スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大地の母 メモ10

△『相生の松』
 大正7年3月、31歳の友清九吾(のちに友清歓真/よしさね)が大本を訪れ鎮魂帰神を受けて天狗霊が発動、対応した浅野和三郎に大本入りを希望する。「私は、常に弱者の味方として奮闘してきた自分の経歴が、何より自慢でした。でも今ここで先生の鎮魂を受けているうち、一人で強がっていた何かが抜けていった感じがして…何だか急に過去の一つ一つに冷や汗をかく思いです。浅野先生、どうぞぼくを大本の立替え立直し軍の一兵卒に加えてください」
 浅野の前に膝を揃える友清は、髪の毛の少し縮れた神経質そうな細面の長身の男、この男がそんな過去を持っていると聞かされても、鎮魂前の肩をそびやかしたふうな態度を見ていなければ、信じられなかったろう。多忙な浅野が、友清の静かな物言いにひきこまれて、最後まで聞いてしまった。この男なら使えると、浅野は惚れ込んだ。大本に必要なのは、どんな権力にも抵抗できる反骨精神なのだ、『神霊界』にも筆の立つ男がぜひ欲しい…。
 浅野は友清を王仁三郎の前に連れて行き、自分でもおかしいほど肩入れのした紹介をした。「そうか、そうか」と王仁三郎は聞くだけ聞いて、あとは当りさわりのない雑談に移っていった。部屋を辞するまで、王仁三郎は友清に特別の言葉をかけなかった。友清の顔に期待はずれの色が浮かぶのも無理はないと、浅野は思った。二人が去ってから、王仁三郎は大儀そうに横になった。
(来る者はこばまず、去る者は追わず、これがわしの方針やからた仕方がないが…。わしは大将志願はいらん、兵隊が欲しいのや。浅野も大将、岸一太も大将、福島久も大将、そして友清もまた大将志願か。おまけにあいつは由井正雪や。やれやれ、どうなるかのう…)


△『七十五日の行』
 大正8年8月25日、王仁三郎の次男・相生(あいおい)が生後5ヶ月で急死。王仁三郎は「75日の床縛り業」のため骸のそばに長くいられず、自室で大泣きしていた。妻・澄子、龍(開祖四女)、福島久子(開祖三女)、星田悦子(福島久の側近)の姉妹達が死者の傍にいたが、久と星田は夜通し傍にいるため、別室に入って仮眠をとることにした。すると久が急に飛び起きる。
「どうしなはった?」と星田が驚いて声をかける。
 肩で息をしながら一点を見つめていた久は、ややあって語り出す。
「今なあ、男が現れてなあ……。頭も姿も芝居で見る定九郎のような三○くらいの男や」
「夢でも見なはったんでしゃろ。いびきをかいてなはったさかい……」
「夢かもしれんが、あまりに鮮やかな……何かを物申したげじゃった。これは是非とも神様にお伺いしてみねばならん」
 久は星田を従えて、金竜殿の神前に進む。すぐ神がかりして、しきりに問答していたが、終わって振り向いた久の顔は、興奮で紅潮していた。
「星田はん、どえらい御神託があった。わしの見た男の姿はなあ、三度生まれ代わった相生殿の姿じゃげな」
「それはどういう意味ですいな」
「さあ、この仕組み、言うてはならず、言わねば分らず……どうしたものかのう」
「どうぞ明かしておくれなはれ」
「他言無用やで。いずれの日か、先生(王仁三郎)が相生殿をつれて隠居なさる。その後、知恵をつける者があり、相生殿は『坊ち、坊ち』とおだてられ、ついに謀叛が起こり、大本の中は派が二つ、教えが二つになりゆく」
「何と情けない」
「はて、そうかなあ。このままでは、天照彦(あまてるひこ)の霊がついた先生は改心できまい。二代の世が続く限り、大本はいつまでも水晶にはなれん。相生殿が再生するのは親の改心のためで、その時こそ義理天上日の出神が表に現れて、汚れたものを押しのけて、まことの大本をおっ立てる。相生殿は三たびこの世へ出たにつき、御霊は神と成りおさまるなり。嘆くでない。めでたいことである。この深い仕組み、人民ではなかなか分ることやないでよ」
「ほんに、奥の奥にはまた奥が……大本の中に派が二つに、教えが二つに……ほんにほんに、ありがたいことですなあ」
「さあ、改めてお礼申そうぞ」
 二人は、涙を流しながら、いつまでも神前にぬかずく。


テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。