スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出口王仁三郎氏を囲む座談会(第四夜 第4回)

出口王仁三郎氏を囲む座談会(第四夜 第4回) 『昭和青年』昭和7年8月号

富田「迷っては天国にいらっしゃれませんね」
聖師「ウン迷うてまた現界に戻って来たのじゃ」

── 一同笑声 ──

高橋「聖師様、霊界で霊体をもった者が地上にまた再生する時にその霊身はどうなるんでございます、また小さくなれるんでしょうか」
聖師「大小はどうにでもなる、──そしてまた肉体に入るのだから、便利なものじゃ。自分で小さくもなれば大きくもなれる。それで十里とり四方しほうは宮の中』(※1)──こんなチッポケなお宮でも十里四方にでも拡大する。横山の如く置きたらわして──ほんのこれだけほどそなえて霊界では横山の如くなって来る。言霊の幸わう国だから、言霊でそうなって来る。それでこの世の中でもつまらんつまらんと思うて暮らしているとなんぼでもつまらんようになって来る。呪えば呪うような事が出て来る。世の中がそうなって来るのだ。みんなその気になれば不景気もふっとんでしまう」
富田「死んだ田中のおばあチャンが結構けっこう々々と暮らしておればきっと結構な事が来ると云うて朝から晩までどんな事があっても結構々々と云うもんですからみんなで鶏婆さんと云うあだ名をつけていたんです」
速志「なんでや」
富田「結構々々、コケッココオ」
速志「なんじゃいハハハハ」

高橋「自分で少しだけしかお供えしていないなと思っておっても口に横山の如くと言っておれば霊界ではそうなっておるんでございますね」
聖師「そうだ、心で少ないなと思っておっても霊界では言霊に出しさえすればそうなって来るのだ、何もわざわざ少ないお供えを見て多いなと思うように努力する必要はない」
富田「お玉串を十銭入れて金十円也……」
聖師「二円五十銭あげて金千匹と書いて出す。一匹は二厘五毛だから二円五十銭で千匹になる」
富田「一匹は昔使うたのですか」
聖師「そら使うた。今でも男一匹て云うだろう。それから反物なら二反ある。だから男一匹なら二人前の働きをするものじゃハハハハ。二厘五毛あったら一匹の値打ちがある。今では一文いちもんやっこばかりだ。チョットよいので三文文士、それから五文(顧問)官。昔は天保銭と云って笑ったが、五文々々(五分々々)くらいなものだ」

── 一同笑声 ──

聖師「会社なんかでは一文奴が揃って四文(しもん 諮問)機関というものを拵えている。判らん時には四文に尋ねる」

── 一同笑声 ──

西村「身体を解剖して燐とか石炭とかに分けてみると今人間の値は二円五十銭くらいになるそうですが」
聖師「二十貫の身体に固形物が四貫くらいしかない。後の十六貫くらいが水ばかりである。水がきれたら人間の身体はあかんのじゃ。それで病気の時には瑞の御霊の大神をお願いするのだ」
富田「お月様の光を手でくんで頭にかけると長生きすると云いますが、よく子供の時おばあさんにして上げましたっけ」
聖師「それは月の露の事だ。月の露は非常にええものである。雨の露はいかん。月の露を盃に受けておいてそれをのませれば大抵の病人は癒る。それで露の命なのだハハハハ」

── 一同笑声 ──

速志「それでは満月の夜に屋根の上にコップでも置いてそれにたまった露をのましたらいいですな」
高橋「闇夜に露に打たれるのと月夜に露にうたれるのと疲労がウント違うといいます、闇夜の露はとても身体を疲労さすって」
富田「モオバッサンが『水の上』の中で人間が月の光を浴びると一生癒す事の出来ない病になる、というような事を書いていますが」
聖師「ムッソリニーが自分は何も世界にこわいものはないが月が一番こわいと云っている」
速志「そんなに月の露が身体にいいんなら沢山ためておいて病気になった人に呑ましたらいいですな。そうなったらコップくらいじゃあかんな」
比村「沢山とっておいて『昭和青年』の代理部で売り出したら儲かるやろな」
聖師「よう売れると終いに水をまぜるだろう」

── 一同笑声 ──

大崎「聖師様、ムッソリニーの話です。日本でもファシズムが盛んなようですが、あれは盛んになって行くでしょうか」
聖師「そら、こういう時世だからチットずつ盛んになって来るだろうな」
(この間三十分ほどすこぶる有益なお話しあり。しかしいろいろの事情で再録出来ません。諸君は以上のような訳ですから自由を持たぬ記者を怨むなかれ……です。いずれ時期が来れば発表する事が出来るでしょう)
速志「ラブレターはどんながいいでしょう」
聖師「嫁にひまをやる時にも三くだり半だ。それ以上だったらいかん。ラブレターなんかは短い方がいいな」
速志「しかし長いのを貰うと嬉しいですな、僕の貰った中で一番長いのがレター十六枚でしたが」
富田「随分気張って書いたもんですな」
聖師「みな言い切ってしまったらいかん。余韻よいんをもたす所にいい所がある、チョット思わせるくらいでやめとくのもいいな──それからワシの言う事は出鱈目でたらめのようだけれど、みんなどっかに根拠がある。そのつもりでおってくれよ」

大崎「日本でも外国でも満蒙には機会均等とか、門戸開放と言っていますが矢張りそうでなくちゃいかんのでしょうか」
聖師「そらそう宣言せんといかんな──それから人間は愛善に堕落しても困る。智慧証覚も必要だが、そればかり堕落しても困る、中庸ちゅうようを得たのが理想なのだ。そしてかく物事に驚かんというだけの度胸が出来ておったらよい。どんな人でも一度はハット驚くが、なにくそで強くなってくる。ビクッともせんというけれども、そんな事は嘘だ。ワシでもビクッとする。それは人間だから肉体を持っているから誰でも当たり前の事だ。しかしウンと気張ると信念が湧いて出て胴が据わる。そうするとなんでもなくなってくる。こわい事なんかない。びくともしない。本当の信念を造る事が大切だ。どんな事になってもチョットも感じない人間は無神経の人だ。誰でもビクッと一ぺんは来る。それからぐっと気張ればよい。そうすると内流が来るから、よい考えが出て来る。驚かんという事が一番強い。それからいよいよ進展主義になるのだ」
速志「普通の臆病者というのは精神の外部的状態が臆病者になるのですか」
聖師「そらそうじゃ。本当に神の内流があれば驚かん。肉体が愕然がくぜんとするのは外流で、肉体に於いて吃驚びっくりして殺されても精霊界では吃驚せん。火事の時、家を飛び出したのと同じだ。家が焼けておっても飛んで出さえすれば熱い事はない。しかし家の中におって焼かれておったら熱いにきまっている」
速志「俺はお化けを見た事がないがお化けがこわくてしょうがないな」
聖師「ワシが小さい時こわいもんは伯父キとお化けと親父とがこわかった」
富田「僕一度腰が抜けた事があります。足がちかちかして歩けません。よその火事をうちの火事だと間違えたんですが」
聖師「それは本当に腰が抜けたのではない。腰が抜けるのは延髄の骨が取れるのや。木のまくらをして延髄を圧して寝ていて急に起きるとにわかにぐらぐらしてくるだろう。この延髄の所が身体の中心なのだ。鳩の延髄を抜いてみると、どうしてもころげて歩けん。人でも同じ事、延髄をとるとヒョロついてよう真っ直ぐに歩けん、だから仰向けに延髄を圧して寝ていると身体に悪い。一番いいのは右脇の方を下にして『さ』の字型に寝る事だ。左を下にしていると苦しくていかん。妙な夢を見たりする。また、おそわれる事があるもんじゃ」
富田「僕、小さい時に夢で長い間、飛行機に乗って飛び回り、墜落してハット思った時、ベットから掛け布団を握ったままで落ちましたが、まさか長い間、飛ぶところの夢を見ていて墜落の瞬間、ベットから工合よく落ちるのではありますまい。落っこちる瞬間、時間空間を超越しているのでしょうか、霊界ってあんな調子なんでしょうか」
聖師「そうだそうだ」
速志「夢を続けて見る人がありますな」
聖師「そんなのがあるな。ワシは夢でもうおっかけられて切られる、やられるというような時には窮鼠きゅうそかえって猫を噛む勢いでウントりきむ、何糞と。そうすると自分のりきむ力で目をあく。そして夢では彼女に会いたいと思うとチャンと会える。そして情約(条約)締結までに行く事がある。それは起きている時はなんぼその女に恋していても、そんな事をしてはいけないという自制心なんか──正守護神せいしゅごしんの働きがあるから、何もしないでいるが、寝てしまうと副守護神ふくしゅごしんだけの働きが発揮され、正守護神の働きは眠ってしまっている。だからそんな調子で思っている女と会い、条約締結の運びにまで行ったりする」
井上「聖師様、そんな場合、その女も男を思っているんでしょうか、そして何らの障壁もない夢の中で二人の意思が何らの制縛を受けないで自由に今のような結果にまでお互いの気持ちを進展さす事が出来るのでございますか」
聖師「そんな事はない。その女が男を思っていようといまいと男だけが勝手にそういう調子で夢の中でやってしまうのじゃ。金が欲しいと思っていると幾らでも金がころがっている夢を見る。欲望だけが自由に何の制縛もなく夢の中では、のびて行く事が出来るのだ。人間にいしの『意』の字にくっつけると『億』となる。それくらい人間の意志は億兆無数に分離しているものじゃ」

大崎「十二月の玉鏡にシャリとありましたが、あれは何でございますか」
聖師「シャリ舎利はシャリじゃ。今ワシのアゴの所に出来ている。キラキラして固い綺麗なものじゃ。今までに二ツ出た。アゴの所のも段々に大きくなって出て来るのだ。三十二釈迦にはシャリがあったという事だ」
速志「それなら聖師様は三十三出なければならない訳でございますね」
聖師「もう二ツ出ている。生きているうちに出るのは滅多にない。ワシのは口から一ツと眼の下から一ツ出た。たいてい喉から出るもんだが」
井上「普通の人間からでも出るものでございますか、そして矢張り沢山出ればいいという訳でございますね」
聖師「一ツくらいは出るな。が、沢山出るほどええ。ワシのは一ツ神島さんの恰好をしておった。それが出る時は痛かった。ぷくっと腫れて四十日くらいは痛かった」
速志「切って出すんでございますか」
聖師「ひとりでに出る。出る時はポロット出るが、それまでが痛い。この”あぎと”の辺に玉が出来ると大きな事が出来るというな」
富田「速志さんもうソロソロ失礼いたしましょうか、玉でまるく終わらして頂いては……」
速志「そうやね、モウ大分永い事お邪魔したんだから」
一同「聖師様どうも色々結構なお話を有り難うございました」
聖師「じゃこの蜜柑みんなで食ってくれ、もう大分、霊が入っとるらしい」

── 一同笑声 ──

永らく読者の待望を得た本記事もいよいよ本号限りで終わりとなりました。熱烈なる御後援の下に超大なる讃辞のうちに終わらして頂いてうれしく思っております、また日を改めて続けて行く決心でおります。(編者)


(※1)
明治25年旧正月…日
 氏神様の庭の白藤、梅と桜は、出口でぐちなおの御礼の庭木に、植さしたので在るぞよ。白藤が栄えば、綾部宣くなりて末で都と致すぞよ。福知山、舞鶴は外囲ひ。十里四方は宮の内。綾部はまん中になりて、金輪王(こんりんわう)で世を治めるぞよ。綾部は結構な処、昔から神が隠して置いた、世の立替の、真誠まことの仕組の地場であるぞよ。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。