スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『大本神諭』 明治26年・・・月・・・日/玉/大地の変動/真神様の言うべきこと/日本は世界の胞胎/東京へ攻めかけるぞよ

○明治26年…月…日(天の巻)

 おてらしはいったい〔 私註:三千世界をあまねらして統治おさめる、しんせいあまてらすすめらおほ御神みかみ 〕、ななわうはちわうも王が世界にれば、この口舌くぜつえんから、日本のしんこくひとつのわうおさめる経綸しぐみいたしてあるぞよ(※1)こくけものの〔  〕であるから〔   〕にいたすぞよ。この日本はしんこくであるから、にくじきなぞはらぬくにを、あまけがして、神はこのの世にれんやうにりたぞよ。世界せかいじんみんよ、かいしんいたされよ。もとむかしもどすぞよ。ビックリばこくぞよ。神国の世に成りたから、つよきものはかみ御役おやくてるぞよ。いままでと日本がたちわかれてりたが、神がおもてあらはれて、てんじくも一つにまるめて、まんまつだいつづく神国に致すぞよ。うしとらこんじんこのえんあらはれるぞよ。
 世界せかいおほきな事やかわりた事がるのは、みなこのこんじんわたはしであるから(※2)、世界の出来事を考へたら、神の仕組しぐみわかりて来て、まことの改心が出来るぞよ。世界にはまことものを神がりてるから、だんだんけっこうわかりてるぞよ。ざましもるぞよ。またしき目醒しもるから、世界の事を見ていたされよ。あらたまりてへるぞよ。いままでよかりたところはチトわるくなり、わるかりた所はくなるぞよ。日本はうへへおつちあががるぞよ(※3)。外国はおつちさががりてうみとなるぞよ。これ時節じせつであるから、ドウもいたしやうが無いなれど、一人ひとりなりと改心をして、世界を助けたいと思ふて、天地てんちもとおほかみへ、うしとらの金神が晝夜ちゅうやわびを致してるぞよ。

 このかみあっぱれ表面おもてりたら、世界をすいしょうの世に致すのであるから、いたしたものからはやいたすぞよ。水晶の神代かみよに成れば、この世は思ふ様になるぞよ。水晶の霊魂みたまあらためて神が御用ごように使ふぞよ。身魂みたまあらためを致して、神がつなけるぞよ(※4)。綱 けたら神は離さぬぞよ。この日本は結構けっこうな国であるぞよ(※5)もとかみじきじきわけみたまさづけてあるから、外国の霊魂みたまとは、一段も二段もうへ身魂みたまであるぞよ。こともそのとおりであるぞよ。(※6)それに今の日本のありさまは、全然さっぱり外国と同じ事にくもりてしまふて、しんこくばかりに成りて居るから、もと先祖せんぞの神はくやしいぞよ。

 これから世界中しんこくいたして、世界のかみも ほとけも 人民も、いさんでくらさすぞよ。神、仏事ぶつじじんみんなぞの世界中のせんたく〔 選択 〕いたして、此世このよかへすぞよ。しんじんつよき者は助けるぞよ。 きものはどくながらなほしで(※7)。神は気をけた上にも気をけるぞよ。モひとツ世界の大洗濯を致して、こんぽんから世をたてなほすから、世界が一度いちどに動くぞよ。とうきょうめかけるぞよ(※8)あや守護しゅごいたしてあるぞよ。あとはくなりて、綾部をみやこと致すぞよ。綾部に天地てんちかみがみのおみやてて、さんぜん世界せかいまもるぞよ。世界がウナルぞよ。世界はうへしたかへるぞよ。この世は神国の世であるから、こころたねば、あくではながうはつづかんぞよ。こんじんの世になればどんなことでも致すぞよ。めずらしき事が出来できるぞよ。




(※1)「一つの王で治める経綸」
○出口王仁三郎著「玉」(月鏡、昭和5/3)
たまおうおう、キミ〔 君子くんし 〕のキミということである。しょうぎにも ちょぼ をうった〔 こまきざんだ 〕おうぎょくこま 〕と、ただおうふたつある。


(※2)「皆この金神の渡る橋であるから」
出口王仁三郎聖師と出口日出麿師を囲む座談会/第三回 国家の将来
聖師「国家の将来なんてチャンと筆先ふでさきに書いてあるじゃないか。読んだらわかるわい」
林 「読んでわかる様だといいんですが、それがどうもハッキリわかねまして・・・」
聖師「御筆先にちゃんとみなている。あの筆先とうものは実に尖端せんたんなハイカラものや、解釈の仕様にっては、左傾かしらと思われる様な事もある。『ますかけきならす』とか『世界にある事はみな神がおもてに出る足場あしばだとも書いてある。神様とふおかたは時にはんかん苦肉くにくさくをやられる。神様も決して正直ばかりではない。世の中を救おうと思われるといろいろの策をやられる。反宗教運動等も、そのために神さんがさしているのだとも見られる。何もさう心配するな。『神の道のとりつぎつらくなるぞよ』とあるが、今からは余程しっかりせんならん。『とどめかみ』とも書いてある。大本の青年は神さんがあっぱれ世に出られるまでの御用や。トドメかみるまでの、つまり云ふたら保護する所の青年はかきじゃ。それになったら良いと思ふ」


