壊された白狐は何を告げるのか?

2016年(平成28年)12月11日(旧暦11月13日)、福岡県で日本の警察は、一人の男を逮捕しました。

神社のキツネ像壊した疑い、韓国籍の男逮捕(河北新報) - Yahoo!ニュース
『神社の石像などを壊したとして、福島県警白河署は12月10日、器物損壊などの疑いで、韓国籍の住所不定、無職チョン・スンホ容疑者(35)を逮捕した。福島県内では神社や寺で同様の被害が相次いでおり、同署が関連を調べている。逮捕容疑は12月9日夜、同県泉崎村泉崎のからす峠稲荷神社で、キツネの石像2体を損壊。さらに拝殿と本殿に侵入し、キツネの木像1体などを壊した疑い。
 同署によると、一連の被害を受けて捜査していた署員が10日正午ごろ、白河市内の国道4号を1人で歩いているチョン容疑者を見つけ、職務質問すると、「キツネ壊した」と容疑を認めたという。パスポートを所持しており、11月に入国したとみられる。 県内では福島、郡山、須賀川各市などで、神社や寺の石像が壊されているのが相次いで見つかっている。被害は計10カ所以上で確認され、壊された石像などは約100体に上る。いずれも倒されたり、地面にたたきつけられたりしたとみられる。』

以前、このようなニュースが報道されました。『仏像損壊90体か 須賀川・郡山で被害届け、同一犯の可能性(福島民友新聞) - Yahoo!ニュース』 。12月5日には、福島県須賀川市桙衝字亀居山のほこつき神社(御祭神、日本武尊やまとたけるのみことおよび建御雷命たけみかづちのみこと)でも、破壊活動が行われています。

○続報。『福島の地蔵仏像破壊、119体に 韓国人容疑者逮捕で関連調べる 朝日新聞デジタル | 執筆者:朝日新聞社提供』(HuffPostJapanより)
△(引用開始)「許せない」。10日に墓地の地蔵7体と石灯籠が倒されたり、壊されたりしているのが見つかった泉崎村のがんでは、住職(65)が怒りをあらわにした。 住職によると、墓地の地蔵は、幼くして亡くなった子どもの供養のために建てる家が多い。「地蔵には、身内を守ってくれるようにという人々の願いが込められている。そんな気持ちを犯人は知っているのか」
 雪の日に道端の地蔵に笠をかぶせて恩返しを受けるという「かさ地蔵じぞう」の昔話は、福島県内でも各地に伝わる。被害が多発する須賀川市の隣の鏡石町には、「笠地蔵」と呼ばれる碑が笠石地区にあり、町の指定文化財になっている。 先祖代々「笠地蔵」の保存に尽力してきた遠藤栄一さん(78)によると、笠地蔵は昔から「子育て地蔵」とも呼ばれていた。住民らは「子どもが丈夫に育つように」と手を合わせ、年2回の祭りがある。「何の目的で、どんな気持ちでやっているのか」と憤る。(以下略)



各ニュース局は「キツネ像を壊した」と報道しています。が、違和感を感じます。なぜ正式な名前を報道しないのでしょうか? この狐は動物けもののキツネにあらず、白狐びゃっこといいます。神様の御使い(眷属)です。稲荷いなり大神の命令に従う、霊的な存在です。一般的に、稲荷神=白狐と思われておりますが、そうではありません。あくまで、白狐は稲荷大神の部下、兵士です。普通の神社の入り口には狛犬こまいぬが鎮座していますが、稲荷系神社だと、白狐が鎮座していることもあるのです。 『伏見稲荷大社HP

『白狐』について詳しく学びたい方は、神之公園さん(神言会・大本教神諭解説)の『白狐の霊界物語』を御覧になってください。いちはや年(明治25年)2月3日節分を端緒とする、三千世界の立替え立直し最後の審判。その時、白狐達は真の天照皇大神の「かんぐん」として『維新いしんです! 御維新です!』と、まるに十字のろくもん(  )を掲げて宣伝すると言われています。(人に内在する良心神ブログ、私は白狐かえ?)。 前回のブログでも書いたとおり、『世界に大きな事や変りた事が出て来るのは、皆この金神の渡る橋であるから、世界の出来事を考へたら、神の仕組が判りて来て、誠の改心が出来るぞよ。』 何が起きるのでしょうか?



今年の漢字は「金」 リオ五輪、政治資金問題、PPAPなど(オリコン) - Yahoo!ニュース

その年の世相を漢字一文字で表す師走恒例の「今年の漢字」が12月12日発表され、「金」に決まった。この日午後2時過ぎ、京都・清水寺で森清範貫主が縦150センチ、横130センチの越前和紙に広島県産の熊野筆で力強く揮毫きごうした。
はがきやウェブサイトを通じた公募で決まる「今年の漢字」は、12月12日(旧暦11月14日)の「漢字の日」に一年を振り返り、漢字一字に込められた奥深い意義を再認識する機会を持つことを目的に始まり今年で22回目。
2016年(平成28年)は、15万3562票の応募があり「」が6655票。リオ五輪の「金」メダルラッシュや前東京都知事の政治資金問題“政治とカネ(金)”、イチロー選手の通算3000本安打達成など「金」字塔、PPAPの「金」色の衣装などが理由に挙がった。

・・・このタイミングで「きん」が来ました。
こんじんきんうしとらの金神、国常立尊の「金」です。

大本神諭(天の巻)『明治26年…月…日』

世界に大きな事やかわりた事が出て来るのは、皆このこんじんの渡る橋であるから、世界の出来事を考へたら、神の仕組しくみが判りて来て、誠の改心が出来るぞよ。世界にはまことの者を神が借りて居るから、だんだん結構がわかりて来るぞよ。目醒めざましも有るぞよ。またしき目醒しも有るから、世界の事を見て改心致されよ。あらたまりて世を替へるぞよ。今迄よかりた所はチトわるくなり、悪かりた所は善くなるぞよ。日本は上へおつちあががるぞよ。外国はお土がさががりて海となるぞよ。コレも時節であるから、ドウも致しやうが無いなれど、一人なりと改心をさして、世界を助けたいと思ふて、天地の元の大神様へ、うしとらの金神が昼夜に御詫おわびを致して居るぞよ。

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる