『大本神諭』 大正7年旧正月23日

○大正7年旧正月23日(天の巻)

 うしとらこんじん くにとこたちのみことが、へんじょう男子なんし身魂みたま出口でぐちなをくちりて、明治めいじ廿年からいまひきつづいてらしていたことが、なに一度いちど破裂はれついたす時節じせつちかよりてたから、何時いつまでもよくまよふて、利己主義われよしかたばかいたしてしゅごうじんよ、じんみんよ、ここまでかみけてりてるのを、何時いつからすうにおもふて油断ゆだんいたしてると、おもがけことしゅったいいたして、ビツクリむしるぞよ。ちいさい取違〔 とりちがひ 〕では無い、あまおほきな取違〔 ちがひ 〕で、こしけてあごづれて、ものろくろくはれず、アフンといたして、ばひりてくるしむうなことしゅったいいたすぞよと、毎度まいどまをしてらしてあること實地じっちあらはれてるにちかうなりてたぞよ。いままでの人民は、かみ可減かげん〔 加減 〕なうそまをして、人民を恐喝おどすやうにおもふてまことらんから、いまかみらしてけるのであるぞよ、うそことならこれだけ何時いつまでも執念くどうもうしはんぞよ。實地じっち一度いちど突發なりたら、うにもうにも仕様しようことが、日本にほんくににも實顯でけるから、まんまつだいモウとりかへしの出來できことであるから、これだけにけるのでるぞよ。

 がいこく〔 害國 〕にはことらうとも仕様しよういなれど、日本にほん靈主体從國ひのもとあまりの災過こと出現ありてはらんから、しょっぱつから日本のしゅごうじんじんみんが、みなそろふて日本魂やまとだましひ〔 大和魂 〕にならんと、けっこうしんこくしてもらふて、これほどけっこうをしへくちくまめるうにきかしてもらふても、あまあくしんつよふて利己主義われよしで、チットモかみまをことみみらんとは。まこと天地てんちかみおそれのほどもったいうてめうつきるぞよ。日本の国は世界中にまたけっこうしんこくであれども、いまの人民はめうつきるから、がいこくほうなに日本にほんよりはいともうして、これまでに外国人〔 がいこくじん 〕に精神こころからしたがふてしまふて、今の日本のうへしたていさいきもかへりも出來できよまいがな。ここことかみわかりてるから、むかしからいんねんふかへんぜう男子なんし身魂みたまながらくの苦勞くらうかんなんして、このたいもうがあるゆゑに、かみいちだい御魂みたまいたした苦勞とまをすものは、くちふでではつくされぬうな、エライふてて、そのうへ現世このよちょっとしてもらふたとおもへば、いっそうつらふて御魂みたまであるが、今度こんど出口でぐちなをうままれかはりてて、けっこう神政成就天下統一よのたてなをし御用ごよう奉仕いたすのでるなれど、とほりのこといたしてりてはじょうじゅいたさぬから、なかなかほねれたことであるぞよ。天地てんち先祖せんぞまこと御用ごようは、チット優秀ちがう身魂みたまでないとじょうじゅいたさんぞよ。
 これまでのかたは、日本にほんがいこくふうりてしまふて、れるしゅごうじんみな 體主霊從からみたまであるから、日本魂〔 大和魂やまとだましひ 〕のきっすいただいちりんよりいぞよ。りんみなむかがたであるから、實地じっちかみはじめると、なかなかたいもうであるから、なににつけても骨の折れる事業ことであるぞよ。日本人〔 にっぽんじん 〕の身魂みたま〔 御魂 〕がさっり外国人〔 がいこくじん 〕の身魂みたま〔 御魂 〕にりてるから、これほど世界せかいくるしみがおほりてるのであるぞよ。それでかげから日本の人民にはや精神こころなをせとまをして、これほどじきじきとりつぎながあひだくるしみをせてるぞよ。いまなかは、體主靈從から身魂みたまみなの人民がりてしまふてるから、しりまわしゅごうじんるまいがな。テンとあたりたをりにはうするつもりじや。あとさきかまはずに、ほうだいほうだいやりかた、トンとつまりたをりにはうすること出來できいたさんが、んなかた何時いつまでもつづくとおもふてるのか。盲目めくらにも程度ほどがあるぞよ。これからきになにごとしゅったいいたしても、さわがず、狼狽うろたえずに、りたらああする、ああなりたらうするといふ、確固不抜たしか經綸しぐみわかりてらずに、ほうだいりカンボウでは、トンとつまりたをりには、じんみんみな飢餓かつゑおよことるぞよ。ちくしゃうぐにうにしまいには人民をんならんうなこと出來できやうもれんが、何程なんぼつまりても日本の国はとも〔 共喰 〕いとうなこと出來できんぞよ。もとしんこく靈主體從ひのもとであるから、土壌おつちたいせついたして、ひとくわでもくさやしてらすことらんといふことが、ふでさきしょっぱつかららしてるぞよ。おつちからものであれば、ドンナものいてもしんぼう出來できるから、だいこんめんでも尻尾しっぽでも赤葉あかばでも、つねから粗末そまつにするでいぞよとまをして、毎度まいどけてあるぞよ。平常つねから心得こころえいものは、最後まさかときわかるぞよ。おつちたいせつおもひとは、神が天地てんちから何時いつ見届みとどけてるぞよ。天地の神からまことしんりきいただ〔 戴 〕いてひとは、まさときにもあまこまりはいたさぬぞよ。天地てんちおほかみ真実まことひとつのこころで信心〔 しんじんいた身魂みたまりたら、何程なんぼなんじゅうなかでも、かみつまげてるなれど、うなろうがわれさへしんじんいたして、もらいたいとふやうな未熟みじゅく精神こころではじゅうぶん守護こといから、まんまゐりをいたしたとて、實地じっちてからのかいしん〔 改神 〕ははんなれども、改心〔 かいしん 〕さへ出來できたなら、今日けふにでもぜんほうへてるから、いちにちはや天地てんち神詫おわびもうしてゆるしてもらふよりほか仕様しよういから、ほっこんこころもちなをすより仕様しよういぞよ。

 るいことほうだいいたしていて、モウてもかなはんやうにりてたともうして、天地てんちおほかみわびいたすのはチトおそいなれど、ほかほうほうはモウいぞよ。

 外国〔 がいこく 〕のしゅごうじんが、何時いつまでも、體主靈從あくつづくやうにおもふて、むかふのくにいまやりかたで、日本へせめいち奪畧とりて、世界中をわれものいた仕組しぐみるなれど、今度は何方どちらの国〔 〕もかなはんとこまでくなれど、むかふのくにわるがみもくてきはトコトンまでってふせて、むかふのくにたいしょう遊園地あそびどころいたして、かいじゅうわるがみかしらいたして、モウいちだんうへあがりて、わうわうりて、まつだいこのままつづかしてらうとのおほきな計略たくみいたしてるぞよ。今度こんどたてかへは、まつだい一度いちどよりられんたいもうことであるから、むかふのくに仕組しぐみは、ひととほり靈魂みたまではうせんふか經綸しぐみるから、日本の人民の今のせうらいでは、日本にほんむかしもといきがみ經綸しぐみがしてなかりたら、うもうもしにいちれてしまふぞよ。けれども日本はしんこくであるから、がいこく靈魂みたまでは、出來できわかりもいたさん經綸しぐみがしてあるから、日本にほんもといちりん靈魂みたまには、とうてい叶〔 かな 〕はんぞよ。日本やまと身魂みたまいきがみひとかたましってしゅごうしても、外国〔 害國 〕の身魂みたまおうじょういたさならん經綸しぐみいたしてあるから、ふでさきしょっぱつかかしてあることくりかへしてかかしてらしてくから、たてかへたてなをしの經綸しぐみもチツトもかはりはいたさんぞよ。何時いつになりてもおな仕組しぐみるから途中とちゅうかわるやうなあさ經綸しぐみは日本の国にはしてないぞよ。いちふでさきしたらそのとうりがはじまりてるから、かいしんさへ出來できたらはやるなり、頑固りてりたらつまらんこと出來できるなり。一度きかしたらちがふたこといから、なるべくは改心〔 改神 〕をさしてぜんたてかへらして、日本の国にした身魂みたまは、ドウゾしてなりとも、日本の国にいてりたいとおもふて、ここまでながらくらしてれど、むかふの国〔 〕のせうらいきりるので、まことことくすりにするほどく、他人ひとうなろうともチットもとんじゃくせずに、利己主義われよしあくせうらいであるから、わることならドンナ奸計たくみいたすなり、ひとこまことなら何程なんでも平氣へいきいたあしるから、しをあっぱれたてけて身魂みたまさっあらはして、實地じっち神界かみ仕組しくみせて、しょうたいあらはしてらんことには、何時いつまでかみ威勢いせいわからんぞよ。このけっこうな日本のしんこくを、このうなみぐるしありさまいたして、あくかしらかはいて、すっくりばけあらはしてしまふぞよ。日本にほんくにあまいはびらきをいたして、日本は日本のまことすぢもと天照大御神みろくさま神政なをして、おほもとからのすぢで、まんまつだいまゐりてたから、體主靈從からの身魂みたますゑであるから、加減かげんわうじゃういたすがとくであるぞよ。如何どないわるがみかしらつよふても、このさき天地てんちもとすぢには到底とてもかな〔 敵 〕はんから、この經綸しぐみ邪魔じゃまいたすやうなしゅごうじんは、たてかへ規則きそくどうりにせいばい〔 成敗 〕をいたさならんから、今度こんど神界かみ規則きそくきびしいから、これまでこころもちへるやうに、明治めいじ廿年から晝夜ちゅうやながらしてあるぞよ。
 このさきはいち素直すなをいてかいしんいた身魂みたまいと、これからはいままでのしんかいとはおほかはりがいたすぞよ。それでとりかへしがらんから、これほどきびしくまをして、何時いつまでもけるのでるぞよ。これまで體主霊從利己主義われよしかたさったてかへしまはんとこれからはむかういて歩行あるけんやうにきびしくるぞよ。いままではうへまことたいしょううにりたから、ドンナ無茶むちゃことをしてりてもこわいものしので、くらやみあし身魂みたま威張いばりて、いま世界せかいこのありさまむごことみだれたものであるぞよ。

 斯世このよむかし天照大御神みろくさま神世して、日本の国を靈主體從ひのもとかねば、天地てんちじきじきすぢで、萬世一系天壌無窮どこまでもチットも混血まぜりしのいた經綸しぐみであるから、ここまでるのには普通一般ひととほり身魂みたまではしんぼういたさんぞよ。ここまでに日本の国をあし自由じゆうられて、實地じっちいもどうやうにいたしていて、まつだいこのままりてかうとのわるしぼして、あとさきかまはずいっしょうけんめい氣張きばりるが、到底とてもじょうじゅりんところいたさんどくなものでるぞよ。

 たてかへいたすには、日本の国をからさっぱりあらめて、もとこっぽんすぢで、ぜんひとすぢたてかねば、ちょっとでも微塵みじんほどでもわるがみすぢ混合まぜりたならば、またチットれてくと、そのあくすぢだんだんさかえてもくてきしゅったいするから、わるほうへはだれいから、あくたね今度こんどのこらずたひらげてしまふて、の規則通りに、ぜんとつのみちにしてしまふぞよ。そうしていて外国へぜん模範てほんせて、あくかしらかいしんさしてたすけてらねば、日本にほんかみじんみん天職やくすまんのであるぞよ。モウこれからはあくせうらいみぐるしき身魂みたまは、日本の国はまをすにおよばず、世界せかい御土おつちうへにはいっすんにもかれんことに、まつだい規則きそくるから、チットでもまじりがありたら、してげんじういましめをいたすぞよ。斯世このよ天地てんちおほがみであるから、ほか身魂みたまではちてはかんから、これからさき身魂みたまでもとことにはかんぞよ。
 ここりてことはじめからわかりてるから、ほか身魂みたまにもながらくのあひだけて、くちくまめるやうに、言葉〔 〕とふでさきらしてあるとうりに、世界のこと實現るから、しゅごうじんじんみんおほきな間違まちがひ出來できるぞよ。世界せかいのビツクリばこくとまをして毎度まいどらしてあるが、何彼なにか時節じせつまゐりて世界中のおほ騒動さわぎるぞよ。むかふのくににも日本の身魂みたまにも、だいくるしむことがあるぞよ。日本の国ががいこく身魂みたまおなことになりてるから、天地のビツクリばこけて、一度にましてやらねば、あまわるシブトウて、改心の出來できかけがいたさんぞよ。ここまで色々といたしてけてらしたからには、これ落度おちどはヨモヤろまい。天地のもといきがみむかしからそのままにくたいのある、まつだいかわらぬまことかみ斯世このよをさめてやらんと、また途中とちゅういやうになるから、今度の世界のたてかへこっぽんからえてしまふて、まんまつだいめるのでるから、なにけてもたいもうばかりであるぞよ。天地てんちいはひらける時節じせつりてたから、れるほうしゅごうじんうへの人民にはわからぬことるから、れにもわからんたいもうな、ふにはれず、くにかれんみづ經綸しぐみであるから、途中とちゅうはなたか何程なんぼシャチにりてかんがへても、わかりかけがいたさんのがあたまへであるぞよ。
 此大本ここへんぜう男子なんし女子にょしとにかかふでさきは、何程なんぼ智慧ちゑがくのあるじんみんでも、しんとくかりたらみなさかさまれるから、それでまんしんおほもとまをして何時いつけてありたぞよ。細工さいくりうりうげたとこもらはむと、いまからなにわかりはいたさんぞよ。それで素直すなをかみまをやういたせとまをしてあるぞよ。んな經綸しぐみすっくりいまはなたかわかりたら、途中とちゅうから邪魔〔 じゃ 〕がりて、さんぜんねん經綸しぐみひゃくにちせっぽうひとにもらんことになるから、滅多めったこといたしていぞよ。世界に出來できてくるにちにちことかんがへてて、明治めいぢ二十五年からのふでさきを、赤心まごころ調しらべたらたいていことわかりかけるなれど、それもちょっとでもまんしんたらなにわからぬやうに仕組しぐみであるぞよ。

 たてかへたてなをしいたしてしまふたら、しゅごうじんにもじんみんにも、何彼なにかことがよくわかるやうにいたしあれど、今の人民はみな靈魂みたまくもりて、外国のぶっしつがく耽溺はまりんでるから、なにとつわからんあき盲目めくらどうやうであるぞよ。盲者めくら聾者つんぼぐにわかるやうなあさをしへでありたら、とうていまんまつだいつづ經綸しぐみとはもうされんぞよ。今の人民のこころさっぱりかへて、さらつのこころかへえてらんと、これまでこころではいまにトチメンボウをるぞよ。てんびっくりばこくのはドンナことかといふこといましゅごうじんじんみん何程なんぼかしこうてもわからんことであるから、いまおほきな取違〔 とりちがひ 〕があるから、ふでさきこまごまわかるやうにかかしてあるなれど、一柱ひとりりたかみも人民〔 じんみん 〕もいので、今度こんどたてかへひととをりやふたとをりやひゃくとおりのほねをりではいぞよ。あまふることふかことばかりがかかしてあるから、いましゅごうじんや人民の靈體ちからでは、ひゃくねんかかりてもわかりさうなことはないぞよ。これけたら天地てんちしゃがくしゃであれど、くらがりなか出來できた人民には、かんじん靈魂みたまくもりてるから無理むりいぞよ。それでしたら失策しくじるとまをしてけてるのに、がくでドンナことでもわかるとおもふて、エライまんしんいたしてるが、もとりてしゅごうじんいから、人民にはわからず、むづしきなかであるから、素直すなをいたしてかみまをこといたすと、から心配なしにくらせるなり。なにことものすみやかにらちいて気樂〔 らく 〕に御用ごようつとまるぞよ。
 四十八經綸しぐみわか身魂みたまは、へんぜう男子なんしへんぜう女子にょしほかには、世界中をかね太鼓たいこさがしてものであるから、たつの身魂みたまかりたら、日本にほん世界せかいも、これからきはつぶれるより仕様しやうことになるから、このふた身魂みたまは、天地てんち先祖せんぞからとりつぎであるぞよこのへんぜう男子なんし女子にょしとの身魂みたまの、むかしからのまこといんねんさえわかりてたら、ほかことなにわからいでも、今度こんど御用ごようつとあがるのでるからつまらん理屈ことまをして何時いつまでもがんばりると、だんだんわからんやうにりてるぞよ。體主靈從こころもちかへしまはんと、かみまをことみなさかさまれるぞよ。モウかみじんみんわけわからん、途中とちゅうはなたか相手あいてりてやうひまいから、わけわからん人民はあとまわしていて、さんぜんねん仕組しぐみどをりにはやらちいたさんと、これまでやう優柔不断ずんだらことはモウれんから、バタバタといたして、げんぢうらちけるから、改心のいから、いっときはや覺悟かくごされよ。うへしゅごうじんも人民もチットのとりちがひでないこっぽんからのおほ間違まちがひいたしてるが、モウかみらせやうがいぞよ。いましゅごうじんも人民も、天地てんち先祖せんぞおもひがテンでわからんから、出來できあがりたらアフンといたさならんぞよ。あま何時いつまでも體主靈從精神こころると、あとこうかいはんことるぞよ。人民が何程なんぼねっしんしんかいことけんきうしても、容易じきわかりはせんぞよ。かみことじんみんわかるものでい といふことわかる人民でありたら、れこそしんかいわかりた人民〔 じんみん 〕であるぞよ。わかりたともうじんみんは なにわかりてはらんのでるぞよ。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる