スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丑寅(牛虎)の守護神様


 静岡県はまの岸辺にかんざんという御寺おてらがあります。こうぼう大師だいし開創と伝えられる、平安時代より続くゆいしょある寺でしたが、明治時代のはいぶつ毀釈きしゃくにより廃寺となります。その後、秋葉あきばさんじゃくぼうだいごんげんとの御縁ごえんにより、そうとうしゅうの寺として再興しました。
 舘山寺のほんぞんは、うしとら〔 北東方向、すなわち鬼門きもん 〕の守護仏、ふくいちまんがんぞう菩薩ぼさつ様です。 虚空〔 〕とは、さまたげるものく、無限むげんの空間を意味する仏教語です。丑寅〔 うしとら 〕の虚空蔵こくぞう菩薩ぼさつ様は、無限の知識と慈悲をもち、知恵と福徳をさずけてくれる仏様とされます。その舘山寺の本堂のわきに、以下のような詩がかかげられていました。



○『ひかかがや虚空こくぞうさま』 作:坂村真

 ひかかがや虚空こくぞうさま あなたと私とは

  ちいさい時から むすばれておりました

 わたくしたちは こくんぞさん、こくんぞさん とって

  あなたをしたい 勉強のできるようねがいしました

 あなたは子供たちがきで やってきたものたちに

  御手おんてはなを ひとひとくださいました

 そして しぼまぬうつくしいはなを かせるんだと

  みんなのこころに えつけてくださいました

 ひかかがやぞうさま 世界せかいそらを もう一度いちどきよくしてください

  一人ひとりでもおおくのものに あなたのねがいをびかけてください



 虚空蔵菩薩様とは、うし年ととら年の守護仏とされます。十二支でうしとらの方角とは、北東方向。日本のとうほく地方をみちのくと表現します。俳人松尾まつを芭蕉ばしょうしるした「おくほそみち」の『 みち 』とは「未知みちの道〔 』」。方位学で、うしとらほくとう 〕の事を鬼門きもんと云いまして、綾部あやべ出口でぐちなお開祖を通じてしめされた神の名前は、此世このよこしらえこんぽんの元津神、うしとらこんじん様でした。そしてぞう菩薩ぼさつ様は丑寅〔 うしとら 〕の守護仏。出口直開祖のふでさき曰く、いままで日本の神はぶつに成っての守護しゅごであり、本来のしんりき発揮ふるうことが出来なかった。
 いっさいの「 くう 」をつかさどるとは、すなわちはんにゃしんぎょうの「色即是空 空即是色」そのものです。「 くうさとる 」=悟空ごくうとはさんぞう法師ほうしともたるそん悟空ごくうつながります。その三蔵法師がもとめた「 お釈迦しゃか様のさとり 」をまっぽういて、「 まことしるし〔 言葉が成る 言+成=言成まこと仕組しぐみ 〕」をもって教える存在が、弥勒みろく菩薩ぼさつにょらい 〕であります。明治時代にこつぜんとあらわれたうととらこんじんは、綾部の老婆出口でぐちなおを通じては「綾部あやべからここのばな」をさけびました。『まこと経綸しぐみ言葉九十八る誠の漢字』をもってひもうしの糸〔 意図いと 〕)けば、お釈迦様のさとりと弥勒〔 おほかみうしとら(牛虎)(東北)(うしとら)(鬼門/陸奥/みちのく//未知みちたるみちこんじん=国常立尊様〔 くにとこたち御言みこと 〕が連動している事がわかります。『神言会・大本教神諭解説

 ぞう菩薩ぼさつ様が、御手に持っていたはなとは、何の花なのでしょうか? 人間のこころしおれぬはなとは、何を意味するのでしょうか? ぞう菩薩様、その「 ぞう 」を「 くら 」と呼びかえれば、九良 〕と変換できます。県でわかるように、「りょうしん」の「 」でと読みます。綾部あやべからここのばな、三千年に一度ひらくうめはな



大本神諭 明治36年旧6月4日
今度こんどあやおほもとはなは、むかしからの苦労くろうかたまりであるから、いたら万古まんごまつだいしほれぬはなであるぞよ。めずらしき、世界せかいにまたと結構けっこうはなであるぞよ。世界のおほもとたいもうところが、こんな粗末そまつところであるから、今からうれしいやうな事をしてせたら、人民ともうすものはちかよくなものであるから、「けっこう」と申してみなりてるなれど、はやくやうなはなは、るのもはやいぞよ。



 さんぜん世界せかい一度いちどひらうめはな ひらいてりてむすぶ 月日つきひつちおんれ。 斯世このよすくいきがみたかあまはらかむつどふ。かみ現世おもてあらはれて、ぜんあくとをたてわける。
 いちはや年より出口開祖様がウシトラのこんじん様の警句をげられてから、はや年。
 三千世界のたてかえたてなおし、おおとうげがやってきます。うえしたへの大騒動。


スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。