(※3)「日本はお土が上がるぞよ」
○「大地の変動」(日本は大陸の真ん中に) 新月の光 下巻(昭和19年4月11日)
『霊界物語』にきんぎんひかところとあるのはりうぐうじまの沈んだところである。大地の変動は陸の肥料ひりょうが流れてたままっているから、それをあげげるのである。『大本神諭』に日本はおつちがるとあるが、になれば大陸のなかになるのである。○○○○あたりは沈むかも知れない。人口がすくなくなるから大陸がすくなくなるというようなことはない。


(※4)「綱をかけたら…」
○「真神様の言うべきこと」(新月の光)上巻(昭和17年12月22日)
真神まがみ様は昭和十年までに、言うべきことは言ってしまってあるから、は何もせずただあそんでいるのである。あちらのかみがかり、こちらの神憑にまようのは二君にくんつかえることである。昭和十年までに入信して難関を突破したのが、真の信者である。それに迷うものは、ちょうられる。昭和十年までに入ったのが真の信者である。


(※5)「結構な国であるから」
○出口王仁三郎著「日本は世界の胞胎」(月鏡、昭和5/6)
日本は世界のあたってって、世界の地形は日本のそれと相似形そうじけいをして居るといふ事はたびたび話した事である。すなわち日本は五大島からなり、世界は五大洲からなってをり、その地形もそっくりそのままである。九州は阿弗利加(アフリカ)に、四国は濠洲(オーストラリア)に、北海道はほくべいに、台湾は南米に、本洲はおうの大陸にそれぞれ相当しておる。紀伊きいの国はアラビヤに、は裏海(カスピ海)に、大阪湾はこっかいに、伊勢いせの海はアラビヤ海に、駿河するがわんはベンガル湾に、津軽つがるかいきょうはベーリング海峡に、湾はオーストラリア大湾に、半島はスカンヂナビヤの半島に、ないかいは地中海に、かんもん海峡はヂブラルタルの海峡に相当する。〔 私註:日本神話でてんそんこうりんがあったのは九州のたか千穂ちほきりしま山附近で、ここから神武じんむ天皇はおおいた宇沙うさて東征となる。人類史的には、現人類はの東部火山地帯(大地溝帯)で発生し、エチオピア(九州では大分附近)を経由して全地球に拡散進出した。 〕
これはほんの一部分をしめしたにぎないが地名を言霊学で調べて見ると、小さな町や村に至るまで皆同じである。日本国内では鹿児島県のおおしままた日本の縮図であって、すべてが相似形をして居る。またそれの土地におこる種々の出来事も、相応の形をとって起るのである。単に土地のみでは無い、人の体もまた相応して居るので五臓ごぞう六腑ろっぷは五大洲に同じやうな形をしてるのである。
 あのネーブルというくだものがある。エボのところにおおきなへそがあって、むいてみるとおなじような形をしている。あたかも小日本がだい日本(世界全体)と相似形をしているのと同様である。不思議なことには、このネーブルは、日本に移植いしょくされると何時いつのまにかへそがなくなってしまう。こころなきネーブルさえも、日本が世界のおやぐにであるということを知っていて、日本に帰ると、日本、外国の区別はいらぬとばかりに、へそをなくして世界統一の形を示す。しんもんはネーブルを横に切ったくちかたちだと、わたしは神様から聞いている。日本とふ国は、不思議なとうとくにである。


(※6)「言葉もその通り」
ことたまの あまくにたふとさは かみこえながらにく(霊界物語第三巻余白歌)


(※7)「お出直しでござる」
○出口王仁三郎著『惟神の道』 「昭和神聖の意義」より
・・・しからばドうしたならば吾々が信仰に基く正義に毅然として立つことが出来るか。いわく、吾々が「真誠」の心に立帰ることである。真誠は神より発して又神に帰するものである。真誠は力の根源である。内には不撓不屈の精力となり、外には萬有を化育する威力を発揮する。かくて吾々が信仰に正義に立ち、真誠より発する力を得ることに依って始めて天下を動かすことが出来る。
神の国とは力と正義が並行する国である。皇道国とはまた力と正義が並び存する国である。吾々は日本を強くせねばならない。世界一の強力なる国家とせねばならない。と同時に我国を正義の国すなわち信正の国家となさねばならない。だが力のみを養成して信正を立てず、或いは力を主として正義を従とすることがあるならば、それは体主霊従の邪道で必ず『お出直し』をせねばならないこととなる。余(王仁三郎)は昭和神聖会会員が「昭和神聖」の真義に徹して、以て皇業を翼賛し神聖世界の完成に邁進せむことを祈るものである。〔 注:大東亜戦争の結末を預言しています 〕


(※8)「東京へ攻めかけるぞよ」
○出口王仁三郎著「神諭の九分九厘」 玉鏡(昭6/7)
神諭しんゆにあるりんといふのはせんそうことのみでない。あらゆる事におこってくるので、いちりんでひっくりかへすのであるから、人間でへばせんにんたい一人ひとりの割合になる。これが千騎一騎の働きである。「とうきょうめかけるぞよ」ともあるが、もし惡魔が東京に攻めかけて〔 註:王仁三郎聖師発言にあるように、軍隊同士の戦争いくさのみならず。経済戦・言論戦・政治戦・選挙戦も含む 〕首都しゅとあやふきそのときは、きみおんくにめ、男も女もおいわかきもよう神旗しんきててけんめいかつどうせねばならぬ。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。