スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出口王仁三郎氏を囲む座談会(第四夜 第2回)

出口王仁三郎氏を囲む座談会(第四夜 第2回) 『昭和青年』昭和7年6月号

聖師「それはないね、天国では男女一体だから、夫婦は一人と見なしているから、その時に地上で感じた夫婦には本当によい子が出来るのや。しかしまたきつねたぬきなぞの霊が入って来る事もある。そんな子供はせっかく人間に生まれて来ても一生阿保みたいなものや。下僕に生まれるとか、奉公人に生まれるとか。しかしそれが今度目に生まれて来るとよい人になる事もある。
 人間というものは写真を三十六ペンうつしかえると、すっくり元の正体が出て来る。犬やったら犬、猫やったら猫の顔がすっくりわかって来るのや」
富田「なんだか恐ろしくって、してみようなんて思わないですね、ウッカリやってミミズなんかにでもなったら大変ですから」(笑声)
聖師「西洋人なんかその手で三十六回やるとすっくり狒々ひひになる、女はおおかみになる、大抵。そして狸になったり、狐になったり皆する」
速志「こわい、そんな事はやらんこっちゃな、白痴はくちなんか生まれますのは矢張り狐とか狸とかそういう動物霊を感じて生まれた子供なんでしょうか」
聖師「そんなのが白痴になりやすいのやな、天人から来た霊子みこならチョットくらいの事では白痴にならんのや」
高橋「白痴が死んで霊界に行ったら矢張り白痴でしょうか」
聖師「白痴やな、しょうがないがな、霊魂の方の白痴になってしもうたのはどうしてもしょうがない。頭なんか打って馬鹿になったのは、ある一定の時間を経たなら段々改良されて来るけれども」
大崎「天人の交接したのを地上で感ずるものは天人の血族のものが感ずるのでございましょうか」
聖師「それはその方が近い、近いけれども系統の近い者が感じるのや、しかしそんなのは少ないで、あまりやっとないで」
大崎「どこか知らんで誰か感じている訳でございますね」
聖師「生まれ変わって来るのも多い。なおしというやつが沢山ある(※1)。霊界では死んだら生まれたのや、現界に生まれて来るのは死ぬようなものじゃ。そして人は生まれる時が一番苦しいんやで。生、老、病、死の四苦というが、そのうちで生の苦しみが一番大きいのであり、小さい身体で力がない、それが膣の中に入っている、そして頭の形が変わるほど苦しい目をして出る。自分が出るやないが子宮が緊縮する、しぼって来るからおりるようになって陰門に向けて出て来るんやさかい、その時の苦しさは何よりも苦しいものである、何ともかとも云えん。それで『ワッ』と泣くのやがな」

富田「生まれる前から神様のいい御用をする人と、邪魔をする人とが運命づけられているのでしょうか」
聖師「そんな事はない。悪い事しようという者は一人もない。先天的に悪い者はない」
富田「物語の中に御神業を邪魔しなければならない役がございますが、それはその人にそんな役が宿命的に決まっているのではございませんでしょうか」
聖師「役は決まっているのじゃないけれども、その人の精神がそう信じ切っているのや、自分のやってる事は悪いなんて思うてはいない、善いと信じているのや。宗教かって、どの宗教も自分の方が一番いいと思うている」
富田「聖師様、今まで出ております物語の中には絶えず善と悪との戦い、みんなゴタゴタしたところばかりでありますが、これから出ますところに少し天国とか、仲善くみんなと、遊ぶところが出て来ますでしょうか」

聖師「そんなところは云わんかってきまっとるやないか、それよりも紆余うよう曲折きょくせつのあるところをなるべく云わなんだら判らんやろ、仲善なかよう遊ぶ事くらい誰でもわかってるがな。それでそんなところは説明していない。そして、残虐なところもとばしてあるやろ、そんな場面は表していない、加減して。そんな事は思うておっても地獄じごくに魂が引き入れられるもん。地獄の事をいっても地獄に魂が引き入れられる。口に出してしゃべっても魂が地獄に引き入れられる。それが苦しいからチョットだけ思わせてぐやめにしてあるのや。また実際は地獄の事なんか書いてやる必要がないのや、めいめいが地獄に行かんつもりであったならば。人間は天国に登るべく精霊は素質をもって生まれて来ているから──大地に種をいてもみな空に向いてはえるのばかりや、地べたに向いてのびて行くのはない。人間の精霊もみなそうである。それから地獄に行く者はみずからよい所やと思うて地獄に堕ちて行くのや、地獄がこわいと思うて行くのやないのや、こんなもんやと思うている。優勝劣敗やから現界は地獄の型やな。修羅しゅら畜生ちくしょうの世の中になっている。なんぼえらい地獄に行ってもワシは現界よりそう難しい地獄には行かんと思うている」

富田「そうすると現界で死んで中有界(ちゅううかい)に行くと大喜びでございますね」
聖師「そうや、大祥殿のような──教会はみな天国に行くか地獄に行くかと迷うところやさかい、五六七みろく殿でんも大祥殿も八衢やちまたやでよ」
富田「直会なおらいがあってお神酒も出るんですから、いいですね」
(一同笑声)
聖師「天国に登る人はあすこへ来る必要はない。そんな人はあんな話は聴く必要がない。聴かんでもわかっている。教会が八衢だから現界は地獄にきまっておる。その八衢の教会が白壁の”せっちんトイレ”みたいになってしもうているから困るのやな。外から見ると綺麗なようだが中は糞だらけで鼻持ちがならぬ」

大崎「外国人が大本に入信しましたとき、礼拝はどうなりますでしょうか」
聖師「外国は、外国通りにやらしたらよい」
大崎「そうすると神床なんか作って神様を奉斎した時にはどうなるんでございますか」
聖師「奉斎ほうさいしたり、習慣によってしなかったりするけれども、別に奉斎せんでも、なんか形のあるものでも拵えて目標にしておればよい。日本人は神に仕うるべき人間として出来ている。そして外国人は祈る為に出来ている。日本は顕斎けんさいの国である。つまり形の上で祭るという事になっている。外国の方はただ天の神を信じたらよい。祈ったらよい。祭式なんかするのは、──日本は世界の親国おやぐにやろうが(※2)、つまり村中の人は祈っておっても神主だけが氏神様のお守りをして祭っているようなものや。日本人が神様を大切にしてお祭りをすれば外国まで助かるのや、世界中の人が助かるのや、それが日本人の使命やがな。……外国人は写真ばかり祭っている」
富田「お札よりも聖師様の彫像なんかの方を喜んで祭るでしょうね」

大崎「聖師様、去年の秋、チェッコスロヴァキヤのツイペラという女の人が宣伝使になりました。そして御手代みてしろを頂きましたので、よく詳しく説明をつけて送ってあげましたが、その後手紙が参りまして、自分のお母さんに御手代の御取次をしたそうでございますけれども、御蔭を頂かないと言っていました。そして自分のやり方が悪かったんじゃないだろうかって図まで書いてよこしたんですが……」
聖師「しばらくのせておいたらいいのやがな、手でなでて手をのせているとよくぬくもるのと同じ事やがな」
大崎「もったいないから離してやるようにと言ってやったんですが」
聖師「患部にのせたらええんやが、紙か何かにまいておいてピッタリと病気の箇所にあてておいたらよい」
大崎「お母さんの方が体内に熱いものが流れるのを感じておられます」
聖師「熱いのは神の光を与えられている。お父さんは頑固なんや、モウしばらくやっておったら出来るのや。なんやな、御手代の御取次も度かさねて行かんとあかんな、一遍くらいじゃあかんでよ」
大崎「上等な機械のように思うているらしいです」
聖師「ラヂオレーヤくらいに思うとるのやろう、──外国人は日本人よりは頭があらいでよ、中には傑出したのもあるけれども。本当は日本人の考えるような仁義じんぎ道徳は外国人には判らないのや」
富田「僕も神学校の校長さんと喧嘩した時に、最後にこう言ってやりました。──貴方なんか日本人の魂をいじろうとなさる事が間違っている、独逸ドイツ人なんかは時計か、蓄音機をいじっておったならばいいのですと」
速志「ロボットでもいじらしておけばいいな」
大崎「そんな事を感じますと早く宣伝使が外国に行って実地にやらんと駄目でございますね。一体いつ頃外国に行くようになりますでしょうか」
聖師「やってよい者が出来ているか」
── 一同「ウエー」 ──
聖師「いつ頃そんな者が出来て来るかなとこっちは待っているだけやで……」

来客あり聖師はお立ちになる(約十分くらい)

聖師「唇をやけどして痛うてかなわん。眼に薬を入れて、煙草をつけさして、さかさに口へもって来たんや、こんな風にな。ほんで唇をやけどしてヒリヒリして困る、そいつが今皮がむけたんや、オイ、メンソレタムをくれんか」
西村保男氏メンソレタムを取って差し上げる。
速志「痛いですか」
聖師「痛いなんて──やけどしたら痛いの当たり前やがな、これではキッスも出来んわ」
──哄笑の爆音──
聖師「モウ今はキッスする奴もおらんさかい痛うてもかまへんけどハハハ」
── 一同笑声 ──
高橋「支那に生まれた人が日本人にまた生まれ変わって来た例が大分あるようでありますが」
聖師「それはあるわいや、あるけれども土地や、風土、気候の具合で、矢張り毛色が変わって来る事もある。それは日本人でも永いこと西洋人が育ててみな西洋人になってしまう。食物や風土の関係からしょうがないな。……日本人はつち蜘蛛ぐも人種が多いから、洗濯して頭をおさえたような顔が多い。土ぐも人種というのにはかにみたいな顔の人が多い。コーカス人がこっちに出て来たのと──コーカス人種が分かれて熊襲くまそになって来ている。熊襲人は髪が一ぱいやがな。ここら辺り(出席者をお指しになって)大和民族や。大和民族というのはパレスチナのエルサレムの方──小亜細亜の方から来たんやが鼻下とあごにひげをはやした人間が多い。この民族は智謀に富んでいる、人を統一するのはそういう人種である。
 顔中に髯をはやしているのは手先に使われてやる人である。力は強いけれども、大きな事を統御する力がないのや。しかし今はみんな大抵は、混血児になってしもうている。熊襲人種というのは髯が一ぱいはえている加藤確治や、死んだ○○はんみたいなもんや」

(※1)
○「出産率と救ひ」 玉鏡(昭8/8)
 近年世界人口の激増する所以のものは、今や世は二度目の天の岩戸開きに直面せむとして、中有界以下の諸霊は、神の限りなき大慈大悲によって現界へ再修業の為め出されて来るからである。かるが故に、今此時に当って生を現代に享けたるものは、神恩の広大無辺なるを感謝し、ひたすらに身魂みがきに没頭精進して、御救ひの手に縋りて天国に入らむことを希はねばならぬのである。

(※2)
「大正5年旧11月8日」
 日本は神の初発に修理(こしら)へた国、元の親国(おやぐに)であるから、世界中を守護する役目であるぞよ。世界の難儀[義]を助けてやらねば、神国の役目が済まんから、日本の国の人民を一番先き神心に捻じ直して、外国人まで一人も残らず、神心に復えてやらねば、日本の神と人民の役が済まんので、天の大神様へ、日々、艮の金神が御詫びを致して、世の立替を延して貰うて、其間に一人でも多く日本魂に致したさに、神は昼夜の気苦労をいたして居るから、日本神国の人民なら、チトは神の心も推量致して、身魂を磨いて世界の御用に立ちて下されよ。モウ世が迫りて来て、絶体〔対〕絶命であるから、何うする間も無いぞよ。神は急けるぞよ。日本の人民が早く改心をいたして下さらんと、世界中の難渋が激しくなりて、何もかも総損害(そうそこない)となるぞよ。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。