スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『大本神諭』 明治38年旧4月16日/筆先七分霊学三分/霊界物語は皆日本の事

○明治38年旧4月16日(天の巻)

 うしとらこんじんくにとこたちのみことぐちあらはれて、あまいはびらきをいたすにいては、昔の世のもとからこしらへてあるいんねん身魂みたまおほもとひきして、それぞれに御用ごようまをしけるぞよ。今度の御用は因縁くてはつとまらんぞよ。さきりたらきんぎんごとくにりてるから、さうなりたら「われわしも」とまをしてかねって「御用さしてくだされ」と申してるなれど、因縁なき身魂みたまには何程なんぼ結構けっこうに申してもいちもんも使ふ事は出来できんぞよ。これからさきになるときんぎんんで「神の御用をいたさしてしい」とたのみにるものばかりであれど、いちいち神にうかがいたしてからでないと、うけことらんぞよ。このおほもとは金銀に目をかけことあひらんから、何程なんぼつらくてもいまうちなりと、くさなりとべてでもしのぎて御用を致してりてくださりたら、神がしょうねんとどけたうへではなにごとおもふやうに、かねの心配もいたさいでもきやうに守護しゅごが致してあるぞよ。今がこんりんざいかなわんつらいとこであるから、ここひとこばりてまことたてきてくださりたら、神が「これい」とふやうに成りたら、らくに御用が出来るやうにチャント仕組しぐみてあるから、罪穢めぐりのあるかねは神の御用にはてられんぞよ。

 いつもふでさきけてあるが、このおほもとうしとらこんじんふでさきひらくところであるから(※1)あまれいがくばかりにると粗略およそになりて、まことかへってわからんやうにりて、神の神慮きかんかなはんから、ふでさきななにして、れいがくさんひらいてくだされよ(※2)かんがかりばかりにると、最初はじめひとめずらしがりてりてるなれど、あまろくかみんから、しまひにはづな使つかひ惡魔あくま使つかひと言はれて、いちだいおもはくはたんぞよ(※3)おもはくたんばかりか、神の経綸しぐみとりちがいたじんみんが出来てて、まことしょうまつをしへに致すから、ながらくへんじょう女子にょしけて知らしたなれど、いまに「霊学がけっこうじゃ、筆先どもなにる」、とまをしてちょっとききれぬが、どうしてもかなくやうにして、さしてせるぞよ。神のまをことそむいてなんなりとりてよれ、あしもとからとりつやうなびっくりが出てるぞよ。世間せけんからはわるまをされ、神には気障きざわりるから、何もじょうじゅいたさずにおほきな気の毒が出来できるのがみえいているから、それを見るのが可哀想なから、毎度まいど出口の手で神が知らせば、「にくたいぐちなおくのじゃ」と申して御座ござるが、ここしばらく見て居りたらわかりて来て、あたまさかさまにしてあるかんならん事がしゅったいするぞよ。

 へんじょう女子にょしかんがかりきたいのが病癖やまひであるから、一番にこの病癖やまひなおしてるぞよ。心からほっこんなほせばいなれど、如何どうしてもかねばはげしき事をして見せてけさしてやるぞよ。狐狸こり野天狗のてんぐなどの霊魂みたま調もてあそびにしられて、それでしんこく御用ごよう出来できると思ふのか。ちくしゃういれものにしられてそれを結構と思ふのか。しんかいだいざいにんりてもまんぞくなのか。わけわからんとまをしてもあまりであるぞよ。うはふものの、女子にょし霊魂みたま何時いつまをとほり、世界いっさいの事が写る〔 うつる 〕のであるから、この大本へたちる人民は女子にょしやりかたを見て、世界はこんなことりているのかと改心をるやうに、かみから女子にょし身魂みたまこしらへてるのであるから、とりちがひをいたさぬやうにかげりてくだされよ。「他人ひとわるわるい」と思うてると、全部さっぱり自己われの事がかがみうつりてゐるのであるから、他人ひとわるく見えるのは、自己われわるところ霊魂みたまくも〔 蜘蛛 〕がかか〔 憑 〕かりてるのであるからかがみを見て自己われ身魂みたまから改心いたさすやうに、此世このよもとから変性女子の霊魂みたまこしらへてありての、今度のあまいわびらであるから、一寸ちょっとやソットにはわかやうあさ経綸しぐみでないから、改心いたして身魂みたまみがくのがいっとうであるぞよ。

 もとまこといきがみいままでものはなんだぞよ。世のかはかみうつりて、世界の事をらせねばらぬから、ぐちなおいんねんあるたまであるから、うつりてなにごとも知らせるぞよ。世がおさまりたら神はなにまをさんぞよ。天狗てんぐぐらゐは何時いつでもたれにでもかかるが(※4)、このこんじんは、禰宜ねぎ巫子みこにはうつらんぞよ。何程なんぼ かみがかりほねりたとてまことかみかんじんな時でないとかからんぞよ。なにわからんかみうつりてまゐりて、ったかほいたしていろいろくちばしりて、肝腎の仕組もわからずに、世のたてかへ邪魔じゃまをいたすから一寸ちょっと油断ゆだんも出来んから、調ちょうほうの無いやうに気をけてやるのを、「野蛮やばんがみなにぬかかす」ぐらゐによりりてくれんから、まことに神も出口なほも苦労をいたすぞよ。かみがかりなにも世界中の事がわかるやうに思うて居ると全然さっぱりりょうけんちがふぞよ(※5)。神のまをうちに聞いてかんと、世間へかおしが出来できんやうな、はずかしき事がしゅったいいたすぞよ。このかみ ひとことまをしたら、何時いつになりてもいちいちりん ちがひはないぞよ。かみ一本ほどでも間違ふやうな事では、三千年かかりて仕組しぐんだ事がみずあわになるから、そんな下手へた経綸しぐみもとから、もといきがみけっしていから、素直すなほに神の申す事をいてくだされよ。世界のかみ仏事ぶつじじんみんたすけたさの、ながらくの神は苦労であるぞよ。だれらずとりちがひおほ怪我けがもとと成るぞよ。




(※1)
「神言会・大本教神諭解説~九つ花に咲く一輪の言霊の経綸~」をお読みいただき、『霊界物語』(出口王仁三郎聖師のれいがくかんがかり)と、『大本教神諭』(出口直開祖のふでさき)を御検討してください。


(※2)
出口王仁三郎氏を囲む神霊座談会(3)
比村「れいがくふでさきとありますが、どういう程度ていどでしょうか」
聖師「それはいつまでもとうのじゃない。あの時分じぶんは一生懸命れいがくばかりやっとった。ちんこんばかりしておった。神がるかいかという事を人に証明するために三ぐらいせてもい、といふことだ。きになったら霊学などせんでもわかって来る。それはその時のいましめだったのだ。ゑいえんいましめでもなんでもない」


(※3)
○中村古峡著 『近代犯罪科学全集 ~変態心理と犯罪~』武侠社、昭和5年
△コマ番号145より鎮魂帰神法の実態が克明に描写されている。


(※4)
出口王仁三郎氏を囲む神霊座談会(1)
小竹「人をかすのはきつねたぬきの他にもあるのですか」
聖師「今はなかなかきつねたぬきのは直接はだまさない。私等わしらだまされた。昔はうそつくというような事はなかった。ワシ等の若い時でも嘘ついたら交際しなかったものじゃ。今のきつねやナンカは人の身体からだの中に入ってサック〔 皮袋、さや 〕にして使っている。人間もかしこうなって飛行機に乗って空を走ったりするから、きつねも人の体をサックに使うのだ。
 それから亀岡の士族しぞくで川上さんという先生があった。犬飼の学校にって、また佐伯の学校に転任になった。とうげざかいにオモン狐という悪い狐があったが、ある日その川上という先生がtぴげをどんどんのぼったりくだったりばかりしているのじゃ。フッと見ると天狗岩てんぐいわところに狐がおって、ペッとをこちらへると、どんどんどんどんとこっちへりるし、あっちへると、またどんどんとあっちへあがってゆく。とうとうんでしまうたけれども……。今は狐にかされたというのは聞かんね」
速志「このごろは聞かんなア、本当に」
聖師「ちっと人智じんちが進んでくるとかすことは出来ない。昔の人は狐がだますもんじゃという事を、自分が思ってないでも、腹の中からそういうを受けているからだまされたのだ。先祖代々血液の中にわたってているのだから。今はそんな鹿な事があるもんかい、と思っているから……」


(※5)
○「霊界物語」
〔 現代注:れいかいものがたりとは、出口でぐちさぶろう聖師にかみがみかかって生み出された『神のせいなる書=聖書』。日本神道の古事記こじき日本にほん書紀しょき、ユダヤ教・キリスト教のせいしょと同様に、どおりの事実じじつとはかぎりません。なぜなら王仁三郎聖師せいしが大活動してた時の日本はこっしんとう国是こくぜとする大日本帝国であり、あらひとがみたる大正天皇・昭和天皇がくんりんしていました。ゆえに、破天荒はてんこうな王仁三郎聖師であっても、すべての真実をめいかいにはかたれなかったのです。これはしゅうせん時の聖師発言(新月の光)からもあきらかです。 〕

『新月の光』下巻、361ページ「○霊界物語は皆日本の事」
 九回読んだらだいわかっただろう。『霊界物語』はみんなにっぽんことである。アメリカやいんの事にしてあるが、皆日本の事である。今までしんじゃだましてあったのや。真面目にひっしているので、あまりしいのでわらっていた。(中略)そんなこと判ろうものなら大事件になるから判らぬようにいてある。(しょう21年3月22日午前9時)


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。