『大本神諭』 大正4年旧12月2日 

○大正4年旧12月2日(天の巻)

 おほくにとこたちのみことへんじょう男子なんし霊魂みたま出口でぐちかみあらはれて、さんぜん世界せかいさんだんけて御魂みたまを、れにたてかへ立別たてわけて、目鼻めはなけて、「これらくじや」とまをすやうにるのは、大事業たいもうであるぞよ。二度目にどめ大革正たてかへは、戦亂いくさてんさいとでむやうにおもふて、今のじんみんはエライとりちがいをいたしてるなれど、戦争いくさと天災とでひとこころなほるのなら、らち出来できるなれど、今度こんどたてかへは、そんな容易たやすことでないぞよ。むかしからたてかへりたなれど、くさものふたをしたやうことばかりが、りたので、こんぽんからのうごきのれんたてかへいたしていから、これまでのやりかたは、御魂みたまわるくなりて、そうぐもりにりてるから、今度こんどいちばんに、霊魂界みたまの二度目のたてかへであるから、なにけてもたいもうであるぞよ。これほどくもりてる、三千世界の身魂みたまを、すいしょういたして、モウさきは、くもりのかからむやうに、まんまつだいちてかねばらんから、なかなかほねれることであるぞよ。

 天地てんちおほがみおもひと、じんみんおもひとは、おほきなちがひであるから、なにけても、今度こんど仕組しぐみは、人民ではれんぞよ。人民一人ひとりかししんさせるにも、なかなかに骨が折れようがな。今度の二度目のたてかへは、むかしはじまりから出来できる、霊魂みたまたてかへたてなほしでるから、わる霊魂みたま絶滅のうしてしまふてするなら、容易たやす出来できるなれど、あく霊魂みたまぜんたてへて、此世このよいっさいこと経綸策やりかたへて、神法のりかへて〔 乗り換へて 〕、さらつのきっすゐの、もと日本魂やまとだましひしまふのであるから、いまの人民のおもふてこととは、天地のおほちがひであるから、毎度まいどふでさきけてるぞよ。

 あやべのおほもとなかには、世界せかいの人民のこころとほりが、みなせてあるぞよ。おほもとは世界のかがみところであるから、世界に実地じっちしょうまつが、みなしてせてるから、いろいろしんぱいをいたしてるなれど、んなせてるから、世界がくなるほど、このおほもとくなるぞよ。いまではモチット、なにごとおもふようにいのであるぞよ。

 世界のことが、みなおほもとへ冩る〔 うつる 〕から、れで、なかからやりかたいたさんと、世界せかいおほもとたっとところであるから、何事もふでさきどほりにかねばならんぞよ。これれまでののやりかたは、日本の国ではもちゐられん、がいこくごくあくのやりかたに、かはりてしまふてるのを、盲者めくら聾者つんぼのやうな日本の人民は、らずらずに、させられてりたのであるから、わからんのはもっとものことであるぞよ。日本にほんかみまれて、かみせいsんくるふてるのであるから、じんみんわるるのはあたりまへであるぞよ。

 モひとさきを、あくつよいたして、この現状なりく、どいらい仕組しぐみをしてるなれど、モウあくみたまかん時節じせつ循還めぐりてきて、わるがみおうじょういたすになりてたから、われくちからたくみてりたことを、さっぱりはくじょういたすになりたぞよ。

 世界の御魂みたまが、まであくりて、いままでもちあらして守護神しゅごじんに、改心〔かいしん 〕の出来できかけが、ようにも出来できんから、かみかんにんぶくろらして、ひとさくに致せばはち霊魂みたまるし、かいしんいたさすひまがモウいし、これほどこのたいもうことは、むかしからい、こんなんな二度目のたてかへであるのに、なにわからぬやくがみ神 〕に使つかはれてると、なにわからんぞよ。

 まことのぎょうも致さずに、天地てんち先祖せんぞ無視なくして、あくのやりかたで世界せかいかしらになりて、このさきあくをモひととつつよいたして、まぜこぜでりてことの、しょはつもくてきどほりに此所ここまではトントン拍子びょうしおもしろほどのぼりてたなれど、このもと〔 靈の元 〕には、かみふか経綸しぐみが、もとからいたしてりて、日本にほん仕組しぐみどほりにりんまでたぞよ。

 わるがみ仕組しぐみも、九分九厘まではたなれど、モウりんどまりとなりて、さきこと出来できず、あともどことも出来んのが、現今いまことであるぞよ。仕放題しほうだい利己主義われよしやりかたで、まつだいあくくことの目的が、今まではおもしろほどのぼれたなれど。

 日本の国には、チットほか御魂みたまにはわからん経綸しぐみてあるから、ひとし、われし、うへしたそろふてかねば、くにいをるやうな、見苦敷みぐるしいしょうらいでは、永久ながくつづかんぞよ」とまをして、ふでさきしてけてあるぞよ。

 斯世このよは、ぜんあくとをこしらへて、何方どちらで、このつかとふことを、まつだいつづかせねばらん世であるから、なにごと天地てんちからしてあるのであるから、われるのなら、何事もおもふたやうにけんならんのに、うしてもけんのが、神からみなせられて証拠しょうこであるぞよ。ぜんみちは、苦労くろうながいなれど、さきは末代の世を続かすので、なかなかねんねんるぞよ。仏事ぶつじあくのやりかたでりたぞよ。モウこれからは、ぶつではをさまらんぞよ。

 ぜんぎょうながいなれど、ぜんほうには、現界幽界このよなにひとらんことやうに、もとからぎょうがさしてあるから、このさきは、あく仕放題しほうだいぎょうしに守護神しゅごじんつらくなるぞよ。如何どんことておくと、何事もこばれるなれど、ぎょう無しの守護神に使つかはれてると、しまひのはじまりの御用ごようつとまらんぞよ。善と惡とのかはであるから、あくの守護神はジリジリもだへるやうになるから、一日もはやく改心致して、善の道にたちかへらねば、モウこれからはびんぼううごきもさんぞよ。善の守護神は、数はすくないなれど、んなぎょうしてあるから、サアいまやうりておりには、何程なんぼはげしきことのなかでも、気楽〔 喜楽きらく 〕にしんかい御用ごよう出来できるから、いちりん御手傳おてつだひで、日本のおほもとには、かんじんときふ守護神がこしらへてありて、世界のとどめ〔 艮め 〕をすのであるから、日本の国はちいさうても、おほきなくににもけはいたさんぞよ。日本は世界から見れば、ちいさい92であれど、てんとのしんりきつよもと先祖せんぞかみが、三千世界へあっぱれあらはれて御加勢ごかせいあるから、数はすくなうても、正味しゃうみ御魂みたまばかりて、んなことでも致すぞよ。何程なんぼ人數にんずおほくても、なんやくにもたぬうじむしばかりで、ことひとつもずに、邪魔じゃまばかいたすから、世界のものごとおそくなりて、世界中のこんなんであるが、く守護神がゆゑに、何時いつまでもふでさきらすのであるぞよ。

 天地の御恩ごおんも知らずに、利己主義われよしここまでのぼりつめてあくの守護神に、改心〔 かいしん 〕のせかけが出来できんので、何事もおそくなりて、そうぞこなひに、うへからしたまでのなんじゅうとなるから、明治廿年から、「いまじゃ、はやじゃ」とまをして、ひっかけもどしに致して、気附きづやうらしても、もとからのおもひがおほ間違まちがひるから、世界のたてかへの九分九厘とりたところで、ジリジリこといてるから、けるぞよ。
 天地の先祖せんぞの、おもひのわかりて守護神しゅごじんと、じんみんは、今に無いぞよ。これほどくらがりの世の中へ、もとしょうまつがみそろふてあらはれても、こわばかりで、こしけるものやら、あごはずれてさっそくにはものはんやうな守護神や、人民がたくさん出来できばかりで、神の目からはひさうにいぞよ。
 わかりた御魂みたま宿やどりてる肉体でありたら、んなしんとくでもさずるから、の神徳をける御魂みたま使つかはれてりたら、いってんほど神徳をわたすから、そのもらふた神徳にひかりをしてれる人民で無いと、りにしては天地へまをしわけいぞよ。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる