『大本神諭』 明治35年旧3月8日/竜は耳が聞こえぬ

○明治35年旧3月8日(天の巻)

 さんぜん世界せかいしんかい現界このよとのおほたてかへであるから、いでかみさまあらためいたしてれば、この世はさっぱりやみに成りてゆえに、結構けっこうまことことを、ながらくのあいだ ぐちなおろうりて、エライ気苦労をさして、「んでも大革正たてかへはやいたして、神もぶつじんみんも、はやく致したい」とおもふから、いんねんある身魂みたま出口でぐちなをに、ながらく苦勞くろうをさして居るぞよ。出口でぐちなおは、このてからの苦労はいちばんかるい苦労であるが、それでもこれだけの苦労であるぞよ。昔の神世かみよからのつみふか霊魂みたまであるから、なんべんいきかはしにかはり苦労をさしたのは、今度こんどようたてしんかいぐみであるから、今度はつとげねば、なお霊魂みたまは神界からゆるしてもらえんのであるぞよ。あまり世界がわるびらけにひらけて、つけやうが無い様にみだれてしまふて、苦しむ人民がたっぴつ出来できて居るから、一年なりとあくちぢめてはやへてこんりんおう弥勒紋章01 〕のいたして(※1)みなの人民をくしてやりたさに、うしとらこんじん出口でぐちなおこの苦労であるぞよ。人のらん苦労ともうことは、今度の事が申してるのであるぞよ。たれたのみたのでも無し、このほうあまながらく苦労を致したので、世界の人民がながい苦労を致すのが、可哀想かあいそうらんから、けてこの世をまもりて居りたなれど、かげ守護しゅごではモウかんから、今度は表面おもてあらはれて、てんさんたいおほかみゆるしをいただきて、三千世界をかまやくりたぞよ。うしとらこんじん出口でぐちかみ〔 神 〕と成りて守護しゅごありすと、世界の物事がはげしく成りて、なにの様子がかはるぞよ。これまでぞくでありたから、き守護は出来できてはらんぞよ。
 これからうしとらこんじんが、世界の事をひとわかるやうにふでさきかしてらしてやるが、なにわからん利己主義われよしの人民は、またるくるのであらうが、すいしょう霊魂みたまみがけば、神のまをすことが判り出すぞよ。何をまをしても、くらがりのそだちた盲目めくら聾者つんぼ(※2)じんみんばかりであるから、わかかけが致さんので、神はモウたすやういなれど、らうことなら、ふてきかかして、一人でもけいに助けたいとおもへばこそ、たてかへばしばし致してれば、またあくしゅじん退かぬにくたいの人民が、「ふでさきうそでありた」ともうして、エライ不足ふそくやら、神のわるくちを申して居るなれど、ソンナあさ経綸しぐみは致して無いぞよ。世界の人民よ、いちにちも早く心をへて、もと赤心まごころたちかへりて、しんこくおしへじゅうぶんはらめてよれ、あまり大きな間違いやら取違〔 とりちがひ 〕で、いたくちふさがらんことるぞよ。




(※1)
○「金輪王の世に致して・・・」
世を救ふ ろくの神の 標章みしるしは まるじゅうかむさだめなる(出口王仁三郎聖師、霊界物語第1巻余白歌)
○上野公園さん『神言会・大本教神諭解説』より「第十一章、森羅万象ことごとく」より『節分の煎り豆に咲く花は』。


(※2)
○王仁三郎著「竜は耳が聞えぬ」(月鏡、昭5/2)
りゅうみみいてつんぼむが、竜はみみきここえぬものである。竜はしんかいぞくしてるから人間の言葉はつうぜぬ。神様の言葉でなくては聞えぬのである。だから普通の人に風雨を叱咤しったするちからい。神界につうずることたまもちぬしのみが竜に命令し、天然現象を自由にしる権能をもってるのである。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる