一礼に移ります。


出口王仁三郎聖師による心得
○「玉串」(大正十四年五月十日号 神の国誌)
 お祭の時に玉串を捧呈してゐながら何の意味やら十分知らずに居る人が往々あるやうだが、あれは神様に着物をお供へしてゐる型である。松や榊につけるのは直接に神様にお手渡しするのは御無礼だから、あゝして小枝に結びつけて置くのである。それは丁度貴人に対しては扇子に物を載せて手渡したりするのと同じ意味である。松や榊の小枝に紙片を結び付けてお供へした所で何になるかと思ふ人があるかも知れぬが、すべて霊界は想念の世界であり、現界は型の世界であるから、吾々現界人が心の底から恭しく『お召物をお供へ致します』と云ふ気になって、その型として玉串を捧呈しさへすれば、それが霊界ではチャンと立派な衣服となってゐるのである。これは一例であるが、何事でも吾々が其気になって型をすれば、霊界では真物としてお受取り下さるのである。小さい木の箱をお祀りしても本気で拝みさへすれば、想念の拡大延長によって霊界では立派な宮殿となってゐるのである。

 又いくら大きなお宮を建てた所でお祭りする人の心が間違ってゐたなら、要するに単なる木の片に過ぎないことになつてゐる。入間一切どんな行動でも内分に於て善美でなかったなら、いくら外的に立派であってもゼロである。また外的には粗暴な舉動でも、その内分に於て無邪気であるならば何等咎むべき点はないのである。この事が真に分って来れば社会はも少し穏かな深みのあるものになるにきまってゐる。但相応といふことは勿論あるのだから、内分だけの外分が現はれるのが当然である。


○「神社参拝の心得」 水鏡(昭2/10)
 正式に神社参拝をする時は、必ず神饌料(しんせんりょう)を捧呈(ほうてい)すべきものであるが、ほんの一寸したお宮へ、通りすがりに参拝するにしてもお賽銭を五銭以上お供へすべきものである。プラツトホームの入場料でも五銭取るでは無いか、御神苑内に入れて頂くのだから、それ以上さしあげるのは当然の事である。又お祭りを当て込んで境内で店を開いて居る商品は値切らないで、たとへ少しのものでも買うてやるがよい。さうすると神様がお喜びになる。古来代々の天子様が地方を御巡視遊ばさるる事を”行幸”と申して居るが、それはお出ましになる地方が沢山の頂きものをして喜び勇み、心から幸福を感ずるからの事である。山川も寄りて仕ふる聖天子が行幸遊ばさるる時は、魚も獣も皆その徳を慕ふて寄って来る為め、海には漁猟が多くて漁師が喜び、山には獲物が多くなって猟師が喜ぶのである。その如く神様も、其境内に集まる人達に福を与へておやりなさりたいのであるから、其神意を体して、買物をしてやるのである。かういふ所で使ふ金は決して無駄費ひではない、結構に御神徳を頂くのである。

○「御玉串について」 玉鏡(昭6/6)
 御玉串を差上げるに上書を連名でする事は神様に御無礼に当る。一人一人包んで丁寧にちゃんと名を書いて差上ぐべきもので、神様は非礼をうけ給はぬ。金銭の多少に関はるのではない。ただ自分の赤心(まごころ)を捧ぐればよいのである。”長者の万燈 貧者の一燈”と云ふ諺がある。人各身分相応に其ベストをつくすべきものである。一円づつ出し合して包むなど云ふ事は、その想念が既に正しくない。相談などすれば、いやでも出さねばならぬと云ふ不純な気持が混じて居るから、神様は決してお受けにならない。また実意、丁寧、誠、親切、これが神の教であるから、連名など云ふ事は、丁寧と云ふ事に於て欠けて居る。これ又神様のお気に召さぬのである。本宮山のお宮を建てた時でも、不純な想念の混じて居たお宮は取りこぼたれても、栗原さんが純な気持で一人で建てさして頂いた神饌所と燈篭とだけは残されたではないか。神様は搾取や強奪は決してなさらぬ。総て神様に捧ぐるものは純な気持でなくてはならぬ。

○「玉串」 玉鏡(昭9/1)
 玉串は「神様に衣を献る」の型である。すべて霊界に於ける事象は現界に於て型をせねばならぬので、玉串を捧げて型さへすれば、霊界では想念の延長で、立派な種々の色の絹と変じて、神様の御衣となるのである。松の梢につけて献るのであるが、その松は又想念の延長によりて立派な材木となり、神界の家屋建築に用ひらるるのである。このやうに現界で型をすれば、霊界では幾何でも延長するのであるが、型がなければどうする事も出来ない。だから祖霊様にでも常にお供へ物をすれば、祖霊様は肩身が広い。多くの人に頒って「晴れ」をせらるることは嘗て話した通りである。

「出口王仁三郎氏を囲む座談会」(第四夜 第4回)
高橋「自分で少しだけしかお供えしていないなと思っておっても口に横山の如くと言っておれば霊界ではそうなっておるんでございますね」
聖師「そうだ、心で少ないなと思っておっても霊界では言霊に出しさえすればそうなって来るのだ、何もわざわざ少ないお供えを見て多いなと思うように努力する必要はない」
富田「お玉串を十銭入れて金十円也……」
聖師「二円五十銭あげて金千匹と書いて出す。一匹は二厘五毛だから二円五十銭で千匹になる」
富田「一匹は昔使うたのですか」
聖師「そら使うた。今でも男一匹て云うだろう。それから反物なら二反ある。だから男一匹なら二人前の働きをするものじゃハハハハ。二厘五毛あったら一匹の値打ちがある。今では一文奴(いちもんやっこ)ばかりだ。チョットよいので三文文士、それから五文(顧問)官。昔は天保銭と云って笑ったが、五文々々(五分々々)くらいなものだ」
── 一同笑声 ──

○「比礼」 玉鏡(昭8/8)
 鎮魂に関する十種の神宝の中に、蜂の比礼、大蛇の比礼、品々物の比礼と云ふのがある。比礼と云ふのは、あの水兵帽の後について居るビラビラしたリボンのやうなものであつて、大蛇の比礼は大蛇を払ふもの、蜂の比礼は蜂を払ふもの、品々物の比礼は総てのものを払ふもので要するに御幣(ごへい)みたいなやうなものである。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる