『大本神諭』 大正4年正月23日

○大正4年正月23日(火の巻)

 天の王と地の王とで、根本から三千世界の立替を致して、世界には国の奪り合ひと云ふ事の無いやうに、日本の国の霊主体従(ひのもと)の生神が守護いたしての、二度目の世の立替であるぞよ。末代の世を持つのは、普通(ひととほり)の事を為(し)て居りては、何時までも小言の絶えると云ふ事は六ヶ敷ぞよ。善一つの誠の道で行かねば、我好しの行方(やりかた)では、世界に口舌が絶えんし、又何程(なんぼ)頭(かしら)が苦労致して、ドンナ行を致しても、上に立つ大将の量見が悪るくば、世は立ちては行かず、直(じき)の御側附の精神が悪くば、上も立たず、下にも口舌が絶えんぞよ。今度の二度目の世の立替は、後にも前にも一度より無い大望で、世界中の三段に分けてある御魂を立別けてしまふて、悪の霊魂は日本の国には置かん事に致すぞよ。一寸でも悪が混りたら、日本の地(おつち)の上には居れんやうに、何う言ひても成りて来るのが、世が変るのであるぞよ。天然(てんねん)にドうせいでも、時節が来たら何事も成就致すから、時節ほど結構なものの恐いものは無いから、何事もこの先は、素直に神の申す如うに致さねば、世は何時までも立たんぞよ。
 天地の元の先祖がこの世を持ちて行かねば、今の世に出て居れる守護神の世の持方では、途中に乱れて末代の世は持てんぞよ。この世一切の事が、依然(じっと)して居りて一度に見え透く身魂で無いと、世界の事が判らんやうな身魂では、到底治まりはせんぞよ。何程守護神に智慧がありても、エライ学でも、昔の元のミロク様の御艱難のいろはからの勉強は、物質の学では出来も致さず、判りもせんぞよ。いろはからの勉強を致すのは、「日本の霊主体従(ひのもと)の元の生粋の其儘で、末代変らぬ天の御先祖様と地の世界の先祖との世である」と云ふ事を、天地からの実地をして見せて、世界中へ改心をさせねば、今の日本の人民では解らんぞよ。根本のいろはからの事を、世界中へ一度に解けて見せて与るから、明治25年から「吃驚箱が開く」と云ふ事を、出口直の手で、国常立尊が引き続いて知らして居るなれど、今に判らん人民斗り、改心のしかけの出来ん守護神ほど、今に頑張って居るが、筆先に違はん事が書いてあるから、「九分九厘になりたら、手の掌を覆すぞよ」と申してあるが、さうならんと守護神も人民も改心を致さんが、恐さの改心は真(まこと)の改心で無いから、間に合わんぞよ。
 今度の二度目の世の立替は、現世(このよ)へ出て居れる守護神に、余り大きな取違があるから、執念(くどう)気を附けて置くぞよ。是程曇りて居る世の中へ、昔の元の万古末代動かぬ生神、生魂の彌勒(みろく)様の神道へ立帰りなさる世が廻りて来て、国常立尊が元の世を拵らへて、天地の生神が揃うて全部(すっくり)表面にあらはれて、末代の世を構はねば、外の身魂では万古末代の世は持てんぞよ。身魂が違ふので世の持方が判らんから、世の立替を致してしまふぞよ。臭い物に蓋を致した如うな行方では、チツト行きよると復(ま)た世が後[跡]へ戻りて、日本も外国も、何時までも国が治まると云ふ事は無いぞよ。国の取り合ひ斗りで、弱い方が何時も負けて苦しむ斗り。天地の神は、何時までもこんな世界を見殺しには致さんぞよ。
 日本の国の霊主体従の、今度世に出る天地の生神が、昔からの仕組て居りて、二度目の世の大立替を致すから、国は立ちては行くなれど、今度の御用に使ふ守護神、人民に一寸でも混じりがありたなら、又段々と元の如うに乱れてきて、国を奪(とら)れてしまふて、鬼と悪魔の世に成りて、何う仕様にも手も足も出せぬ如うに成るから、今度の立替は中々神に骨が折れるぞよ。今度天地の先祖が現はれて、守護致さなんだら、世界中が泥海となりて、人種も無いやうに成るのであるから、天地の神は、この世を潰さぬ為めに、永らく艱難辛苦を致すのであるぞよ。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる