『大本神諭』 明治31年旧12月26日

○明治31年旧12月26日(天の巻)

 ぐちなおに明治廿年にもうしてある事、「このたいもう経綸しぐみいたしてることを、世界に一人ひとり知りてる」と言ひ聞かしてろうがな。この事がわかりてるぞよ。まことひと〔 靈止 〕はこしららへてるから、まことの人がんとわからんぞよ。の人が出て来たなれば、すぐにわかるぞよ。
 こんこう殿のとりつぎ えらさうにもうして居りても、まことかたいでなさりたなれば、うしろりてあたまいてる事が出来るぞよ。仕組しぐみいたしてる事であるから、こんじんは結構でれども、気の毒なのは金光殿の取次であるぞよ。これほど こんじんが気をけても、まんしんいたして金光殿の御骨折おほねおりを無視むしに致して、まをしわけを致すのじや。金光殿へ気の毒であるぞよ。これみな慢心から、慢心致せばはんぞよ。今ではうしとらこんじんべつものうに申して、敵対てきたうて御座ござるが、全然さっぱり世の調あらためを致して、あらたまりての世に致すのであるから、今迄の事を致して覇張はばりて居りても、なにらぬぞよ。
 神の道では、教役者とりつぎみなとうもくいたして居るものは、チトりょうけんが違う事に成るぞよ。うへしたかへるぞよ。気の毒な御方おかたが出来るぞよ。あまり慢心を致して、自分われほどのものはうに思ふて居りても、世がかはるから、こんじんが守護致して居るから、まことの者にかかりて、経綸しぐみが致して在るぞよ。これからちからくらべを致すぞよ……ながらく経綸しぐみいたしたことはじまりで在るから、まことひと西にしひがしたちけて、この金神がかかりてようがさしてるぞよ(※1)。この事がわかりてるぞよ。この事わかりてたなれば、三千世界が一度いちどひらくぞよ。「さんぜん世界せかい 一度にひらうめはなこんじんるぞよ」と、出口なおしょっぱつかしてろうがな。
 時節じせつちかよりたぞよ。ながらくの仕組しぐみの致して在る事であるから、わかりかけかけたらはやいぞよ。今度は三千世界のたまあらためで在るから、全然さっぱりこの転覆ひっくりかへるぞよ。だいしんぱいんならんかたが出来るぞよ。まんまつだいもちりには致させんぞよ。けれども綾部あやべここのはないたなれば、万古末代しほれぬはなるぞよ。ここのはなはじまりで在るから、なかなかわからねども、モウわかるがちかうなったぞよ。




(※1)
○「誠の人を西と東に立別けて、この金神が懸りて御用がさして在るぞよ」
上野公園さん(神言会・大本教神諭解説)「人に内在する良心神」ブログ「より
『新地球は「瓜二つ」でも、みろく世に行く魂は双生児(ピーナツ)』

『大本教神諭予言最大の謎は一厘の秘密ではなく、一つの魂を東西に立別けて』


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる