出口王仁三郎聖師と出口壽賀麿師を囲む座談会/第4回

☆出口王仁三郎聖師と出口壽賀麿師を囲む座談会 第4回 『昭和青年』昭和6年11月号

林 「一寸、天下を相手の喧嘩は俺達には出来かねるね」
聖師「天下を相手にせよと言うのは天下の曲津まがつに対して喧嘩する事で、政府を相手にするのとは違ふ。天下を善化することで、愛善化して行く事だ、曲津と喧嘩することや」
林 「話は違いますが──英国に女の大臣がありますが日本もしまいにはあの様に所謂いわゆる女権拡張が高潮されるもんでしょうか」
聖師「昔は女が一番偉かった。何でもそういう風に出来ている。はちの巣でも一番大きいのが王さんで、それは”めん”やないか」
林 「そうすると結局男より女の方がえらいんかな」
聖師「そらそうや、体質が違う」
高見「俺達はあかんのう」
聖師「男は女の奴隷や。働いたり土工の役をするのには男が一番よい。それが男の役や。女は家の中にいる……だから家内かないや。男は外で働く、つまり家外かがいや……」
(笑声)
林 「結局女権拡張は一つの真理なんで……」
聖師「女権が拡張されんでも表面上戸主にならんが女の方が実際えらい。その証拠には男から金をとって人にオメコさしているやないか(笑声) それけでも男よりは偉い(嘆声)向こうは金を取ってさして、男は精力を取られた上にまだ金を取られる。だから女権拡張せんかって昔から女の方が権利が上に決まっている。女は今更にそんな謀反むほんは起こさんでもええ。いにしえから女の方が偉いに決まっている。男は看板にされているのんや。かかは関白の位と古くから云ふているやないか」
林 「奥さん奥さんで行かんならんのう。こんな事でも聞いてみろ、それこそ威張りやがって仕方がないぜ、聞かしたら十年目やな」
聖師「しかし事実女の方が偉い。男は女の自由になっている。何云うても女を怒らしたら怖いわい。家の中をどないされるか判らへん」
井上「信仰でも嫁さんが固い信仰を持っている方が男が固い信仰を持っているよりしっかりやって行きますなア」
聖師「そらそうやとも」

高見「男でも○○県に男娼と云う奴がありますが、ああいうのは、どうなんですかなア」
聖師「古からある。若衆とか云うて…。あれは女の風をさして白粉をつけていてそれを男が買いに行くのや。十三、四から十五、六くらいまでで尻に毛が生えたらいかん」
井上「女は買いに行かんのですか」
聖師「女子おなごも行くが男も行く。両刀使いや。それだから十五くらいを過ぎるとあかん。つまりその括約筋が固くなるし毛が生えて来るからいかん。男娼の事を陰間かげまと云う。それは頼朝よりともがカゲマサという若衆を寵愛した事が始まりで、それをカゲマカゲマと呼んだ。それでカゲマと云うのや。それを略して”かま”と云うようになったのや」
寿賀麿「”おかま”を掘ると云いますなア」
聖師「むかしは男色と云ふた」
高見「しかし現在でもあると聞いてビックリしました」
聖師「九州辺では結婚する迄に女に相手になると皆が相手にしなかったもんや。それで男の取り合いが、はげしかった。その為に生命の果たし合いをやったぐらいや。あんな事ばかり書いた本があるよ。『男色物語』とか云うんだったと思ったが……」
林 「何だか汚いなア」
聖師「そんなこと考えたら出来やへん。学生などには随分ずいぶん流行っている。それに兵隊に坊主……何しろ小姓こしょうを置いたらキット嬶の代わりをさしている。その方面では徳川家綱なんて有名やがな」
寿賀麿「女を小姓に化さして無理にやらしたら、食ってみたら甘かったんだろ……ハハハハハ』

林 「エート、今、廃娼問題が盛んに論議されているんだが俺は到底望めない事だと思うんだが……」
聖師「あれをめさしたら強姦などが流行はやって……」
林 「いわゆる神代になってもあるんでしょうか」
聖師「自由結婚やから、自由にウーピーをやるやろう」
井上「すると堕落する様に思われますなア」
聖師「堕落するかも知れんが人間と云う動物はマアそんなもんや」
井上「今の世の中より益々ひどうなるね」
聖師「今は警察がやかましいから表面に見せんけで同じことや。昔をみい。そんな事ばかり仕事にして居ったもんや。古の大宮人でもそんな事ばかりやっておった。歌でも其処から出て来ているのや」
井上「昔とあまり変わっておりませんな」
聖師「今の世の中が非常に乱れて来たと云うが、保元ほうげん平治へいじの時分は人を殺したり等ばかりやっておった。それぐらいならいいが、陛下を島流しにしたり、君臣、父子、夫婦、兄弟の道と云うものはすっかり乱れていて……そんな事を思えば今の世の中は余程良い方や。保元物語でも読むと判るが日本もあれだけすたれた事はない。今は交通が便利だし、新聞に書き立てるから余計目立つのや──。大阪に三百万人住んでおって、二百軒もあるカフェーで一日二十人や三十人悪い事をしてつかまったと云ったって、そのくらいの事はある。大阪市民の九牛の一毛にも足らん事や、それを大きく書き立てるからそんな風に目立つのや」

林 「お筆先に『芸者娼妓は平らげる』(※1)云々と書いてありますが……」
聖師「それはたいらげる。つまり無くなる代わりに自由に許すようになる。好きな者同志にやれば良い。好きな者同志でやるのやから離れんに決まっとる。好きな同志が結婚するのは本当や。嫌いな同志をくっつけたって合わせものは離れてしまう……」
井上「中途で男でも女でも嫌いになって他のが好きになったらどないします」
聖師「中途で嫌いになるような者は本当に好きな同志ではない。未だそれは仇花や。──ワシらの若い時は若い娘は男の三人や五人持っていないのは恥だ、くらいだったがなア」
寿賀麿「綾部あたりでも、あそこの娘は固うなって、なんてよく聞きますね」
聖師「ワシらの若い時は女が余計よけいあるほど手柄やった。親もまた馬鹿や、それを喜んでいたのやから。まるで親が奨励しょうれいしているようなもんや。──ワシがまだ綾部へ行った時分、夜分遅く友達が表に来て『おすみさん〔出口澄子二代教主〕、これからどこそこへ泊まりに行くんや、五人連れで』なんてさそいに来たもんや。四人も五人も一緒に同じ所にさそい合って行ったもんや──速記者の方を向かれながら──コラ、こんなしょうもないこと書くなよ(一同大笑)…………(中略)…………実際今の若いものは可愛そうや」
一同「早く生まれておけば良かったなア」──大笑──
以下次号

(※1)
明治32年旧7月1日
 うしとらの金神が表になると、一番に芸妓娼妓を平らげるぞよ。賭博ばくちも打たさんぞよ。家のじまりをいでもよき様に致して、人民を穏やかに致さして、喧嘩も無き結構な神世に致して、天地の神々様へ御目に掛けて、末代続かす松の世と致すぞよ。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる