『大本神諭』 大正5年旧11月8日(壱)/東北の金神

○大正5年旧11月8日(天の巻)

 あまり此世このよおほきな運否うんぶがあるから、何方どちらくににも口舌くぜつえんのであるから、世界せかいじゅうますかけいて、世界のおほもとこしらへた、てんとの先祖せんぞまことわうで、万古まんごまつだいぜんひとつのしんこくわうおさめて、口舌くぜつよういたすぞよ。てん至仁至愛真神みろくさまかみわうなり、世界せかいこんぽんおほくにとこたちのみこと守護しゅごで、日本にほんしんこくの、万古末代うごかぬかみわうをさめるぞよ。我好われよしのかたでは、此世このよ何時いつまでもたんぞよ。この世界はひとつのかみわうで治めんことには、じんみんおうではおさまりはいたさんぞよ。日本のわうかみわうであるぞよ。がいこくおうは人民のおうであるから、だんだんみだれるばかりで、人民はしに、なんじゅうを致すものがえるばかりで、まことかみからはけてれんから、天からはさんたいおほがみさまなり、地はくにとこたちのみこと守護しゅごで、りうぐう様のてつだひで、もとむかしかみ経綸しぐみどほの、まつたてかへいたして、世界中をたすけるのであるから、なかなかほねれるぞよ。
 モウ時節じせつちかよりたぞよ。用意よういをなされよ。あしもとから鳥〔 〕がつぞよ。
 天地てんち先祖せんぞを、じんみんおうよりいちだんしたに致して、神は此世このよどうようにして、うしとらおしめて、がいこくあががりてあくれいが、世界せかいたいしょうりて、あく血筋ちすじ 〕とけんぞくなんにも知らぬ惡魔〔 〕を使つかふてまつだい世をやうおもふて、エライ経綸しぐみをしてれど、世のもとからの天地をこしらへた、そのままにくたいつづいてある、てもいても、引裂ひきさいても、ビクともならんいきがみが、天からと地からとりょうかがみで、世界の事をちょうめんめてあるどうように、わかりてるから、モウ日本にほん92にはうごかぬ仕組しくみいたしてあるから、日本の人民は、一人ひとりなりと、いちにちはやおほもとまゐりて、かみ御用ごよう92御用ごよういたして、世界中をしんこくに致すさしへに成りてくだされよ。いままでは「おうじゅうぜん〔 膳 〕、かみきゅう善〔 ぜん 〕」とまをしたが、神も十善〔 十膳 〕、王も十善〔 十膳 〕の世にいたして、かみしもそろふてしんこくに世界中を平均ならすぞよ。

 今の世界せかいじんみんは、現世このよかみらんものにいたして、神をたに見降みくだして、人民よりエライものはやうに思ふてるが、御座ござれよ、たてかへまっさいちゅうりてると、智慧ちゑでもがくでも、きんぎん何程なんぼみてりても、今度は神にすがりて、まことしんりきいとおほとうげせんぞよ。今度は神が此世このよるかいかを、けてせてるから、あくかへりて身魂みたまでもぜんへらな、このかみつくりた陸地おつちうへには、れんやうになるから、かいしんを致して身魂みたまみがいて居らんと、何彼なにか時節じせつせまりてたから、万古末代とりもどしのらんことしゅったいいたすから、今に続いてクドウけるのであるぞよ。これけに気を附けて居るのにかずして、われ我身わがみが苦しみて、どんじりかいしんいたしてもモウおそいぞよ。いやくるしいくに そこくにおとされるから、さうりてから地団太じだんだみて、ジリジリもだへても、「そんならゆるしてやる」とこと出来できんから、じゅうぶん落度おちどの無いやうに、かみがイヤにりても、人民をたすけたいいっしんであるから、なんはれてもいまけるぞよ。

 これからはふでさきどほりが、世界せかいあらはれてるから、こころ と くち と おこなひ とみっそろふたまことでないと、今度こんど神からたす荷物にもつおもいから、たかあまはらからもらふたが持てん様な事では、余所よそから人がたくさんだすから、そのときはづかしう無いやうに、はらおびしっかりめてらんと、かんじんたからやまとりはづす事が出来るぞよ。今度はこのおほもと立寄たちよる人民に、神からの重荷おもにたすから、各自めんめ身魂みたまじゅうぶんみがいていてくだされよ。ドンナしんとくでもわたして、世界のかがみやうちからけてやるぞよ。

 かいしんまをすのはなにごとらずにんげんごころててしまふて、智慧ちゑがく便たよりにいたさず、神のまをことひとつもうたがはずにうまやうになりて、神のをしへまもる事であるぞよ。霊魂みたまみがくとまをすのは、てんからさずけてもらふた、おほもと霊魂みたまめいれいしたがふて、にくたいこころを捨てて了ふて、本心〔 ほんしん 〕に立返たちかへりて、神の申す事をなにひとそむかんやうに致すのであるぞよ。學や智慧やぶつちからに致すうちは、まこと霊魂みたまみがけてらんぞよ。

 このたてかへいたすには、がくでも、悧巧りこうでも、智慧ちゑでも、金銀でも、ほうりつでも、かんぞよ。へいたいばかりのちからでもかず、いま政治せいぢかたではなほかず、ぶつがいこくかみをしへでもなほかず、今のがくこうをしへでもかず、こんぽんたてかへであるから、今の人民の思ふてこととは、天地てんち相違そうゐであるから、世界の人民がまこといたさぬから、神は骨が折れるのでるぞよ。日本の92ただいちりんいたうめはな経綸しぐみで、萬古まんごまつだいつづかすのであるから、人民にはわからんのももっとものことであるぞよ。

 ここのはなきかけたぞよ。ここのへはなりてときは、万古末代しほれぬしんこくまことはなであるぞよ。日本魂やまとだましひみのりのいた時節じせつたぞよ。こころきものかみ御役おやくてて、まつだい神にまつりて此世このよ守護しゅごじんといたすぞよ。此世このよはじまりてから、まへにもあとにもまつだい一度いちどよりい、たいもうたてかへたてなほしであるから、ひとつなりともかみ御用ごようつとめたら、つとどくであるぞよ。それもそのひとの心であるぞよ。神は無理むりひっりはいたさんぞよ。

 これだけはびこりたあくたひらげて、ぜんひとつのかみいたすのであるから、かはつら身魂みたま多人數たっぴつあるからかいしん〔 改神 〕 改心〔 かいしん 〕といってんりにまをして、らしたのでるぞよ。艮金神うしとらのこんじん仕組しぐみいたして、くにとこたちのみことあらはれて、ぜんひとつのみちたてへるのであるから、経綸しぐみどほりが世界からだすと、ものごとはやくなるから、身魂みたまみがいてらんと、けっこうことが出て来ても、にしきはた模様もようが、わからんやうなことではらんぞよ(※1)いままで苦勞くろういたした事が、みずあはになりてはつまらんから、おほもとつらぎょういさんでいたすじんみんでありたら、神が何程なんぼでもしんりきさずけるから、ドウゾ取違〔 ちがひ 〕をせぬやう慢心〔 まんしん 〕のやう心得こころえりてくだされよ。世界せかいかみ仏事ぶつじじんみんために、神がながらく苦勞くらういたしてるぞよ。




(※1)「錦の旗の模様」
すくふ 弥勒みろくかみの 標章みしるしは まるじゅうかむさだめなる(出口王仁三郎聖師、霊界物語第一巻余白歌より)



テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる