『大本神諭』 大正3年旧9月17日

○大正3年旧9月17日(火の巻)

 大国常立尊が変性男子の身魂と一つになりて、出口直の手で昔からの事、是までに解らなんだ事から、昔からこの世に無かりた事を書しておくぞよ。日本の国は根本(こっぽん)の霊能元素(ひのもと)の国であるから、世界に一と申して二の無い神国であるぞよ。この日本の結構な神国は、何時に成りても外国の自由には成らん国であるのに、こんな見苦しき国に成りてしまふたのは、日本の守護神が、サツパリ悪に覆りて居るからであるぞよ。こういふ事になるのは、世の元の大神様の、附々(つきづき)の守護神の精神が悪るき故に、こう言う事に成りたのであるぞよ。天の王の御先祖様と御成なさる尊い霊魂の附々の、一の番頭、二の番頭の精神が元来(もとから)悪き故に、世界一の霊(ひ)の本の国を、この様な見ぐるしき国に致してしまふて、今の日本の有様、神なき国同様であるぞよ。

 昔から神が研きし元の鏡も、九分九厘のトコで曇りたら、神の間には合はんから、今度の御用はチツトも油断は出来んぞよ。天地の御先祖様の、尊い御霊魂(みたま)の光を出さねば成らぬ大神様の一の家来が、鏡が曇りて居りた故に、こんな惨い世になりたのであるぞよ。今暫くは、一の家来の名だけは現はさずにあるなれど、トコトン改心をいたさねば、其守護神と肉体の名を現はして、世界中へ愧愧(はじ)を晒して、悪の加賀美(かがみ)にして罪を取らねば、重々の天地の咎人(とがにん)どころで無いぞよ。天地の大盗賊(おおどろぼう)であるぞよ。
 変性男子より外(ほか)には、此筆先を書く身魂は、末代に無いのであるぞよ。外にも筆先書かして知らしてあれども、肝腎[心]の一厘の事は知らして無いぞよ。代りの有る事なら為宣(しよ)いなれど、代りの無い変性男子の身魂と、変性女子の身魂であるから、この御用の勤まる身魂は、外には一方も無いやうな事がさしてあるから、大本へ立寄る人が、何彼の事を誤解(とりちがひ)をして居るが、誠の善一つの道は、普通(ひととほり)の身魂では此中の事は見当が取れんから、大本の誠の御用を致さうと思うたら、人から見て「違うた人じやなア」と言はれて、ひっくるぶいて仕事を為(し)もってでも、筆先の精神を考えて見て、夜分に寝ても寝られんやうな一心の人でありたなら、此方が天晴れ現はれて、「是で宣い」といふやうに成りたら、善の方へ廻して、神から直接(じきじき)の神力を授(やり)ておいて守護致すから、何事も思ふやうに、箱さした様に行けるなれど、今の人民は思ひが大元の神とは反対であるから、神力が渡されんのであるぞよ。
 神国の肝腎[心]の時に間に合はん学で、智慧の出来たハイカラ御魂の肉体の人民は、神が使ひ難いから、産の御魂に立かへらんと、今度の神世の御用には使はんぞよ。一層(いっそ)何も彼も卓越(ずぬけ)た学のある守護神でありたら、解るのも早いなれど、今の途中の鼻高の学者は、世界が茲まで迫りて来て居るのに、未だ日本の国の、天からの責任(しぐみ)が解らん様な事であるから、何時までも延ばしても限(きり)が無いから、天地のビツクリ箱を開けて、神力を見せてやるぞよ。天地のビツクリ箱が開くと、天地が一度に鳴動(なり)出して、耳も、目も、鼻も飛んでしまふやうな、エライ騒動(さわぎ)になりて、如何な悪の強い身魂でも、学のある守護神でも、ジリジリ悶へいたして、一度に改心を致すなれど、さうなりてからの改心はモウ遅いぞよ。さう成りて来たら、「金銀でも、学でも、智慧でも、屁の突張にも成らん」と言ふ事が解るぞよ。そこに成る迄気の付かんのは、外国の訳の解らん悪神の霊魂に、心の底から欺されてしまふて、日本魂が曇り切りて居るからであるぞよ。
 今年で23年の間、出口直の手と口とで十分に知らして、気を付けたなれど、今の上の守護神も下の人民も、渋たふて聞入れぬから、モウ知らせ様が無いから、何彼の事の実地をして見せてやるから、ビツクリ虫を出して、又腰の抜けんやうに、この大本へ来て筆先を見たり聞て居る人は、世界の大峠と成りた折りには、チト異(ちが)うた人に成りて居らんと、早うからこの辛い処へ山坂を越えて、「難有(ありがた)い」と申して居りても、大本の中は大化者に実地に世界の事がさして見せて、鏡が出してあるから、世界から何事が起こり来ても、胴を据えて、腹帯を確りと締めて居ると、今度の世界の御用が能く勤まるぞよ。ビクビク致す様な事では、モ一つ信仰(しんじん)が足らんのであるぞよ。女でもシッカり腹帯を締て信仰が固まりたら、世界の大峠に成りた折に胴が据りて、ビクとも為ずに御用が出来るぞよ。筆先の読み様が足らんと、其時に恐くなりて堪忍(こばれ)んから、日々に気を附けて知らしてあるぞよ。
 世界にある事を気(け)も無い中(うち)から、先に知らせる大本であるから、一旦筆先に出した事は、チト遅し速しはありても、皆出てくるから、何彼の事が延びた丈は、一度に成るぞよ。緩々(だらだら)と致して居りたら、彼我(どちら)の国も潰れて、世が建ん事に成るから、一期(さく)に致せば速く成るなれど、世界は一度は困難が来るぞよ。
 善一つの誠の御量見のよい点の御先祖様が、是程永い間の御艱難を為されたのは、元からの附々の守護神の精神が、全然(さっぱり)極悪でありた故に、露国へ上りて居る極悪神と心腹(はら)が一つで、この世を乱してしまふたのであるぞよ。表面(うはべ)からは善く見えても、腹の中が極悪であるから、その事はこの世が泥海の折からこの目的のある事を、天の御先祖様が皆御存知でありたから、地の先祖の国常立尊の変性男子の霊魂と、変性女子の霊魂とが、初発から拵へてありたのじやぞよ。こう言う悪者[物]がある故に、日本の霊能元(ひのもと)の国にも、一輪の梅の花の経綸が秘密にしてあるから、到底悪神の自由には、何時までも為(さ)しは致さんぞよ。日本の元の御血筋を悪に致して、化してありた事が判らなんだが、是までは我の世で無いから、蔭からの守護で、何も申す事も、致す事も出来なんだれど、時節参りて世に現はれて、天地の吃驚箱を開けるから、何彼の事が明白(ありやか)に見え透き出すから、悪の守護神は恐怖(こわく)なりて、逃げ出すやうに成るぞよ。自己(われ)の腹の中が自己に見えるやうになりて、自己の腹腸(はらわた)が穢くなりて、腸を引摺出して、悶へ死をする肉体も沢山(たっぴつ)あるぞよ。
 世界の立替の大峠と成りたら、善き事も、悪き事も、恐い事も一度に出て来て、眼を開けて見られんやうな事が、罪穢(めぐり)の酷い処には罪の借銭済があるから、海外(むかう)の国は大分厳酷(ひどい)ぞよ。日本の中でも、「非道い罪穢を積んで居る処ほど、ひどい事がある」と云ふ事は、明治25年から日々続いて知らしてあるが、何彼の時節が参りて、天の根本の大神様の御光を、国常立尊から現はせて、昔から無かりた事を致したり、この世が出来てから無い、天の王と地の王との大神の光を、三千世界へ現はす世になりたぞよ。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる