『大本神諭』 明治43年旧9月28日

○明治43年旧9月28日(火の巻)

 うしとらこんじんくにとこたちのみことわかひめみのみこと御魂みたまひとつになりて、へんじょう男子なんしりて、おとこ御魂みたまおんな御魂みたまとで、もとからの苦労くろういたして、世界せかいこしらへたのであるぞよ。

 りゅうぐうの乙姫〔 おと殿どのいはかみ殿、あれかみ殿、かぜかみ殿、あめかみ殿、地震ぢしんかみ殿、これだけいきがみが、御加勢おてつだいなされて、世界せかいどろうみかたしめた、もとちからかみであるぞよ。こんじんもとかみであるなれど、おほもとこんぽんしょっぱつの神は、毎度まいどまをしてる国常立尊〔 92とこたちこと 〕が(※1)真正まことこんぽんいきがみであるぞよふでいてははやいなれど、ながあひだことであるが、てんとをこしらへるにはてんおほかみも、かみも、たいへんに苦労をいたしてあるが、じんみん智慧ちゑがくりきではとうていけんとうれんことであるぞよ。てんではさんたいおほかみ様、世界せかいは国常立尊であるから、このこんぽん天地てんちかみあらはれんと、太古むかしもとからのまこといんねんわからんぞよ。ほかわかかみは、さんぜん世界せかいなかには何地どこにもいぞよ。このこんぽんことからあきらかにわかところは、綾部あやべ出口でぐちもとで、おほしまいりぐちりゅうぐうやかたたかあまはらいと、ほかにはひととこもないぞよ。出口でぐちなおしんぐう〔 新宮 〕ほんぐうおん屋敷やしきは、もとまことかみみや屋敷やしきであるぞよ。この御屋敷は、とほともとかみ天地てんちおりあがりりいたす地所とこで、昔からさだまりてあるなれど、んとまをしてもふることであるから、人民にはわからんのは無理むりなきことであるぞよ。

 いままでてんからのしゅごうりても、かんじん世界せかいは、日本にほん政治せいじいたかみが無いやうにてありたから、がゴタゴタいたすのであるぞよ。地の世界をこしらへた、もとにくたいくにとこたちのみことと、わかひめみのみこと身魂みたまが、そこおとしてりた、毫末ちっとくるはんしゃうらい身魂みたまが、しょっぱつてん規則きそくやぶりて、地の底におとして、かみいちだい苦労いた身魂みたまに、天地てんちなが経綸しぐみであるぞよ。苦労かんなん くやしい残念をこばりて御蔭おかげで、今度のたてかへ御用ごようつとげて、三千世界をまも御役おやくとなりたぞよ。へんじょう男子なんし身魂みたまいと、勤め上がる身魂みたまは、現世このよにはほかいのであるから、天地てんちいきがみがビクツともくるはんやうに仕組しぐみてあるのであるから、おほきなしんとくさずけて、昔から出来できてからことを、出口でぐちなおせるから、びっくりを致すものも出来るぞよ。しんこくもと日本やまとだましひしゃうらいでありたから、今度のたてかへたねいたすために、そこわざとにおとしていた身魂みたまであるから、けても、苦労を致さならん身魂みたま御用ごようをさす、神の深い経綸しぐみでありたぞよ。もとの国常立尊の御魂みたまわかぎみのみことの、ふたツの身魂みたまひとつにりて、出口でぐちかみとなり、世界せかいおほかみあらはれるのであるぞよ。かみにもじんみんにも、りたことでないぞよ。「モウてんとがそろふたから、これからはを自由にいたす」とまをして、くちはしてことも、かしてことも、みなるから、ちがふやうな気使きづかひはないぞよ。
 出口でぐちもととおとい地王なおであるぞよ。出口でぐちしょっぱつ教祖きょうそかいてうひつじさるこんじん澄子すみこきんかつかねおほかみ、三代の御世継およつぎ出口でぐち直霊なほひ……。綾部あやべおほもとは、まつだい肉体がおんな御用ごようであるぞよ。出口朝野あさの九才、出口でぐち直霊なほひおほかみ梅野うめの七才日女子ひめこ姫。八重野やへの二才むつひめ。三人の御子おんこに名をけておくぞよ。出口なおの手で国常立尊がきおくぞよ。まつだいこと

 で九ちなお七十五さい、めいじし十さんねんの九がつの二十はちにち、しんの十いちがつのついたちのしるし。




(※1)
くにとこたちのみことという御神名、おふでさきの原文どおり平仮名とすれば「くにとこたちみこと」となります。さらに再変換して、「とこたちこと」。日本語は三種類の並び方からちます。すなわち第一種:、第二種:、第三種:あいうえお。日本という国土くにつね言葉ことばことこと)。


ぐちすじてん伊勢いせもとてんしょうこうだいじんぐう御血統おちすじまつだいつづかす仕組しぐみがしてあるから、天と地とをそろへて太古むかし神代かみよたてかへるぞよ。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる