『大本神諭』 大正5年旧11月8日(弐)/丑寅の金神

○大正5年旧11月8日(天・火の巻)

 おほもとかみをしへとほりの、まこと修行ぎょうのでけて身魂みたまは、安全らくしんかい御用ごようつとまるなれど、修行ぎょう出來できらん身魂みたまつらくなるから、まことかみみちは、修行ぎょうしただけことより出來できいたさんぞよ。ちてりた身魂みたまは、んなつら修行ぎょういたしてるから、サアここといふところでは、ビクともせずに、安心らく御用ごようつとまるぞよ。りて、いままでけっこうくらして上流うへしゅごうじんよ、一時もはやく改心〔 かいしん 〕なされよ。モウせまりてたから、よこいぞよ。これからはあくれいかん時節じせつまわりてたから、今迄の様な優勝劣敗つよいものがちもちかたは、かみゆるさんぞよ。今迄は神はんなしんぼういたして、此世このよるをちてりたぞよ。日本にほんよくじんみんおほくにがいこくがくであるから、んなことでもいたすぞよ。日本の人民はかみくにうまながら、かみにして、利己主義われよしごうよくばかりをかんがへて、かねことになりたら、一家いっかしんるいおろか、おやきょうだいとでも〔 裁判 〕をいたす、むごたらしい身魂みたまりてるぞよ。これではしんこくの人民〔 じんみん 〕とはまをされんぞよ。

 日本にほんかみしょっぱつ修理こしらへた92もとおやぐにであるから、世界中をしゅごうする役目やくめであるぞよ(※1)世界せかい難義なんぎたすけてやらねば、しんこくの役目がまんから、日本の国のじんみんいちばんきにかみごころなをして、がいこくじんまで一人ひとりのこらず、かみごころえてやらねば、日本にほんかみと人民〔 じんみん 〕のやくまんので、てんおほかみさまへ、にちにち うしとらこんじんわびいたして、たてかへしてもらふて、そのあひだ一人ひとりでもおほ日本魂やまとだましひいたしたさに、かみちゅう苦勞ぐろうをいたしてるから、にっぽんしんこくの人民なら、チトはかみこころすいりょういたして、身魂みたまみがいて世界せかい御用ごようちてくだされよ。モウせまりてて、ぜったいぜつめいであるから、うするいぞよ。
 かみは急けるぞよ。日本の人民がはやかいしんいたしてくださらんと、世界中のなんじゅうはげしくなりて、なにそうそこなひるぞよ。日本にほん92かみ経綸しぐみ世界せかいまこと、外国〔 がいこく 〕はなにらずに、日本の国をわがものいたそうとして、エライたくみは、おくあさうてせまいから、ここまでりんまでおもしろほど、トントン拍子びょうしたなれど、てん時節じせつまゐりて、わるがみねんきとなりて、あくりんどまりで、むかふのくににはしにものぐるひいたしてるなれど、何国どこからもちゅうさいこと出來でき見殺みごろしで、かみならたすけねばらんなれど、あまつよぎて仕様しやういぞよ。このほう うしとらこんじんも、つようてかみがみはいで、おしこめられてひとりりて、くやしかりたなれど、これだけ修行ぎょうるとおもふて、此世このよにはモウことところまで、んなことにもて、ここりたのでるから、モウひといろ〔 火の巻:たいとおもふたなれど 〕ことやうりたと、明治めいじ二十六年にまをしていたが、このうへかみまつりてもらうより仕様しやういと、なをまおしてありたぞよ。




(※1)
出口王仁三郎氏を囲む座談会(第四夜 第2回)
大崎「がいこくじんが大本に入信しましたとき、礼拝はどうなりますでしょうか」
聖師「外国は、外国どほりにやらしたらよい」
大崎「そうするとかむどこなんか作って神様をほうさいした時にはどうなるんでございますか」
聖師「奉斎したり、しゅうかんによってしなかったりするけれども、別に奉斎せんでも、なんかかたちのあるものでもこしらえて目標にしておればよい。日本人は神につかうるべき人間として出来ている。そして外国人はいのために出来ている。日本はけんさいくにである。つまりかたちうえまつるという事になっている。外国の方はただ天の神を信じたらよい。祈ったらよい。さいしきなんかするのは、──日本は世界のおやぐにやろうが、つまりむらじゅうの人はいのっておってもかんぬしだけがうじがみ様のおまもりをしてまつっているようなものや。日本人が神様を大切にしてまつりをすれば外国まで助かるのや、世界中の人が助かるのや、それが日本人〔 にっぽんじん 〕の使命しめいやがな。……外国人は写真ばかり祭っている」
富田「おふだよりも聖師様のちょうぞうなんかのほうを喜んで祭るでしょうね」
大崎「聖師様、去年の秋、チェッコスロヴァキヤのツイペラという女の人が宣伝使になりました。そしてしろいただきましたので、よくくわしく説明をつけて送ってあげましたが、そのあと手紙が参りまして、自分のお母さんに御手代のとりつぎをしたそうでございますけれども、御蔭おかげいただかないと言っていました。そして自分のやりかたが悪かったんじゃないだろうかってまで書いてよこしたんですが……」
聖師「しばらくのせておいたらいいのやがな、手ででて手をのせているとよくぬくもるのと同じ事やがな」
大崎「からはなしてやるようにと言ってやったんですが」
聖師「患部かんぶにのせたらええんやが、かみか何かにまいておいてピッタリと病気の箇所にあてておいたらよい」
大崎「お母さんの方が体内に熱いものが流れるのを感じておられます」
聖師「あついのはかみひかりを与えられている。お父さんは頑固なんや、モウしばらくやっておったら出来るのや。なんやな、御手代の御取次もたびかさねてかんとあかんな、いっぺんくらいじゃあかんでよ」
大崎「上等な機械きかいのように思うているらしいです」
聖師「ラヂオレーヤくらいに思うとるのやろう、──外国人は日本人よりは頭がでよ、中にはけっしゅつしたのもあるけれども。本当は日本人の考えるような仁義じんぎどうとくは外国人にはわからないのや」
富田「僕も神学校の校長さんと喧嘩けんかした時に、最後にこう言ってやりました。──貴方あなたなんか日本人の魂をいじろうとなさる事が間違っている、イツじんなんかは時計か、蓄音機をいじっておったならばいいのですと」
速志「ロボットでもいじらしておけばいいな」
大崎「そんな事を感じますとはやせんでん使が外国に行って実地じっとにやらんと駄目でございますね。いったいいつごろ外国に行くようになりますでしょうか」
聖師「やってよいもの出来できているか」
── いちどう「ウエー」 ──
聖師「いつごろそんなものが出来てるかなとこっちはっているだけやで……」


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる