『大本神諭』 大正4年旧6月15日

○大正4年旧6月15日(火の巻)

 今度の立替は、末代に一度ほか無いといふやうな大望な事であるから、人民同士[志]の戦(たたかひ)のやうに思うて居ると、大間違に成りて来て、これは偉いことじや、思うて居りた事が薩張り違うて、何(どち)らの国も見当が取れんやうに成りて来るぞよ。「人民がして居るか、今度は神がして居るか」といふ事が、明白(ありやか)と判る世が参りて来て、「これは此世には神がある」と云ふ事が、天地から……。正末(しやうまつ)の天地の生神が世界へ一度に顕はれて、世界中を動かして見せてやらねば、ドちらの国も承知が行かんぞよ。ドちらの国も、戦をせずと泣寝入に成る位に、日本(よ)の人民、善いオモチャに成るなよ。善の先祖と悪の先祖と、神と神と、国と国との大戦であるから、人民はそれがよからうなれど、日本の天地の大神が許さんぞよ。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる