『大本神諭』 大正6年正月23日

○大正6年正月23日(火の巻)

 大国常立尊が、明治25年から地王(なお)のてで世界中へ知らしてある事が、大正6年には大分[部]出て来るぞよ。世界に罪悪(めぐり)の多い国には、それ丈けの戒めがビシビシと出て来るから、出口直に、モウ一度細々とある処を申してやるぞよ。筆先に書いて知らしてあるぞよ。何事も前つ前つに、くどう知らして気を附けてあるから、世界から何事が出来て来ても、神と直(なお)に落度はモウあろまい。不足のある守護神は、蔭でゴテゴテ小言を申さずに、綾部の大本へ出て来て、何なりと問ひたき事があるなら、平たう説いて聞かせるから、大本で膝を突合はして、御話をしたり聞いたり致して、打解けてしまはんと、実地まことの仕組は、解りかけが致さんぞよ……。

 今までの世は悪の栄へる世でありたから、悪の御魂が世に出て覇張り散して、皆「己(われ)が偉い、御魂が高い」と申して、何も判りも致さんのに、悪の仕組でどこ迄も行けるやうに思うて、して居ることが全然(さっぱり)間違うて居るから、これ迄の事は、少(ち)つとも用ひられん事ばかりであるぞよ。為直(しなほ)しはチつとも出来んから、十年余り立替が延びたから、世界はドウしやうにも、コウしやうにも、動きも、にじりも、出来んやうに成りて来て居るから、立替が始まると[も]、何も彼も一所に出て来るから、筆先に度々同じ事を申して知らしてあるぞよ。神は一度申した事は違はんのであるから、延ばしても、早く致しても、有る丈けの事は有りてしまはねば、何も無しに澄むといふ事はないぞよ。
 悪の御魂がドエライ事を企みて居るから、日本の国にも斯う成りて来るのが見え透いて居るから、善一つの愛仁神(みろくさま)と、地の世界の国常立尊と、天地揃うて末代の事が仕組てあるから、ビクリとも致さんぞよ。何遍申して違はん事ばかり。少つとても違ふやうな、浅い仕組は致してないぞよ。どちらのしぐみも、偉大(えらい)しぐみであるなれど、日本の国は世界の中心(まんなか)、世界の土台であるから、この土台の上に水も漏さん仕組がしてあるから、途中に変るやうな物では無いぞよ。神の申した事は、チツト遅し早しはあるやうなれど、神が、「ある」と申した事は皆な有るぞよ。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる