『大本神諭』 明治34年旧8月6日/七福神

○明治34年旧8月6日(火の巻)

 出口に五十日のあいだ続いて、き事もるき事も、気にさはる事もかかしてあるから、御気おきさはる人はぐちうらめてくださるなよ。みな うしとらこんじんが出口の手をりて書くのであるから、何事も皆るぞよ。かいちょう〔 王仁三郎 〕が帰りたら、ふでさきこまかういて皆にきかして下されよ。この世をこのままにしていたら、モウともぐひいたさなけんやうに成るぞよ。このみぐるしき世の中をたてかへいたすについては、今度の四人のだびだち旅装こしらへも、チトいんねんのある事じゃ。く見ておいて下されよ。四方藤太郎殿は、この事をかきたおめておいて下されよ。れがこんりんざいをはりで、世の立替のもとはじまりじやぞよ。く見ておいて下されよ。なにかたちをして見せるぞよ。かがみふのは、うしとらの金神のもとりた事は、善きもしきも世界にみな有るから、れで「ぐちは世界のかがみ」ともうすのじゃぞよ。ほかの教会とは違ふから、なにむずかしきのじゃぞよ。かはりに、この事がわかりて来たら、世界のほかに無いことじゃ。今はもの、こんな事を申すで、人がきちがひと申すのじゃが、この化け物も時節じせつまいりたらあらはれるぞよ……。

 いままでは、世界をこしらへた神は、世に落ちてりたなり。人民が神にりてりたから、この世がさかさまに成りて、運否うんぷひどうて、世界はくらがりでありたぞよ。かみに成ればみなそろうて良く成るぞよ。これだけ世界に運否が無いはずじゃ。おなじ神のみたまなれど、世がさかさまでありたから、神がろう致したぞよ。うしとらの金神がてんの守護を致すやうに成りて、なにごとこのほう免許ゆるしを出したら、ほかの神様はひとつもてんたれん事に成りて居るなれど、神界にはぞんき神様もあるぞよ。これも神がながらく苦労いたした、とく凝固かたまりであるぞよ。出口にながらく苦労をさしたなれど、モウあけからすちかよりたぞよ。モウつらぬきたぞよ。のどから血の出るうな目にはしたなれど、今度モひとつ御用を聞いてくださりたならば……。

 まだ行くところはあるなれど、結構な所ばかりじゃぞよ。天下泰平に世を治めて、あとは「しちふくじんらくあそび」と成りて(※1)、良き世にいたすに、これだけの苦労をしたり致したり、かはりに、世界中を良く致すのじゃ。それにるくもうすのが、世がくもりて居るのじゃぞよ。



(※1)
○「七福神」 玉鏡(昭9/1)
 しちふくじんは神のあらゆる美徳びとくをあつめたものである。これまでのだいこくは仏のだいこくてんのことで、おほくろぬしのことである。本当は素戔嗚尊の御子 おほくにぬしのみことのことである。大国がつちをもってゐるのは土地開発の意味である。が「たい」をかかへてゐるのは、こくたい保護ほごの意味である。寿じゅろうじんちょう寿じゅを表はしたものである。ふくろく寿じゅは長者をあらはし、人を支配しはいするのである。あたまの長いのはかしらの象徴である。ていは太腹でつえをもってゐるのは、人を指揮することを意味してゐる。べんてんは芸術の神である。それで琵琶びわをもってゐる。しゃもんは武力をあらはしたものである。〔 七福神のおひとはしらしゃもんてんと云ふ方はたけみかづちの神様の事である(歴史談片 月鏡 昭4/2)。 〕

テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる