スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大祓祝詞

○大祓祝詞(漢字平仮名のみ)

高天原に神つまります、皇親神漏岐、神漏美の命もちて、八百万の神等を神集へに集へ賜ひ神議りに議り玉ひて、我皇孫命は豊葦原の水穂の国を、安国と平けく所知食と事依し奉りき。

かくよさし奉りし国中に荒振神等をば 神問はしに問はし玉ひ、神掃ひに掃ひ給ひて、語問ひし磐根樹根立草の片葉をも語止めて、天之磐座放ち、天之八重雲を伊頭の千別に千別て、天降しよさし奉りき。

如此よさし奉りし四方の国中と大日本日高見之国を安国と定め奉りて、下津磐根に宮柱太敷立、高天原に千木多加知りて、皇御孫命の美頭の御舎仕へ奉りて、天の御蔭日の御蔭と隠り坐して、安国と平けく所知食む国中に成出でむ天の益人等があやまち犯しけむ雑々の罪事は。

天津罪とは、畔放ち 溝埋め、樋放ち 頻蒔き 串差し、生剥 逆剥 尿戸許々太久の罪を、天津罪と詔別けて、国津罪とは、生膚断、死膚断、白人胡久美、己が母犯せる罪、己が子犯せる罪、母と子と犯せる罪、子と母と犯せる罪、畜犯せる罪、昆虫の災、高津神の災、高津鳥の災、畜殪し蠱物せる罪、許々太久の罪出む。

如此出でば、天津宮言以て、天津金木を本打切末打断て、千座の置座に置足はして、天津菅曾を本苅絶末苅切て、八針に取裂きて天津祝詞の太祝詞言を宣れ、如此宣らば、天津神は天の磐戸を推披来て、天の八重雲を伊頭の千別に千別て所聞召む。国津神は高山の末短山の末に登り坐て、高山の伊保理短山の伊保理を掻分けて所聞召む。

如此所聞食ては、罪といふ罪は不在と、科戸の風の天の八重雲を吹放つ事の如く、朝御霧夕御霧を、朝風夕風の吹掃ふ事の如く、大津辺に居る大船を、舳解放ち艫解放ちて大海原に押放つ事の如く、彼方の繁木が本を、焼鎌の敏鎌以て打掃ふ事の如く、遺る罪は不在と、祓賜ひ清め玉ふ事を。

高山の末 短山の末より、作久那太理に落、多岐つ速川の瀬に坐す瀬織津比売と云ふ神、大海原に持出なむ、如此持出往ば、荒塩の塩の八百道の八塩道の塩の八百会に坐す速秋津比売といふ神、持可々呑てむ。如此可々呑ては、気吹戸に坐す気吹戸主といふ神、根の国底の国に気吹放ちてむ。如此気吹放ちては、根の国底の国に坐す速佐須良比売といふ神、持佐須良比失ひてむ。如此失ひては、現身の身にも心にも罪と云ふ罪は不在と、祓給へ、清め給へと申す事を所聞食と 恐み恐みも白す。


○振り仮名入り

たかあまはらかみつます、すめらがむつ かむ かむみこともちて、八百万(やほよろず)の神等(かみたち)を神集(かむつど)へに集(つど)へ賜(たま)ひ神議(かむはかり)りに議り玉ひて、我皇孫命(あがすめみまのみこと)は豊葦原(とよあしはら)の水穂(みずほ)の国を、安国(やすくに)と平(たいら)けく所知食(しろしめせ)と事依(ことよさ)し奉(まつ)りき。

かくよさし奉りし国中(くになか)に荒振神等(あらぶるかみたち)をば神問(かむと)はしに問はし玉ひ、神掃ひに掃ひ給ひて、語問(ことと)ひし磐根樹根立草(いわねきねたちくさ)の片葉(かきは)をも語止(ことや)めて、天之磐座(あめのいわくら)放ち、天之八重雲(あめのやへくも)を伊頭(いず)の千別(ちわき)に千別て、天降(あまくだ)しよさし奉りき。』

如此(かく)よさし奉りし四方(よも)の国中(くになか)と大日本日高見之国(おおやまとひだかみのくに)を安国(やすくに)と定め奉りて、下津磐根(したついわね)に宮柱太敷立(みやばしらふとしきたて)、高天原に千木多加知(たかあまはらにちぎたかし)りて、皇御孫命(すめみまのみこと)の美頭(みず)の御舎(みあらか)仕へ奉りて、天(あめ)の御蔭(みかげ)日の御蔭と隠り坐して、安国と平(たいら)けく所知食(しろしめさ)む国中(くぬち)に成出でむ天の益人等(ますひとら)があやまち犯しけむ雑々(くさぐさ)の罪事(つみごと)は。

天津罪(あまつつみ)とは、畔(あ)放ち溝埋め、樋(ひ)放ち頻蒔(しおま)き串差し、生剥(いけはぎ)逆剥(さかはぎ)尿戸(くそへ)許々太久(ここたく)の罪を、天津罪と詔別(ことわ)けて、国津罪(くにつつみ)とは、生膚断(いきはだだち)、死膚断(しにはだだち)、白人胡久美(しらひとこくみ)、己(おの)が母犯せる罪、己が子犯せる罪、母と子と犯せる罪、子と母と犯せる罪、畜(けもの)犯せる罪、昆虫(はふむし)の災(わざわひ)、高津神(たかつみ)の災、高津鳥(たかつとり)の災、畜殪(けものたほ)し蠱物(まじもの)せる罪、許々太久(ここたく)の罪出(つみいで)む。

如此出(かくい)でば、天津宮言以(あまつみやごともち)て、天津金木(あまつかねぎ)を本打切末打断(もとうちきりすえうちたち)て、千座(ちくら)の置座(おきくら)に置足(おきたら)はして、天津菅曾(あまつすがそ)を本苅絶末苅切(もとかりたちすけかりきり)て、八針に取裂きて天津祝詞の太祝詞言(ふとのりとごと)を宣(の)れ、如此宣(かくの)らば、天津神は天の磐戸(いわと)を推披来(おしひらき)て、天の八重雲を伊頭の千別に千別て所聞召(きこしめさ)む。国津神は高山(たかやま)の末短山(へきやま)の末に登り坐て、高山の伊保理(いぼり)短山の伊保理を掻分けて所聞召む。

如此所聞食(かくきこしめし)ては、罪といふ罪は不在(あらじ)と、科戸(しなど)の風の天の八重雲を吹放つ事の如(ごと)く、朝御霧(あしたのみきり)夕御霧(ゆうべのみきり)を、朝風夕風の吹掃ふ事の如く、大津辺(おおしべ)に居大船(おるおおふね)を、舳(へ)解放ち艫(とも)解放ちて大海原(おおうなばら)に押放つ事の如く、彼方(おちかた)の繁木(しげき)が本を、焼鎌の敏鎌以(とがまもち)て打掃ふ事の如く、遺る罪は不在(あらじ)と、祓賜(あらひたま)ひ清め玉ふ事を。

高山の末 短山(へきやま)の末より、作久那太理(さくなだり)に落(おち)、多岐(たき)つ速川(はやかわ)の瀬に坐す瀬織津比売(せおりつひめ)と云ふ神、大海原に持出(もちいで)なむ、如此持出往(かくもちいでいな)ば、荒塩(あらしほ)の塩の八百道(やほぢ)の八塩道(やしおぢ)の塩の八百会(やほあひ)に坐(ま)す速秋津比売(はやあきつひめ)といふ神、持可々呑(もちかかのみ)てむ。如此可々呑ては、気吹戸に坐す気吹戸主(いぶきどぬし)といふ神、根の国底の国に気吹放(いぶきはな)ちてむ。如此気吹放ちては、根の国底の国に坐す速佐須良比売(はやさすらひめ)といふ神、持佐須良比失ひてむ。如此失(かくさすらひうしな)ひては、現身(うつそみ)の身にも心にも罪と云ふ罪は不在(あらじ)と、祓給へ、清め給へと申す事を所聞食(きこしめせ)と恐(かしこ)み恐みも白(まお)す。』

大祓祝詞解説(1)-霊界物語より
大祓祝詞解説(2)-霊界物語より
大祓祝詞解説(3)-霊界物語より
天津祝詞解説 -霊界物語より
感謝祈願詞 -霊界物語より



テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。