『大本神諭』について

h25feb01a筆先

西暦1892年(明治25年)旧正月/新暦せつぶん2月3日夜、京都丹波たんば地方の田舎町綾部あやべで、極貧生活を送る57歳の出口でぐち なおという未亡人に、うしとらこんじんを名乗るたたり神が、かかられました。直さんの出口家は、既に帰幽きゆうした放蕩家ほうとうかの大工のおっとによって完全に没落していましたが、娘や息子達はとついだり手に職をつけたりと、徐々に明るいきざしも見えはじめていました。しかしうしとらこんじん帰神きしんによって出口直さんの生活はすべていっぺん、神の預言よげんしゃとしての第二の人生がはじまったのです。

出口直さんにかかった艮の金神は「さんぜん世界せかいたてかえたてなおし」をなおさんの口を借りて叫びましたが、なおさんが「叫ぶとキチガイ扱いされます」と神様に訴えたのと、こうとうの発言では証拠が残らないという理由により、半紙にすみで神様の言葉を無心に書きつづりました。このふでさきを、ナザレのイエスやお釈迦しゃか様に匹敵するといわれた稀代きだいの霊能力者・出口でぐちさぶろう( 出口直さんの娘婿 )が取捨選択・編集して、大正時代の日本に発表したのが、私達が知るところの『おおもとしん』です。王仁三郎聖師は、"うしとらこんじん"の本名は、日本神話で隠された創造神/国祖神 くにとこたちのみこと様だと審神さにわ(出現した神の本当の名前やしょうたいを識別し、正義せいぎかみじゃあくかみかをしんぱん・判定すること)しました。そしてなおさんは国常立尊様のわけみたま、自分はとよくもみこと(国常立尊様の妻神)の分霊だと発表しました。王仁三郎聖師の元で、大本教は公称信者100万人に至るまでにはってんします。

しかし皇室関係者や陸海軍将校までが信者となっているとあらば、あらひとがみ・天皇を頂点とする世界有数の宗教国家・大日本帝国が大本教の存在を許しておくはずもありません。いかなるカリと霊能力があろうとも、宗教国家の権力には勝てず。1935(昭和10年)12月8日以降の第二次大本事件で大本教はかいめつ、出口王仁三郎とすみ夫妻は7年ちかく刑務所に放り込まれました。1942年8月7日、第二審で治安維持法無罪判決が出て王仁三郎・澄子夫妻は保釈ほしゃくされます。同日、奇遇きぐうにもアメリカ海兵隊はガダルカナル島に上陸、泥沼の消耗戦に巻き込まれ大日本帝国の崩壊は加速してゆきます。1945年、大日本帝国は無残に敗北、大日本帝国と大本教は、まるで一緒にしんじゅうしたような結末を迎えました。

出口王仁三郎聖師は1948年(昭和23年)1月19日に亡くなり、カリスマを失った大本教はすい退たいしました。一方、王仁三郎聖師の手法は、弟子達がぎます。王仁三郎(大本教)は、独立した弟子が教祖さんになるのも特徴的でした。代表例だけでも、浅野あさのさぶろうさんは日本スピリチュアル協会(江原えはらひろゆきさんの系譜)、谷口たにぐち雅春まさはるさんは「生長の家」、岡田茂吉もきちさんは「世界救世教」(世界真光文明教団/崇教真光系)、植芝うえしば盛平もりへいさんは合気道、岡本天明てんめい氏は日月神示ひつきしんじなど、それぞれの開祖や集団のリーダーとなり、これらは現在でも一定の勢力と影響力をほこります。こうして王仁三郎聖師や弟子達の活動により、出口なお開祖と大本神諭は忘れられてしまいました。

しかし、王仁三郎聖師は「三千世界の大化物」と大本神諭(国常立尊様)にわれる規格きかくがいの、じょうしきはずれの、トンデモない人(※1)。歌人でもあった彼は、第二次大本事件を回顧かいこした歌集の中で、『大本神諭』について以下のような和歌わかを残しました。

問題にされたる霊界物語は皆御神諭の義解にぞある
筆先は神々教祖に懸られてしるし玉ひし神言なりけり
霊界の守護神または精霊を教へ玉ひし神諭筆先
御神諭は毛筋の横巾も違はぬと月座の教祖は宣らせ給ひぬ
また一つは現界人に警告を与ふるための厳の神筆
人みなを昔の神の大道に改めたまふ神諭の主意なり

善心で読めば善なり悪神で 読めば怪しく見ゆる筆先

勝手なる解釈を絶対に許さざる筆先なれど曲解せる犬
霊界の邪神に対する警告の神諭を不逞不敬とする曲
月の座に起りし凡ての出来事は世界の型になるとの御神示
御神示は一切万事実現し世人の驚く時来るべし
御神示に毛筋の横幅違はぬと神の実在証し給ひぬ
神諭(ふでさき)はきたりきたりと実現し人の改心促し給へり



○出口王仁三郎著「水も漏らさぬ経綸」 玉鏡(昭7/8)
 たいもう、大望、と御神諭にあるうしとらこんじん様、三千年あまりての經綸しぐみまくも切っておとさるる時機じき次第しだいちかづきつつあるのであるが、この大神業は人間の想像の範囲はんいだっした目覚めざましいものだとかんがへらるる。このことを知りたものが世界にたった一人ひとりある。らすと出口なおでもあまりのおどろきとうれしさとにこうがいするによって知らせてない」もうされてる……。
 王仁わたしはかつてわずか金五十銭をもって金龍殿建築に着手したのであるが、周山の山奥でふとたヒントは王仁をしてミロク殿、黄金閣と、次へ次への建築を成就じょうじゅさす動機となった。 王仁が山の辺に立って一服いっぷくして居ると、樵夫きこり達が杉の丸太を伐り出していかだとすべくしもへ下へと流して居る。流すといってもチョロチョロとした細い渓流で、太いはしを流すにやっとぐらいの水量である。どうして太い丸木を流す力などあるもので無い。そこで見て居ると、樵男達はその渓流に一つのせきを造った。だんだんと水がたまって杉丸太をうかべるによい量となると、やがて材木をころがしむ。そして一度に水を切って落すと、ほとばしる水勢によって丸太は勢いよく流れ出す。かくて一本 二本と流し、なりの数に達した時、また第二の堰を切って落す。かくのごときものをたびかさねてついに本流にと流し出し、そこで筏に組んで悠々ゆうゆうたる大河へと運び出す。はしを流すにも足らぬチョロチョロ流れも、おいて、時はゆうに大きな材木を流し出すちからとなる。
これだ、王仁はかうしたことに教へられて、なり大きな建造もまた他の多くの仕事も易々やすやすとやってた。だがさうした仕事はうしとらの金神 国常立尊様の御経綸に比較すると、実に千万ぎゅう一毛いちもうにもあたいせぬことである。
いちあって仕組しぐみと、たびたび神諭に出てるが、例へば三千年かかってめたおほきな湖水のやうなもので、いよいよ切って落さるるとふ事になると、そのいきおいのもうれつさは想像のほかにあるでは無いか。しかも一度っておとされたら最後、めるのにまた三千年かからねばならぬわけである。だから「一度あって二度無い仕組」ともうさるるので、この水溜たるや、ちょっとらされぬ仕組、すなわ『水も漏らさぬ仕組しぐみなのである。
 三千年と云うても実数の三千年では無い、何十万年といふとほ神代かみよの昔からの経綸であるといふ事は、たびたび神諭や霊界物語によってしめされて居る通りである。 大本の神業はつきに進展して、今や全世界にその福音がべ伝へられつつあって、その偉大なる仕事は世人の注目の焦点となって居る。だが、それも経綸しぐみのほんの一部にしかぎないので、此処ここみずたまりがあると云ふ事を知らすめの、ほんのらし水である。神様の御仕事の広大無辺なる事は人間にわかるものでは無いのであるから、かれこれ理屈りくつを云はずに、神様にしたがって信仰をはげむがいっとうである。
 太平洋の中央には深いみぞ穿うがたれてて大きな烏賊いかが住んで居るが、その烏賊いかの大きさは直径が三里もあるのである。足の長さは一里にあまり、時々水面に浮び出てだいなるぎょせんなどを足でからんでグッと引き込んで仕舞しまひ、ゆうゆう海底に沈んで馳走そうにありつくのである。海竜が現はれたなどと云ふのは、実はこの烏賊いかあしなのである。かういふ事を聞いても世人はなかなか信用すまいが、事実である。 古事記の八岐やまた大蛇おろちこうを読んで見ると
 「其眼はほお漿ずきごとくにあかく、身一つにして頭と尾は八つにわかれ、身にはこけひのき、杉の木などおひしげり、長さ谿たに八谷やたに、山の尾八尾にわたり、其腹はことごとくに常に血ただれたり云々」
 ……とあるが、背に木のえた動物なんかすくなくないので、大地は生き物であると昔から云ふが、大きな陸地だと思うてそのうえうまれ、其上に住み、其上をたがやし、しかして其上に墳墓ふんぼを築いて居ると、実は一つの大きな動物の背の上であったと云ふ、おとぎばなしのやうな事が事実となってあらはれて来ないとも限らない。いや実際さういふ動物が何千年もねむったやうにジッとしてて、一つの大きな島だと思はれて居る動物が居るのである。人間の頭にわいたしらみは、其処そこを安住の地としてそこで生き、子を生み、子孫永久の繁殖を願うて居る。それが人間とふ一動物の肉体の一部分であると考へないと同じ事である。かういふ大きな動物が動き出したら、それこそ大変である。へのときには、どういふ事が起って来るかもわからないのである。



『大本神諭』とは何だったのか? 答えが、かみこうえんさんの『神言会-大本教神諭解説』です。『大本神諭』でひんぱんに言及される「綾部から咲くここのはなは苦労の花、まことからいちりんうめはな経綸しぐみ。これがいたらまんまつだいれぬばなであるぞよ。日本はかみくにうしとらこんじんくにとこたちみことが仕組みたりんの経綸、みついちりんてのひらかへして三千世界を立替立直すぞよ。神がおもてにあらわれて、善と悪とをけるぞよ」の” ここのはな ”を解説されています。

[九つ花に咲く一輪の言霊の経綸]

・・・です。本ブログは『大本神諭』全文を掲載しており、原文については、国立国会図書館デジタルコレクションの『大本神諭・天之巻』を御覧ください。

さて、日本人にも馴染みのない国常立尊(くにとこたちのみこと)様とは、どのような神様なのでしょうか? 国常立尊様を主祭神として、本殿でおまつりする神社は、多くありません。最も有名な神社は、先年噴火したおんたけさんおんたけじんじゃ。あるいは江戸城( 大江戸 )総鎮守としての日枝ひえ神社が、おほやまくひのかみ様・なみ之命のみこと様・たらしなかつひこみことと共に、この国常立尊様を、相殿におまつりしています( 日枝神社公式ホームページ )。
 またちまたのブログやホームページでは、「国常立尊は悪神ルシファーだ」とか、「古代日本の指導者だった」とか、「宇宙人の大ボスである」とか、さかんに悪名を宣伝しているかたもおられるようです。ですが、出口なお開祖の大本神諭で国常立尊(くにとこたちのみこと)という御神名に「九二とこたちのみこと」というルビがふられています。上記のふでさきにも『 で九゛ち 』が『 出口(でぐち) 』と表記されています。『 く 』=『 九 (9) 』であることに、異論はないと思います。そこで「が二つ、常に立つ御言みこと」? 九が二つならぶ、並ぶの旧字は"竝"、九を二つ立てて九×九 (9×9)=81文字。

「九の数理盤(お米+うめぼしまる〔 弁当 〕) とこたちのみこと

壱 31 76 13 36 81 18 29 74 11
弐 22 40 58 27 45 63 20 38 56
参 67 04 49 72 09 54 65 02 47
四 30 75 12 32 77 14 34 79 16
五 21 39 57 23 41 59 25 43 61
六 66 03 48 68 05 50 70 07 52
七 35 80 17 28 73 10 33 78 15
八 26 44 62 19 37 55 24 42 60
九 71 08 53 64 01 46 69 06 51

この数列でなければならない理由は、龍宮の乙姫〔 おと 〕様が示しています。龍宮の乙姫〔 おと 〕様の御使いはかめ。そのかめ甲羅こうらきざまれたほうじんを基準にしなければならないからです。



九×九の数理盤(九二常立尊)の数字を色分けしてみます。

31 76 13 36 81 18 29 74 11
22 40 58 27 45 63 20 38 56
67 04 49 72 09 54 65 02 47
30 75 12 32 77 14 34 79 16
21 39 57 23 41 59 25 43 61
66 03 48 68 05 50 70 07 52
35 80 17 28 73 10 33 78 15
26 44 62 19 37 55 24 42 60
71 08 53 64 01 46 69 06 51

九区画を分割し、その中心の数字をひとけたになるまでしてみます。

31 76 13
22 40 58
67 04 49
四〇40=4+0=霊界 

36 81 18
27 45 63
72 09 54
四十五45=4+5=霊界

29 74 11
20 38 56
65 02 47
三十八38=3+8=一十一11=1+1=霊界

30 75 12
21 39 57
66 03 48
三十九39=3+9=一十二12=1+2=霊界

32 77 14
23 41 59
68 05 50
四十一41=4+1=霊界

34 79 16
25 43 61
70 07 52
四十三43=4+3=霊界

35 80 17
26 44 62
71 08 53
四十四44=4+4=霊界

28 73 10
19 37 55
64 01 46
三十七37=3+7=一〇10=1+0=霊界

33 78 15
24 42 60
69 06 51
=6+0=霊界



40(四霊界)+45(九霊界)+38(二霊界)
+39(三霊界)+41(五霊界)+43(七霊界)
+44(八霊界)+37(一霊界)+42(六霊界)
369みろくの世界)

綾部から咲く九つ花九×九の数理盤」は、中心の「41」を経由すれば「」の形を秘める三六九弥勒の経綸。
米の教えは『他(田)救(鋤)すくいて世根よねとなれ』。

51+42+33+50+41+32+49+40+31=369
21+39+57+23+41+59+25+43+61=369
11+38+35+14+41+68+17+44+71=369
01+37+73+05+41+77+09+45+81=369

31 76 13 36 81 18 29 74 11
22 40 58 27 45 63 20 38 66
67 04 49 72 09 54 65 02 47
30 75 12 32 77 14 34 79 16
21 39 57 23 41 59 25 43 61
66 03 48 68 05 50 70 07 52
35 80 17 28 73 10 33 78 15
26 44 62 19 37 55 24 42 60
71 08 53 64 01 46 69 06 51

『縦(立て)に九神、横に九神で八十一神の働きが出ます。これが「九二トコタチ」となるのです。【言霊】です。そして、これに数字をたてよこななめが同じになるように配置してもうあげげます』

日本語あいうえお…と思い浮かべ、あ=1番目、い=2番目、う=3番目…と数えて行くと、41番目に来る文字(言霊)は「"ラ"」となります。「ら」を漢字変換すると、「良」や「羅」や「蓏」が出てきます。巡洋艦「長良ながら」という船や、「」という苗字がありますね? しゃぶつの東大寺が鎮座ちんざするのは、県で、おほきくしめす〔 奈 〕。「ら」=「良」。81文字は日本語のならび。

三六九弥勒経綸しくみ九二とこたち御言みこと(九×九)の中心、『四一41』=良〔 ラ 〕のひかりが四方八方をあまねてららす『あまてらすすめら大御神おほみかみ』(水戸みと〔癸〕のみつくに)。人には魂〔 たま 〕が宿やどり、その中心には創造神の欠片わけみたまが秘められる。そのわけみたまは「良心の叱責しっせき呵責かしゃく」として働くがゆえに、「魂=云鬼=鬼が云う」のは「良心の呵責」だと、言葉ことば仕組しくみりっしょうできます。

ことたまの あまくにたふとさは かみこえながらにく(霊界物語第三巻余白歌)

大本神諭いわく『うしとら〔 艮 〕の金神・国常立尊は、この世の閻魔えんまとあらわれるぞよ』。人間として生きていれば、たましいは如何なる身分であろうと、国籍や人種や身分や職業や学生であろうと、金持ちや貧乏人であろうと、有名人や一般人であろうと、善人や悪人であろうと、ろうにゃく男女なんにょにかかわらず、必ず胸の奥に存在しています。つまり、全人類のたましいの中核には、創造神が閻魔大王という形で活動なされています。えん〔 閻魔 〕大王(日本語41番目の言霊)の善悪正邪の審判はあまねくく公正公平にして、全宇宙・全次元・三千世界に逃げる場所なし。如何いかなる罪も惡も見逃さず、隠れた善行も忘れない。「41」から外周(□)にむけ八方(圀)へ輝く善光〔 ぜんこう 〕。

徳川とくがわ みつくにの「とく」は「十四の心を行う」。
ひ-01、ふ-02、み-03、よ-04、い-05、む-06、な-07、や-08、こ-09、と-10、も-11、ち-12、ろ-13、ら-14、ね-15。
光圀(みつくに)でわかるように、圀で「」と読み、国も「」。国常立尊(くにとこたちのみこと)は圀常立尊(くにとこたちのみこと)。中心の41()から国(九九くに)の隅々まで八方向に善光が照らすくにとこたち御言みこと(真性天照すめら大御神)。夜になれば地平線に沈む太陽と違って、この善光(煌=火のすめら)は、昼夜を問わず、あらゆる人間のたましいの中心でかがやきます。

31 76 13 36 81 18 29 74 11
22 40 58 27 45 63 20 38 56
67 04 49 72 09 54 65 02 47
30 75 12 32 77 14 34 79 16
21 39 57 23 41 59 25 43 61
66 03 48 68 05 50 70 07 52
35 80 17 28 73 10 33 78 15
26 44 62 19 37 55 24 42 60
71 08 53 64 01 46 69 06 51


また41(ら)良心から八方向に放射される善光は、魂の心棒(軸)に巻き付いたへびれいを斬る「天のむらくもつるぎ」、じゃ〔 破蛇
〕の霊剣です。「じゃの道はへび」、大きな蛇をだいじゃと云うように、じゃしんじゃしんに通じます。魂のしんぼう(柱としてあらわれた良心神)に巻きつくへびの様子を御覧ごらんください。

蛇霊WHO01
世界保健機関(WHO)の紋章。ギリシャ神話の神アスクレーピオスの象徴たる杖。アスクレーピオスは医術をきわめて死者を生き返らせたため、世界の秩序は乱れてしまいました。そこで冥界の王ハデスの抗議により、オリンポスの主神ゼウスがいなづまをもって撃ち殺したとされます。しかし、「棒状のものに蛇が巻き付く」という図式は、どこかで見たことがありませんか?

こちらは、不動明王ふどうみょうおうけん

倶利伽羅剣01

○由緒 『本品は豊臣棄丸の遺品なり。棄丸は豊臣秀吉の長子にして母は浅井長政の女(淀君)なり。秀吉石河伊賀守を傳役として愛育せしが天正十九年八月(西暦1590年)三歳にして夭折せり。棄丸の誕生するや蒲生氏郷その出征を賀し贈るに此刀を以てせり。思うに豊公が愛兒護身の具に小刀を索めし折柄、氏郷の献上に係るものならん。中身は備前尚宗の在銘、鞘は従前より附属せるものの如く恐らく足利初期の降らさるものならん。全体を梨子地とし其上に蒔絵の線書を以て波を描き、利剣は銀を嵌入し之に頭を鍍金の高肉彫とし、全身を厚手蒔絵とせる倶利伽羅龍を纏はしむ。往昔、弘法大師勅を奉じて神泉苑に請雨経法を修したり故事より意匠を採り来りしものの如く、経義の説く所に依れば倶利伽羅龍は不動明王の化現にして、惡魔外道忽ち降伏するの意を表はせるものなり。』(国立国会図書館デジタルコレクション)

 垂直に屹立きつりつしたつるぎのレリーフに、鱗体の蛇( 横向き )がからみつき、刀身を頭からみこもうとしています。悪魔外道(じゃしんじゃしん)は降伏するどころか、「つるぎとして現れた良心神」をみにきているのです。
 また旧約聖書における蛇は、人間の先祖(アダム、イブ)に「善悪を知る木の実をとって食べてみなさい」とささやいて誘惑した張本人。アダムとイブがエデンのそのから追放される「しつらくえん」の原因になりました。またヨハネの黙示録では、惡魔王サタンの正体について「としいたへび」と記述しています。人間にりついたじゃれいが魂の中核「 良心神 (41) 」を呑み込むと(倶利伽羅不動明王剣図のように)、良心が働かなくなり、不動明王の剣・・・魔を退散させると同時に煩悩ぼんのうや惡因縁を断ち切る弥陀みだ利剣りけんの働き・機能がうしなわれ、善惡正邪の判断が出来なくなります。不倫の愛で強盗殺人をおかした警察官のようになります。

お釈迦様と蛇霊(1)
お釈迦様と蛇霊(2)
お釈迦様と蛇霊(3)
お釈迦様と蛇霊(4)

蛇霊の囁き(誘惑)をはねのけるのは、愛ではなく良心。
人にないざいするりょうしんかみは、八方向の善光〔 光圀 〕を放って、八岐やまた大蛇おろちを退治する素戔嗚尊のごとき御活動。
良心神を日々の生活で発揮する善〔 譱 〕人を善〔譱〕光寺ぜんこうじへ導くのはうし〔 丑 〕で、牛はてんじん様の御使いとして、各地の天満宮に鎮まります。天神は時にたたり神となり、その形相はまさにおになれば、鬼の角も「牛」でしょう?
大本神諭、出口王仁三郎(おにさぶろう)の本名は上田喜三郎(きさぶろう)で、うしとらこんじんの筆先に「鬼三郎(きさぶろう)と改名せよ」と出たので、あんまりじゃと「鬼(き)」を「鬼(おに)」と読み替え「おに(王仁)三郎」。ひっくりかえせばうんの呼吸のおう様は、鬼の形相なり。そしてたたりの漢字は「かみしめすがゆゑに〔 出+示=たたり 〕」。惡人や蛇神(蛇霊)にとって、魂の中心に隠された太陽神天照大御神ラー41の譱光は、青鬼(すけさん)と赤鬼(かくさん)を連れて、惡代官や惡徳商人を成敗する水戸みとみつくに公のごとし。
もし、いままでせつぶんの日に「鬼は外~福は内~」と、鬼さんにり豆を投げつけていたら、ただちにあらためてください。それは、邏卒らそつというおにとしてあらわれた本当の正義の味方(創造神の警察官)を追い払う行為であり、無意識に「私は惡の味方です」と宣言する行為だからです。人に内在する良心は閻魔大王(鬼達の総指揮官)として働く創造神のわけみたまであり、「鬼は外~」で鬼に煎り豆をぶつけるとは、閻魔大王(正義)に刃向うことを意味します。生きているうち現実三次元世界ならそれで良くても、四次元世界五次元死(四)後(五)の世界では通用しない。ですが、閻魔大王(良心神)をないがしろにしてきた罪と惡習も、悔い改めればゆるされる。

預言者イエスは述べ伝えました。「悔い改めよ、主なる神の御国は近づいた」。
出口直開祖・出口王仁三郎聖師は宣伝します。「〔 主 〕神が表にあらわれて譱と惡とを立て別ける」。
『神言会-大本教神諭解説』



続きを読む

テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

役員信徒の爲に/霊界物語は皆日本の事

出口王仁三郎著「役員信徒の爲に」 王仁文庫(第8篇)大日本修斎会

 しょくんしゃうごとく、ぜんこくしんぶん ざっおほもとたいするなんこうげきは、きんらいまたまたさかんになってて、みやこの大新聞も、田舎いなかの小雑誌もおほもとことかねば、なにけんしきでもあるやうに、みなふでそろへてててります。そしてそれだいぶんは、皆もないきょもうちゅうしゃうてきなものであることしゅうとほりであります。
 が、けんにも『のないところにはけむりたぬ』とってとほり、これの記事のいづみなもとには、たとれがちゃうされたものとはへ、にはかならやくいんしんじゃあやまれるげんこうげんいんしてるものがらうと思ひます。すなはち、にゅうしんあさき信者や、またおほもとしんずゐとらざるけんきゅうしゃあやまれるげんこうが、ちょうきの新聞記者にってしんしょうぼうだいてきつたへられ、それが『いちけんきょへてばんけんじつつたふ』てきてんせんでんせらるるにいたったものとしんじます。ゆゑこのさいしょくんもっとつつしんでいただきたいものはくちであります。ことわざにも『くちわざはひかど』とひ、またしんにも「このおほもとけんからは、ゆびいっぽんさすこともまことをしへであれども、おほもとやぶるものは、おほもとなかよりしゅつげんするぞよ」とか「ちからいっぱいようしたつもりで、ちからいっぱいじゃをする」( 御用したつもりで…大本神諭 明治37年7月12日 )とかおほせられてます。このさい 役員 信者 諸氏にはじゅうぶんに口をつつしんでもらはねば、かへってしんかいけいりんさまたぐることとるのであります。
 ふでさき〔 大本神諭 〕はすべてかくじん身魂みたまそうおうにとれるので、ちょうかがみごとく、たいしゃこころただしければうつった姿すがたただしいが、たいしゃこころよこしまであればよこしまうつりてとんだちがひになるのであります。
 むかしはなしがあります。あるへいかつぎが、しょうがつがんてうなんでもたいことって、ふくまねかねばならぬとおもひ、近所のものしりもとって、『ふくかみびんぼうがみされ、かきそとにメソメソ』とうたへとおしへられました。そのおとこおほよろびてかへり、がんじつあさになって『ふくかみびんぼうがみされ、かきそとにメソメソと』ととがてんとうして、せいはんたいになってるのみもらず、いっしょうけんめいってたとまをします。ふでさきちょうこれとどうやうに、かんじんところちょちがへても、とんでもないちがひになってしまふのです。
 やくいん しんじゃ しょなかには、おほたてかへたいへんてんぺんさいおこるとか、たいしょう十一ねんにはてんがヒックリかへるとかふやうなことを、げんじつごとくに、ぜんせんでんするかたもあるやうにきますが、すべてかいどうらんよろこぶのはあくこころであって、斯様こんなひとうへべたへいかつぎもおよばぬ、おほとりちがひをしてられるのであります。すなはこれひとしんちゅうに「いっさくいたせばこのつぶれてしまふなれど、ここまでひらけてつぶすことは、どうしてもかみしのびないから、うしとらこんじんなりとして、ひとでもおほさせ、むしけらまでたすけたいのが、このほうねがひであるから、まんいちことがあれば、てんおほかみさままをしわけがないから、ここのところすいりょうして、どうぞいちにちはやかいしんしてくくだされよ」( 一度にすると人が減る…明治31年旧5月5日 )( ここまで開けた世界…明治31年旧11月5日 )( すいりょう明治32年旧正月18日 )とある、にんあいの大神のおほこころとららず、ぜんぜんところちがへてるのであります。
 しんにはかみごころかへれと、じゅうきょうかいになってますが、かみごころとはぜんぜんはなれ、おほかみためくにためつくところの、いはゆるわがをすててかいたすけの」をすることであります。すなはかみてんじょうきゅうこううんよくし、こうしついやさかえにさかたまこといのり、しもばんみんふくたいへいたのしむやうになるのをねがふのがかみごころであります。であるから、天變地災などはなるべくきやうに、ひとでもおほくのひとすくはるるやうおほかみ様にがんし、またみづからもつとめるやうにならねば、けっしてしんりょかなまつることはぬ。しんには「たいなんせうなんまつへて、せうなんやう」( 祭りかへ…大本神諭、明治35年7月11日/小三災 )とありますが、このたいなんと云ふのは ふう すい  くわだいさんさいことで、せうなんとは  べう せんせうさんさいことであります。ぜんしゃじんりきもって、かんともがたいものでありますが、こうしゃかならずしもさうではありません。われわれじゅうぶんかいしんしてかみごころかへれば大難を小難にまつへていただき、また小難はぬやうにまもっていただけるのでありますから、このさいしょくんじゅうぶんかみごころになって、惡魔あくまげんかたしりぞけていただかねばならぬ。かのみならずわがくには、らいことたまさちはあまくにでありますから、ことへば善き事きたり、わることへば惡い事が來ます。ゆゑあまてんぺんさいしょうどうすると、そのことたまためじっさいそれをしょうらいさすことになるのであります。ゆゑ王仁三郎いままでしんれいかいじょうで『おもふことありて』とうたんで、いろいろちゅうまをしげたのですが、こんかいついないしょうとうきょくしんぱいをかけるやうになってました。内務省ではきんらいそうかいどうやうはなはだしきをうれへ、このほうめんとりしまりおほひにげんじゅうにしてられるのですが、こんねんいたりていよいよてんちょうちゅうしんとなったわがおほもとが、天變地災やにちべいせんそうげんてきせんでんをやっては、えいきょうするところすこぶじんだいなのであります。ことにちべいせんそうせつごときは( 大本神歌瑞能神歌 )、がいこうじょうにもすくなからぬしょうきたすとのことですから、とくちゅうねがひます。
 私はこんにち綾部あやべけいさつしょしゅっとういたして、はら高等課長、えんどう綾部署長たちひのうへしょしゅちゅうをうけましたから、それについてすこみなさまはなしいたし、はんせいたうとおもふのであります。
 だいいちこうしつそんげんぼうとくするがごとげんつつしむやうにとふ、まことそうがいな注意であります。
 そもそわがこうどうおほもとどうみんしんらくがいたんし、けいしん そんのう あいこくててけっしたものでありますから、おほもとより敬神尊皇愛国をったなら、あとにはなにもののこらぬのであります。ただためひとためわすれてじんすゐし、まよへるひとびとかみあいつたへ、これかいしんさせてすくふ、これおほもとこんぽんせいしんなのであります。しかるに、今回おもひがけずもかかるかいたのは、まことなんたる意想外なことでありませう。じんへいしゅちょうしゅたいし、これほどかんな、またはづかしいことはいのであります。王仁はかかる誤解のしょうじたげんいんを考へて見ますに、今のたいしゅれいじゅうになりったじんは、ぜんことあまかへりみないが、あくことになるとたいへんよろこんできしたがるものですしたがってげきとっげんろんかっさいをうけるところから、おほもとでんどうしゃちゅうけっはやひとたちは、ややもすれば、けうな、おほもとの根本精神にはいれいする――すくなくともそのやうに誤解さるるやるな――げんろんすやうであります。じょうじゅつおとゆき炭団たどんちがへたやうな誤解も、ところからしゃうじたものでせう。しょくんは「でんどうしゃことこうあたかげんごと」とのしんまえに( 伝道者の言葉… 裏の神諭二 )、よくよくはんせいあらんことをせつぼうするだいであります。
 こうどうおほもとこうりょうせいばんせいいっけいてんしょく)、けうてんじゅしん)、くわんてんじんどうつね)、ざうてき)であります。しんせいかみさまつかまつじょうは、今迄のやうないやしいしゃうほふめねばならぬなどひとがありますが、じんみなしょくげふめて、のりばかさうせうしてたら、国家こっかうしてしてけませうか。かくごとき誤解はなにものたるかをらぬからであります。諸君はこの政教慣造のべつあきらかにたいとくしていただかねばなりません。
 だいゆうざいさんてっぱいだいぞくせいする注意で、これいてもだいじんに誤解されてるやうであります。
 すべて天地間のいっさいぶつは、『とよあしはらあきみづくには、わがそんきみたるべきなり』と云ふしんちょくほうじて、あめしたしろしめたまふ、わが てんのうへいしょゆうであらねばなりません( 出口王仁三郎天皇説について )。すなはてんしたそつひんわうあらざるはのであります。しかるにいま我々がにんちょくによって、私有財産をゆるされるのは、しんみんせきごとたまふ陛下のしんりょるものと、ありがたく感謝しまつらねばなりません。であるからおのそうとうな生活をなしてくにる財産は、いただいててもけっしてさしつかへないのであります。ただこんにちなりきんはいごとく、せきひんに苦しむ人をかへりみずして、おのかいらくためにのみむさぼるやうな事はしないで、ゆうあればこうえきためきょうせよと云ふに過ぎないのであります。わづか五十年のじんせいにのみつうようする財産をむよりも、まつだいほろことなき霊魂みたまとくめ、われわれさけぶのであります。ぶっきょうでもくやうに、すべてぜんいんにはぜんあり、あくいんにはあくがあります。このせいおこなじんどうんだひとは、しんかいにてはまことにけっこうにしていただき、永遠の幸福をたのしみるのであります。ことがよく了解さるれば、たるよくめ、みずからをそこくにおとひとこそ、まことよくらざるものふべきではありませんか。わがおほもとにてはかるけんより、すなはかたちあるきんぎんざいほうよりも、しんちゅうけいざいほうおもんぜよとふ意味において、私有財産を重んじ過ぎるなとふのであります。
 また日本の国家はかみの昔より、しゅ しんさんとくかんながらゆうたまへる、へいおやしたちょうあふいだ、いちだいぞくをなしてます。ゆゑたがひはんもくさうとうすることなく、つねあひあひたすけ、もっこんぜんたるいっだんらんをなさねばならぬのである。これすなはじんがうするせいしんてき大家族制度であります。
 しかるになかにはこれけいたいじょうこととなし、きょうさんしゅ、社会主義などに誤解されるやうにかれるひとがあり、ために当局よりまれ、しんかいけいりんさまたぐるやうなことになるのであります。またけんぽうたてかへにはくなるとかひともあるさうですが、すべて憲法はみな、陛下のきんていになったもので、そのはいみなぎょしますことでありますから、われわれじんみんなにまをしぐべきわけがないのであります。
 それから、しん かみなり あめ などふ天変地災にいては、先にべたことをよくたいとくして、かるがるしきげんもっとつつんでいただかねばならぬのであります。
 ふでさきには「ほんぐうやまみやたら、だまりてりて出來るやうになる」 「ものひたいやうなあひだまことでない」 「なんとしたしづかさだらうと、けんからふやうにならぬと、かみおもてにならぬ」( 何とした結構な教…明治36年旧6月8日 )( 世間から云われる…明治37年旧11月3日などとよくをしへられてあります。私はところから、しんはっぴょうはせやうとおもったことさいさんありましたが「へんじゃうにょおほもと經綸しくみじゃして、しょせつひろめ、あとをらうとする」なぞと誤解されてはと、ちゅうちょしてました。さうしてところへ本月五日にいたまきはつばいきんめいたのであります。私はこれみなしんかいくみと、ありがたくこそおもへ、けっしてへいなにいのであります。ふでさきただいちまいでもよくはらればそれでよいのですから、しょくんいままでしんにゅうねんはいどくになれば、まきはなくともすこしさしつかへはあるまいとおもひます。
 つぎちんこんしんでありますが、當局でもこれはいさすことはぬが、なるべくせぬやうにしてれとふことです。いったいこのつぎちんこんしんしんぱふは、ほんしょしゅうとうの国家のじゅうてんしるされてあり、だいほんこくけうじうえうなるようをなしてます。そのげんかしこくもこう あまてらすおほかみおんときにあり、ゆゑれきだいの陛下はそくしきふしは、かならちんこんさいおこなはせらるるのであります。またきゅうちうはちしん殿でんすなはちんこんかみさままつってあります。ゆゑしんつぎちんこんしんするならば、れはやがこくきょうこぼち、いてはこうしつそんげんぼうとくするけいおちいるのであります。しかながら、今迄おほもとひとびとがやってたのは、そのかたちうへにもそうがあり、あまらんようぎてました。なかにはそのげんしんもくてきらずに、さかんにデモちんこんをやってひとせうせうではなかったやうであります。そのうへ、地方のはっけうしゃなどが、びょうためちんこんけにるのを、ちんこんをうけたはっきょうしたやうにでんせらるるとう、カナリのめいわくへいがいを認めましたので、私はたいわんとうきょくきんするよりもさらに以前において、じゅうぶんの注意をしたのであります。
 そもそちんこんしんぱふは、かみかしこくも てんのうさまこくへいてんたいだうより、しもばんみんしゅうしんさいの基本であって、じつわがしんこくじゅうようでありますから、まんまんいちちんこんきんするやうな事がありとすればこうしつめ国家のめ、だんじてゆるされないのであります。しかせんだったいわんかんけんちんこんを禁止しましたにいては、われわれひとことこうないとふ殘念なだいおこなちんこんしんせいちんこんでなくて、前にまをしげたやうなデモちんこんらんよういんしてると思ひますから、むをなきりをるのであります。らんぼうこくたいせいしんとぼしき某地方の官憲といへども、みなさんがしんせいなるちんこんほうしゅうされるのを禁止するはづはない。えうするに我々のめいつみと思うて、みづかいまむるよりほかにありませむ。そのすぢの御注意のてんこれくらゐなものであります。
 最後にいちごん おくことについてまをします。けうさましょうてんは大正七年十一月六日でありましたが、たうはかのりうかうせいかんぼうしゃうけつきはめてて、共同墓地にがなかっため、今の奥津城のの使用を願ひ出たのですが、なかなかゆるしがず、御昇天後二十八日目の十二月四日に、ようやきょの通知状がたのであります。かもほんそうはあと二日にせまってるので、各地青年隊がいっしゃうけんめいに努力した結果、やっとあのつちまんじゅうだけきづけたのであります。しかもとせっけいけっしてああふのでなくて、ほうけいいしんで、その上にひょうてるていであったのです。ところそのあの奥津城は、かしこくも めいたいていりょうる。けいだとなんおこりました。じっさいさうであるとしたら、けいしん そんのう あいっくなるおほもとしゅもとり、けいけんなる教祖様もけっしてこころよくおもはれないにちがりません。こころある信者は、このてんおほいかんおもってられるやうでしたから、私もだいさんだいも大変心配して、いちねんさいまでにもとせっけいどほり改築しいと思うて、一 二回ある法律家にひましたが、十年後までかいちくすることはならぬとのことで、こころならずもあのままにしていたのですが、今回ねがって許可をけんとうがつきましたから、三年祭(すなはち本年の十二月六日)までには、もとの設計通りに改築することにいたしました。皆様に誤解のなきやうにねがひます。
 また ほんぐうやましん殿でんを( しんぐう )とほうなどなるのをけますが、しんぐうなるしょうかんぺいたいしゃ以上でないと、ほうじゃうもちひられませぬから、今後は しん殿でん 又は だいしん殿でん とんでいただかねばなりません。




『新月の光』下巻、361ページ「○霊界物語は皆日本の事」
 九回読んだらだいわかっただろう。『れいかいものがたり』はみんなにっぽんことである。アメリカやいんの事にしてあるが、みな日本の事である。いままでしんじゃだましてあったのや。ひっしているので、あまりしいのでわらっていた。(中略)そんなことわかろうものなら大事件になるから判らぬようにいてある。(しょう21年3月22日午前9時)


○出口王仁三郎曰「小三災」 玉鏡(昭8/7)
 まっぽうおこしょうさんさいふのはびょうせんであるが、うえと云ふのはしょくりょうけつぼうとのみってはならぬ。経済上の飢饉ききんもある。びょうと云ふのも、たんからだむとかいするのはあやまりである。そうてきの病気もこのなかに入るので、こうどうせいちゅうあゆむのがけんこうしゃであって、けい〔 註:よくきょく 〕だのけい〔 註:よくきょく 〕だのとふのは思想上のびょうにんである。とくあかい思想〔 註:きょうさんしゅしんろん 〕などはこうこうはいった大病人である。
 いくさ兵器へいきをもってのいくさの意味だけではない。せいせんしょうせんなどなどいろいろある。議員選挙においても、「あの人にもらはねばならぬ」と選挙人の方からこんもうするのがあたりまへで、候補こうほのりをあげてちく鹿ろくじょうしのぎを削るのはすなわち戦争である。名誉、屈従外道げどう等によって政治せいじない。
 だいさんさいふうすいについてはふまい。ただこれはじんりき如何いかんともすることが出来ない天然現象である。ひたすら神様にいのって惨禍さんかすこしにてもすくなからむ事をねがはねばならぬ。火とふのはだけの事ではない、大地だいち地震じしんことである。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

『大本神諭』 明治25年旧正月・・・日

○明治25年旧正月…日(天の巻)

 さんぜんかい  いちひらく  うめはな、  うしとらこんじん(※1)りたぞよ。
 うめひらいてまつおさめる、しんこくの世になりたぞよ。日本はしんとう、神がかまはなけぬ国であるぞよ。がいこく獣類けものの世、つよいものちの、惡魔〔 あく 〕ばかりのくにであるぞよ。日本もけものの世になりておるぞよ。外国人にされて、しりの毛(※2)まで抜かれておりても、まだめんくらがりの世になりて居るぞよ。これでは、くにちてはかんから、神がおもてあらはれて、三千世界のたてたてなおしをいたすぞよ。
 用意をされよ。この世は全然さっぱりさらつの世に替えてしまふぞよ(※3)。三千世界のおおせんたくおほ掃除そうじを致して、天下てんか泰平たいへいに世を治めて、万古まんご末代まつだい続く神国の世に致すぞよ。神のもうした事は、一分いちぶ一厘いちりん ちがはんぞよ。すじよこはばほども間違いは無いぞよ。これが違ふたら、神はの世にらんぞよ。

 てんこんこうくろずみみょうみれいさきばしり。とどめにうしとらこんじんあらはれて、世の立替を致すぞよ。世の立替のあるといふ事は、かみばしらにもわかりて居れど、うしたら立替が出来るといふ事は、判りて居らんぞよ。りんまでは知らしてあるが(※4)、モウいちりん肝腎かんじんの事は、わかりて居らんぞよ。三千世界の事は、何ひとわからんことかみであるから、さびしく成りたら、綾部のおほもとまゐりて、お話をかしていただけば、何もも世界一目ひとめに見える、神徳をさずけるぞよ。

 神となれば、スミスミまでも、気をけるが神の役。うへばかりくても行かぬ、かみしもそろはねば世はおさまらんぞよ。洋服では治まらん、かみしも〔 裃 〕そろへて人民を安心させて末代まつだい潰れぬ神国の世に致すぞよ。用意をされよ。あしもとから鳥が立つぞよ。それが日本をねらふてくにとり〔 国獲り 〕であるぞよ。までも自由にいたして、神は残念なぞよ。日本の人民、盲目めくら聾者つんぼばかり。神が見ておれば、井戸のはたに、茶碗を置いたがごとく、あぶのふて見ておれんぞよ。外国人〔 がいこくじん 〕よ、今にうしとらの金神が、へんぽう返しを致すぞよ。

 根に葉の出るは虎耳草ゆきのした、上も下も花咲かねば、このは治まらぬ。うへばかりくても行けぬ世。しもばかりくてもこの世はおさまらぬぞよ。

 天子てんし綾部あやべに、仕組しぐみいたしてあるぞよ(※5)てんてんこしらへて、もとむかしかへすぞよ。ようふくてウロツクようことでは、日本にほんくにおさまらんぞよ。こっかいびらきは、人民が何時いつまでかかりてもひらけんぞよ。神が開かな、開けんぞよ。ひらいてせう。とうきょうもと薄野すすきのるぞよ(※6)永久ながうつづかんぞよ。あづま〔 吾妻 〕のくには、ひとれののちくらがり。これにく人民はないぞよ。神はけるぞよ。此世このよおにおうじょうさせて、がいこくを、地震じしん かみなり あめ らして(※7)、○○○ねば、世界はしんこくにならんから、昔のおほもとからの神の仕組が、じょうじゅ致す時節がまはりてたから、苦労はあれど、バタバタとらちをつけるぞよ(※8)わかりた守護神は(※9)一人ひとりなりと早く大本へ出て参りて、神国の御用ごようを致してくだされよ。さるかはりにつとあがりたら、万古まんごまつだい、名の残る事であるから、神から結構に御礼おれい申すぞよ。世界中の事でるから、何程なんぼ智慧や学がありても、人民では判らん事であるぞよ。この仕組しぐみわかりてはらず、判らねば成らず、判らぬので、改心が出来ず、世の立替の、まつだいに一度の仕組であるから、全然さっぱり、学や智慧ちえすてしまふて、うまあかの心(※10)たちかへらんと、見当が取れん、六ヶ敷むずかしい仕組であるぞよ。いままでの腹の中の垢塵ごもくを、さっぱり、してしまはんと、今度の実地じっちまことは、わかりかけが致さん、大望たいもう仕組しぐみであるぞよ。

綾部03本宮山
〔 由良川より見る綾部本宮山。 〕

 うじがみ様の庭のしらふじうめさくらは、ぐちなお御禮おれい庭木にわきに、さしたので在るぞよ。しらふじさかえば、綾部くなりてすえみやこと致すぞよ。ふくやままいづるそとがこひ。四方しほうは宮の内(※11)あやはまんなかになりて、こんりんおうで世を治めるぞよ(※12)。綾部は結構なところ、昔から神が隠していた、世の立替の、真誠まこと仕組しくみ地場じばであるぞよ。

 世界くにぐにところどころに、世のたてへを知らすかみばしらは、沢山たくさんあらはれるぞよ。みなうしとらこんじん くにとこ立尊たちのみことの仕組で、世界へ知らしてるぞよ。おほかたわたりた時分じぶんに、綾部へ諸国の神、守護神をあつめて、それぞれの御用をもうしける、とほとい世のの世のもとの、りゅうぐうやかたたかあまはらであるから、何を致しても、綾部の大本のゆるしの無き事は、りんひっくりかへるぞよ。みな神の仕組であるから、われわれがと思ふて致しておるが、皆うしとらの金神が、ばかかして使ふてるのであるぞよ。この神は、ひと手柄てがらをして喜ぶ神で無いぞよ。おほもと仕組しぐみわかる守護神でありたら、たがひに手をき合ふて、世のもと立替たてか立直たてなほしを致すから、これまでの心をいれへて、大本へて肝腎の事を聞いて、御用をつとめてくだされよ。三千世界のかみがみ様、守護神殿に気をけますぞよ。たにだにがわの水も、おほかわすえとつに仕組しぐみ。綾部もとまことの神のすまひどころ。

 と日本のたたかひがあるぞよ。このいくさは勝ちいくさ、神がかげから、仕組が致してあるぞよ。神がおもてあられて、日本へ手柄てがらいたさすぞよ。露国からはじまりて、モウいくさがあるぞよ。あとは世界のおおたたかひで、これからだんだん判りて来るぞよ。日本は神国、世界をひとつにまるめて、ひとつのわうをさめるぞよ。そこへ成るまでには、なかなか骨が折れるなれど、三千年あまりての仕組であるから、日本のちて居れる守護神に、チット判りかけたら、神がちからけるから、大丈夫であるぞよ。世界のおおとうげすのは、神のもうすように、素直に致して、ドんなろうも致す人民でないと、世界の物事はじょうじゅいたさんぞよ。神はくどう気をけるぞよ。
 この事ける身魂みたまは、ひがしから出て来るぞよ。このかたいでになりたら、全然さっぱりの守護と成るから、世界中にしんとくひかかがやかみになるぞよたいしょうを綾部の高天原のりゅうもんやかたに、さんならんことが出てくるぞよ。中々大事業たいもうであれども、昔からのいきがみの仕組であるからべつじょうは無いぞよ。

 いったんたたかひおさまりても、あともんちゃくは中々おさまらんぞよ。神がおもてあらはれて、かみがくとのちからくらべを致すぞよ。がくはモウみたぞよ。神には勝てんぞよ(※13)


続きを読む

テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

『大本神諭』 明治…年…月…日(火の巻)

○明治…年…月…日(火の巻)

 至仁至愛みろくかみ(※1)御出おでましになりなさる時節じせつが参りて、おほくにとこたちのみことぐちらしていた世がせまりて来たから、世界中の人民がかいしんを致さねば、この世ではモういっすんも先へはけず、後へ戻ることも出来できんぞよ。
 此世このよの来ることを、明治二十五年から今につづいて知らしておるのに、チットモききれがいが、くに同士どうしの人の殺し合ひといふやうな、こんなつまらんことはないぞよ。
 一人のじんみんでも神からは大切であるのに、くっきょうざかりの人民が皆なりて、としより小児こどもばかり残して、あとさきかまはずのやりかたであるぞよ。こんなおほきな天地てんちつみおかして、まだ人の国まで取らうと致しておるのは、むこさきの見えぬあく所作しょさであるから、どの国がちゅうさいに出ても、天地の大神のゆるしのなき事には、いつまでもらちかぬぞよ。かけたふねであるから、どちらの船も後へく事もならず、すすむ事も出来ず、まことのちゅうさいもはいらず、つまらん事がるから、外国のしゅごうじんながらくの間、気が付けてありたぞよ。

「あまりが強いとしくじるぞよ」と、何時いつふでさきで気がけてあるぞよ。「何国どこにもけん強い国であると思うて、われよしのやりかたでがんると、為損しそこなひが出来るから」ともうして、くどう知らしてありたが、今のありさまそのとほりではないか。これからしんだいになるから、今までの様にあまり頑張ると、れの思ふやうには、の先は一寸も行かんぞよ。の強い守護神ほど、思はくはちはせんぞよ。

 これまでの心を全然さっぱり入れかへてしまうて、天と地とのもと創造こしらへおほもとかみへおびを致さねば、われいちりきりて居ると思ふのが、大間違であるぞよ。「なにごとみなかみからの事であるから、取違〔 ちがひ 〕をいたすなよ」と、先に気をけてあらうがな。

 われいちりきると思うて居ることを、「霊魂みたましょうらいいんねんだけの事を、天地の神からさせられて居るのである」とこと判然はっきりとわかる時代がめぐりて来たのでるから、これまであくの守護神のやりかたも、九分九厘までは、トントンびょうに思ふやうに来たなれど、モウ九分九厘であくのやりかたは、輪止りんどまりとなるのが今の事であるぞよ。今までは、あくく時節でありたぞよ。これくらがりのでありたぞよ。

 この先は智慧やぶつでは国はたんぞよ。一日も早くおうじょういたさんと、世界の物事がおくれておるから、ふでさきでいつも同じ事を気をつけるぞよ。むこうの国のありさまは筆先どほりに成りて来ておるから、日本の国の守護神に早くわからんと、たてかへが十二年おそくなりておるから(※2)なにかの事の実地じっちが始まると、「まだまだ世界にははげしき事が来るぞよ」ともうしてるが、一度もうした事に違ひはせんぞよ。世のもとから神はわかりておるのであるから、むこうの国にあれだけの事があるのに、日本の人民は、「われさへけら、国はどうなりてもかまはぬ」とは、全然まるきりけものであるぞよ。神のじきじき御魂みたまもらうておるからは、すえには神にもまつられる結構なものでありながら、人はこけやうがたふれやうが、われさへ善けりゃいでは、ばんぶつちょうとはまおされんぞよ。世界は今が罪穢めぐりしゃくせんなしであるから、「罪穢めぐりのひどいところ程、きびしきいましめがあるぞよ」とまをして知らしてあるが、この世界はあとにもさきにも無いみせしめがるぞよ。

 用意をなされよ。たてかへつのあらかへであるから、かみたちかへりて(※3)万古まんごまつだいひとすじになるとほとい事のはじまりであるから、みなの人民の思ひが違うておるぞよ。おほもとは今では粗末そまつなとこでるなれど、この広い世界に、ほかにまたとない大神の世のもととうといとこであるから、全部すっかり判けて見せたならば、余り大きな仕組しぐみであるから、思ひが大違ひでびっくりいたすぞよ。「天地のビックリばこひらくぞよ」ともうしてあるが、このビックリ箱が開いてひらをかやしたら(※4)、どんな人でも驚愕いたして、改心せずにはれん事になるが、其処そこまでかんうちにチットわからんと、つまらんコトがあるぞよ。

 このおほもと(※5)にちにちかぶり付いて居るものに、チト早くわからんと、何処どこからもこれからは判る守護神が出て来るから、はずかしうなるぞよ。何事もちっと判りて居らんと、面目めんぼくない事が出来るぞよ。まんしんとりちがひ〔 鶏違ひ 〕が一番こわいぞよ。誰にらず慢神すると、われの心が大変えらい様に思へて、人から見て居るとはなたかうてぞよ。はらなかまことさへりたれば、どんな事でもるなれど、上から見てよくても、心の中に誠が無いと、實地じっちまことじょうじゅいたさんぞよ。


続きを読む

テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

『大本神諭』 明治25年旧5月5日/魂の入替/惟神の心/改神慢神/個性/出生率と救い/人間は種々の前世をもつ/誕生の種々/御魂磨き

○明治25年旧5月5日(天の巻)

弥勒殿01


 すいしょうだまいて、たま調あらためいたすぞよ。ぜったいぜつめいりたぞよ。世界のものよ、改心〔 かいしん 〕いたされよ(※1)。世がかはるぞよ。ビックリいたすことが出来できるぞよ。改心次第しだいで助けるぞよ。疑念うたがひつよきものは、きびしきいましめいたすぞよ。神のうことちがはぬぞよ。皮相かは今日けふでもかはるぞよ。
 霊魂みたまなかなか変らぬぞよ(※2)心魂たまみがいて改心致されよ(※3)あしもとから鳥〔 〕がつぞよ。もとれてすえつづくとはおもふなよ。みきありてのえだもあればすえもあるぞよ。もとれてはすえれるぞよ。あまたいもうとりつぎさしてるから、まことなおどくであるぞよ。世界せかいの事であるから、分明わかるおそきゆえ、なおくやしさ、ざんねんさ、むねやきがねあたるごとく、たれ一人ひとりいまではわかるものし、ちからになりてやりてれるものもけれども、これでも、世界に仕組しくみいたしてあるから、おいおいわかりて来るぞよ。間違まちがひは無いぞよ。




(※1)
○出口王仁三郎著「魂の入れ替え」(玉鏡、昭和7/1)
にんげんたれでも毎日、たましいえてもらっている。そのためにぜんあくげんしんこうとなってあらわれる。かいしん まんしん はたましひの入れ替わっている証拠しょうこである。


○王仁三郎著「改神慢神」(玉鏡、昭和9/4)
神諭に「かいしん」「まんしん」という文字もじがところどころにあるが、かいしんまんしん とくのではなく、かいしんまんしん、とくのがほんとうである。こころあらためるという意味ではなく、いままで ほとけなどと信じていたのを、かみみち〔 私註:惟神かむながらの道 〕に改めるとふのである。まんしんというのは「かみみだす」とふので、それがわるいとおおせられるのである。〔 私註:神諭中にしんじんとあるが、これもしんじんと言い替えられます。 〕


○王仁三郎著「惟神の心」(月鏡、昭和4/5)
すべにんげんは、つねこころへいせいにもち、あいぜんまことをもってひとこううんいのり、悲しかったことくちしかった事はぜんぜんわすれてしまい、たのしかりし事のみを思い出し、世界人類にたいして、誠〔 こと 〕をさえつくしておればそれいのである。
 これがかむながらの心である、じんせいつとめである。
〔 私註:仏教にあいぜんみょうおうという神様があります。ふし稲荷いなりたいしゃ(御祀神、稲荷大神/とようけおおかみ)には、はいぶつ毀釈きしゃく以前、『あいぜん』というじんぐうがありました。寺名でわかるように、愛染明王を信仰する寺です。あいぜんみょうおう信仰は現世御利益を強調しますが、本当はあいぜんみょうおう=愛譱妙王だったのではないかと、おも次第しだいです。 〕


(※2)
○王仁三郎著「個性」 玉鏡
その人〔 〕の全体をなすところ個性こせいは、しんこうによる智慧ちえによってのみきょうせいせらるるものである。信仰による智慧でなければけっして個性はものではない。個性はれいかいにも残って行くもので、個性をせんれんようせいするのが人間の肉体生活である。仏教ぶっきょうは個性を無視むしした霊魂不滅論である。たとへばたばこくゆらせばけむりとなりはいとなって、その莨は何処どこかに残ってるといふのが仏教の不滅論である。これは個性を無視したものであるから真理しんりではない。


(※3)
○王仁三郎著「出産率と救ひ」(玉鏡、昭和8/8)
近年世界せかい人口のげきぞうする所以ゆえんのものは、いま二度目のあま岩戸いわとびらちょくめんせむとして、ちゅうかい以下のしょれいは、神のかぎりなき大慈大悲によってげんかいへ再修業のされてるからである。かかるがゆえに、いまこのときにあたってせいを現代にけたるものは、しんおんこうだい無辺むへんなるをかんしゃし、ひたすらに身魂みたまみがきぼっとうしょうじんして、みすくひのすがりててんごくはいらむことをこいねがはねばならぬのである。


○王仁三郎著「人間は種々の前世をもつ」(水鏡、大正15/11)
人が死んでからふたたび人間にうまかはって来るのは、つみがあるからである。生れ代るといふても、人間から生れ代ってるのもあり、いぬねこから生れ代って居るのもあり、りゅうから生れ代ってるものもある。


○王仁三郎著「誕生の種々」(月鏡、昭和4/2)
おほかみ様が地上にたいをもってあらはれたまう場合ばあいこうたんまをしあげる。てんにんれいくだってまるる場合をせいたんといい、ちゅうかいよりふたたびにんげんに生まるるもの、すなわち、おなおしをさいせいといい、どうぶつより輪廻りんねして人間に、あるいは人間から動物に再生するものをてんせいというのである。


○王仁三郎著「進化論」(玉鏡、昭和7/5)
〔 註:ダーウィン以降の 〕しんろんふがごとき、にんげんけっしてさるから進化したものではない。はじめから神は、ひとは人〔 〕、さるは猿〔 さる 〕としてつくられたものである。どうぶつが進化して人間になるということ、すなわち輪廻りんねてんしょうによって、動物が人間になるというのは、れいかいにおいて進化して、人間の性〔 せいかく 〕をもってまるるのである。霊界物語のなかにはいっこくの有力者を動物化してしめしたところもある。


出口王仁三郎氏を囲む神霊座談会(3)
比村「それからりゅうじょというのはよく聞きますが、龍男というのもあるのでしょうか」
聖師「りゅうは女性的なものだからみなおんなである。坊主ぼうずなんかでもりゅうになるように修業しゅぎょうする人があるが、龍でもちくしょうだから、そんな事するのは畜生以下になっているのだ。きつねおがんだりしているのでも、狐以下になっている。昔交通が不便ふべんだから狐がいねたねをくわえて方々へいたのだ、と云って稲荷いなりさんの使いにしている。また御饌みけの神というのとキツネとを間違えて、そんなふうになったのだ」


○王仁三郎著「身魂磨き」(玉鏡、昭和7/8)
おほもと修行しゅぎょうしてると、としるにしたがって、だんだんなにわからなくなるし、そしてわれも他人ものみにくさが目について、現界に活動していた時よりもはるかきたなく、わるくなったやうな気持がするとふものがあるが、それはそのはずである。何故なぜなれば神様がいっしょうけんめいめいめい身魂みたまみがいてくださって居るからである。
 研師とぎしつるぎさまを見よ、砥石といしにかけて練磨れんまするとドロドロの汚物おぶつが出て来る。剣そのものまた汚物にけがれてまったひかりうしなうてる。だがみがあがって研師がサッとみずけると、三尺のしゅうすいめいこうこうとしててつをもつべき名剣となるのである。そのごとく、みな身魂みたまみがきがおわって、サッと神様から水をかけていただくと、自分ではおもひもかけぬはたらきが出来できるやうになって来る。水をかけていただかねば何も出来はせぬ。せいぜい磨いていただほどけっこうである。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

『大本神諭』 明治26年・・・月・・・日/玉/大地の変動/真神様の言うべきこと/日本は世界の胞胎/東京へ攻めかけるぞよ

○明治26年…月…日(天の巻)

 おてらしはいったい〔 私註:三千世界をあまねらして統治おさめる、しんせいあまてらすすめらおほ御神みかみ 〕、ななわうはちわうも王が世界にれば、この口舌くぜつえんから、日本のしんこくひとつのわうおさめる経綸しぐみいたしてあるぞよ(※1)こくけものの〔  〕であるから〔   〕にいたすぞよ。この日本はしんこくであるから、にくじきなぞはらぬくにを、あまけがして、神はこのの世にれんやうにりたぞよ。世界せかいじんみんよ、かいしんいたされよ。もとむかしもどすぞよ。ビックリばこくぞよ。神国の世に成りたから、つよきものはかみ御役おやくてるぞよ。いままでと日本がたちわかれてりたが、神がおもてあらはれて、てんじくも一つにまるめて、まんまつだいつづく神国に致すぞよ。うしとらこんじんこのえんあらはれるぞよ。
 世界せかいおほきな事やかわりた事がるのは、みなこのこんじんわたはしであるから(※2)、世界の出来事を考へたら、神の仕組しぐみわかりて来て、まことの改心が出来るぞよ。世界にはまことものを神がりてるから、だんだんけっこうわかりてるぞよ。ざましもるぞよ。またしき目醒しもるから、世界の事を見ていたされよ。あらたまりてへるぞよ。いままでよかりたところはチトわるくなり、わるかりた所はくなるぞよ。日本はうへへおつちあががるぞよ(※3)。外国はおつちさががりてうみとなるぞよ。これ時節じせつであるから、ドウもいたしやうが無いなれど、一人ひとりなりと改心をして、世界を助けたいと思ふて、天地てんちもとおほかみへ、うしとらの金神が晝夜ちゅうやわびを致してるぞよ。

 このかみあっぱれ表面おもてりたら、世界をすいしょうの世に致すのであるから、いたしたものからはやいたすぞよ。水晶の神代かみよに成れば、この世は思ふ様になるぞよ。水晶の霊魂みたまあらためて神が御用ごように使ふぞよ。身魂みたまあらためを致して、神がつなけるぞよ(※4)。綱 けたら神は離さぬぞよ。この日本は結構けっこうな国であるぞよ(※5)もとかみじきじきわけみたまさづけてあるから、外国の霊魂みたまとは、一段も二段もうへ身魂みたまであるぞよ。こともそのとおりであるぞよ。(※6)それに今の日本のありさまは、全然さっぱり外国と同じ事にくもりてしまふて、しんこくばかりに成りて居るから、もと先祖せんぞの神はくやしいぞよ。

 これから世界中しんこくいたして、世界のかみも ほとけも 人民も、いさんでくらさすぞよ。神、仏事ぶつじじんみんなぞの世界中のせんたく〔 選択 〕いたして、此世このよかへすぞよ。しんじんつよき者は助けるぞよ。 きものはどくながらなほしで(※7)。神は気をけた上にも気をけるぞよ。モひとツ世界の大洗濯を致して、こんぽんから世をたてなほすから、世界が一度いちどに動くぞよ。とうきょうめかけるぞよ(※8)あや守護しゅごいたしてあるぞよ。あとはくなりて、綾部をみやこと致すぞよ。綾部に天地てんちかみがみのおみやてて、さんぜん世界せかいまもるぞよ。世界がウナルぞよ。世界はうへしたかへるぞよ。この世は神国の世であるから、こころたねば、あくではながうはつづかんぞよ。こんじんの世になればどんなことでも致すぞよ。めずらしき事が出来できるぞよ。


続きを読む

テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

『大本神諭』 明治26年旧7月12日

○明治26年旧7月12日(天の巻)

 うしとらこんじんぐちなをりて、世界せかいことらせるぞよ。明治めいじじんみんは、「むかしつるぎよりいま菜刀ながたな」とまをして、「かねさへりたら何もらぬ」ともうして、よくばかりにまよふて、人にあわれみといふことをチットも知らずに、でんを求め、いえくら立派りっぱて、わがものと思ふてれども、世がもとかへるから、むかし日本魂やまとだましひでないと、このきはいっすんけぬになりて、むかしつるぎるぞよむかしつるぎが世に出るとまをすのは、日本魂やまとだましひまことじんみんひかりがあらはれて、世界せかいやうことであるぞよ。うしとらこんじん表面おもてに現れて、世をかまふ様になると、いままでの様にの世のもちかたいたせんから、思いのちがふ人民がたっぴつ出来できてくるぞよ。きんぎんもちいでも、けっこう地上おつちからあががりたもので、くにぐにの人民が生活いけるやうに、気楽〔 喜楽きらく 〕なになるぞよ。衣類きるい たべもの 家屋いへ倉庫くらまでもへさして、ぜいたくな事はいたさせんぞよ。世界中そろふてよろこやう政治せいじに致さねば、しんこくとはまをされんぞよ。
 今迄れたかみがみさまも、守護しゅごじんも人民も、なにわかりもせんのに、世をあらしてしまふて、この世はさっぱりちくしょうばらになりて居るのに、ふする事も出来できやうやりかたでは、まんまつだいちてはかんぞよ。金銀をあまたいせつに致すと、世は何時いつまでもおさまらんから、うしとらこんじんあっしゅごうになりたら、天産物自給おつちからあがりた その国々の物で生活いける様にいたして、あめつち御目おんめける仕組しぐみが致してあるぞよ。昔のこんぽんから世に落ちて、んな苦労くろうかんなんも致して来て、世界の物事は、すみずみまでも調査しらべておいて、さんぜんねんあまりての経綸しぐみであるから、いちいちりん間違まちがひい、うごかぬ仕組が致してあるから、一日ももとの日本魂にたちかへりて、神国の御用ごようを致してくだされよ。
 日本はしんこくかみの守護のあつくにであるから、日本の人民からきに改心致してくださらんと、世界へかがみ〔 八咫鏡 〕をさねばらぬくにであるから、あま愚圖ぐず愚圖ぐずいたして居ると、ほうが、が、はやくなりて、日本は世界へはずかしきことが、しゅったいいたすから、神がちゅう出口でぐちなをくちりて、気をけるのでるから、うたがひをめて、うま赤児あかご精神こころになりて、かみもうす事を聞いて、霊魂たまみがいて神国のおこない致してくだされよ。あとにもさきにもまつだいいちより無い、たいもう霊魂界みたま現世界このよとのおほたてかへであるぞよ。かみの申す事は、毛筋けすじほどちがはぬ事ばかりであるぞよ。これがちがふたら神はこのらんぞよ。



テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

『大本神諭』 明治27年旧正月3日/月欲しい/本宮山は平重盛の居城/歴史談片/流行性感冒/小三災/五百津御統丸の珠/惟神眞道彌広大出口國直靈主之命/大本という文字/女性の功徳

○明治27年旧正月3日(天の巻)

  綾部01
〔 画像右に山陰線、下部の山が本宮山で長生殿が建つ。豊受大神様が最初に鎮座された聖地 〕

 うしとらこんじんふでさきであるぞよ。ぐちなおかかした筆先であるぞよ。
 いか鹿るがぐん(※1)あやほんぐう(※2)つぼうち出口でぐちなお屋敷やしきは、かみいんねんのある屋敷であるから、この屋敷に大地だいちこんじん御宮おみやてるぞよ。おほしま〔 註:大島伝一郎。何鹿郡長、綾部新宮在住。 〕の家ってくだされよ。かくぞう殿〔 註:大島角蔵。近所の住民 〕退いてくだされよ。きんすけ殿〔 註:安藤金助。近所の住民 〕家持って退いて下されよ。治良右衛門じろうえもん〔 註:森下治良郎衛門。近所の住民 〕殿 家持って退いて下されよ。気の毒ながら村中いえ持って退いて下されよ。このむらいんねんのある村であるから、人民の住居すまひ出来できん村であるぞよ。とうだいもとまっくらがりえんごくからわかりててアフンといたす事が出来るぞよ。綾部はもとおほむかしから、かみ経綸しぐみいたしてある結構けっこうところであるから、綾部は流行はやりやまひふうじてあるぞよ(※3)。このことりたじんみんは今に一人もいぞよ。
 綾部のほんぐうむらは人にあはれみの無い村であるぞよ。人がなうがけやうが、自己われさへけりゃかまはん人民ばかりであるから、改心を致さんと、世がおさまりたら、このむらあくどうおにむらと名をけて、万古まんごまつだい惡のかがみいたすぞよ。

 出口でぐち引裂ひきさきにるものも出来できるぞよ。本宮つぼうち、出口たけぞう〔 註:出口竹造。出口まさ五郎ごろうなお開祖の長男 〕、おなおの屋敷にはきんちゃがま黄金こがねたま〔魂 〕がけてあるぞよ(※4)。これをほりして三千世界のたからといたすぞよ。黄金こがねたまひかりしたら、世界中が守護しゅごとなりて、神のしんりき何程なんぼでもるぞよ(※5)あいくちすぼまらぬぞよ。「うしくそ天下てんかる」とまをすのは、今度の事のたとえであるぞよ。昔からこのが始まりてから無き、めずらしき事であるぞよ。

 大地だいちこんじん様を、きんかつかねかみさまと申すぞよ(※6)。今度艮金神うしとらこんじんおもてるにいて、この神様を陸地表面へおもうして、けっこうまつりもうさな、このおさまらんぞよ。昔から結構な霊魂みたまの高い神様ほど、世に落ちて御座ござるぞよ。時節じせつまゐりていりまめにもはなきてうへしたにかへりて、まんまつだいつづりて、神ははげしく人民はおだやかに成るぞよ(※7)。これをまこと神世かみよと申すぞよ。神世になれば人民の寿じゅみょうながくなるぞよ。世界中いさんでくらやうに成るぞよ。今の日本の人民は「こんなけっこうい」と申してれど、神から見れば、これくらゐわるい世は、このもとから無いのであるぞよ。人民と申すものはまえの事より何も判らんから無理むりいぞよ。


続きを読む

テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

『大本神諭』 明治29年旧12月2日/鶏の宵鳴き

○明治29年旧12月2日(天の巻)

 昔のはじまりとまをすものは、まことなんじゅうな世でりたぞよ。衣類きるいいたし、くさささたべものに致して、きれもの一つるでない、土にあなを掘りて住居すまいを致したものでりたが、天地てんちかみがみ御恵おかげで、段々と住家すみかも立派になり、衣類も食物もけっこうさずけていただくやうになりたのは、みなこの世を創造こしらへもといきがみ守護しゅごで、人民がけっこうになりたのであるぞよ。

 じんみんは世がひらけて、余り結構けっこうになると、元の昔のいきがみ苦労くろうを忘れて、勝手かって気儘きままに成りて、さっぱり世が頂上てっぺんのぼりつめて、まことかみおもひを知りた人民はだんだんに無くなりて、やりかたばかり致して、この世をつよものちのちくしょうばらにしてしまふて、神のところも無い様に致したから、モウこのままにしていては、世界がつぶれて、おにとのに成るから(※1)たてかへを致さな成らん事に、世がせまりて来たのであるぞよ。よつあしの守護神が覇張はばりて、うへへあがりて、日本のしんこくけがしてしまふて、この世はまっくらやみであるぞよ。神がおもてあらはれて、しんりきを現はして、三千世界を守護しゅごと致して、世界を守るぞよ。この世は一旦いったんどろうみに成る所であれども、こんじんてんおほかみ御詫おわびを申して、助けていただかねば、世界の人民が可哀想であるから、んでも人民を助けたさに神がながらくかんなん苦労くろうを致してれども、知りた人民はほどよりいので、神の経綸しぐみびるばかりでるから、このおほもとたちりて、神の御話おはなしを聞かしてもらふた人民だけなりと、改心を致して、もと日本魂やまとだましい立復たちかへりてくだされよ(※2)

 世がせまりて来たから、モウ何時いつ立替がはじまるか知れんから、後でジリジリもだえ致しても、モウ仕様しようが無いから、何時いつまでけたが、モウやういぞよ。日本の人民から改心をしてくださらんと、世界の人民さんになるぞよ。




(※1)
出口王仁三郎氏を囲む神霊座談会(3)
速志「狐憑きなどと云うものはどんなものかしら」
聖師「宮川のもりらんまるこうえいに、琴太という人があったが、そいつが反対者にきつねけられた。そうすると狐が腕の中へフッと入って来て、くくってもくくっても段々奥へ入って来る。それでとうとうきちがいになってしまった。
 それからワシが大阪できつねきを頼まれてなおしてやったが、体にボコッとふくれたものが出来ている。それは『うしとらこんじん、艮の金神』と書いてだんだん追うて行った。体中みな書いてしまったら此処ここ(腕)まで出て来た。ゆびの所まで出て来ると『痛い痛い』とっていたが、とうとうつめあいだからひるのようなやつが出やがってブーッと丸くなった、で、そいつをつかまえようと思ったらコロコロとかどへ出て、ちょうどかどぐちへ巡査がやって来たが、それにぶつかるといきなりサーベル抜いて暴れ出して、ウワーッウワーッとうてきよった。そうしたらそのおやじがなおってしまった。歯ブラシを作る商売で、沢山職人を置いた家だった。いわゆるせいしょおにだね。鬼というでもつのえたものではない。あくりょうを全部一つの言葉でう言葉だ


(※2)
○「鶏の宵鳴き」 玉鏡(昭7/6)
昔からにわとりよいきをするのは非常なる凶兆だとせられ、これを聞いた人の身の上または一家には一大変事が起るなどと伝へられ、今でもそれをはなはだしくひとがあるが、それは和鶏のみのた昔の時代の事である。今の鶏は洋鶏またはその雑種であるから、本当のときつくらないのである。しゅなれば日本のくれむこうの夜明よあけにあたるのだから、彼等はそのくにの伝統により時を作って宵鳴きをするのである。凶兆でも何でもない。これはひとりにわとりにのみかぎらないので、いぬでもねこでもうしでもうまでも今はほとんど雑種で、固有の日本種はきなむとして居る。人間界においても大和魂(日本魂)のもちぬしがだんだんすくなくなって、邪の道、悪思想のはびこる世の中になって仕舞った。なげかわしき世相せそうである。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

『大本神諭』 明治31年旧5月5日/無間の鐘

○明治31年旧5月5日(天の巻)

 いまかいじんみんは、服装みなりばかり立派りっぱかざりて、うへから見れば、けっこうな人民で、かみかなはんやうに見えるなれど、もと創造こしらへた、まことかみ目艮から見れば、さっぱりあし守護しゅごと成りてるから、あたまつのへたり、しりが出来たり、無暗むやみはなばかりたかばけもの覇張はばる、やみくもの世に成りて居るぞよ(※1)とらおほかみわれたべものさへありたら、誠に温順おとなしいなれど、人民はとらおほかみよりもあくが強いから、よくかぎりがいから、んぼものりても、たんのうといふ事を致さん、精神こころに成りてしまふて、おに大蛇おろち精神こころになりて、ひとの国をったり、人の物を無理して強奪ひったくりたがる、あくだうな世に成りて居るぞよ。これもみな露国ろこくあががりてる、わるがみれい所行しわざであるぞよ。モウこれからは改心かいしんを致さんと、うしとらこんじんあらはれると、きびしうなるから、いままでの様なちくしょうのやりかたは、何時いつまでもさしてはかんぞよ。しのみせしめは、覿てきめんに致すぞよ。いままできすっぱふほうだいの、の人民は、つらくなるぞよ。はやく改心致さんと大地おつちうへには置いてもらえん事に、かはわりて来るから、神が執念くどう気をけるなれど、智慧と学とで出来た、今の人民の耳には、這入はいりかけが致さんぞよ。

 一度にたてかへを致せば、世界に大変なひとべりが致すから、時日ひにちばして、一人ひとりなりとも余計よけいに改心さして、助けてやりたいと思へども、やうに申しても、今の人民はききれんから、世界に何事かしゅったい致しても、神はモウ高座たかみからけんぶついたすから、神をうらめてくださるなよ。世界のかみがみ様、守護神殿、人民にけるぞよ。

 げんかねうちらして(※2)、昔の神が世界の人民に知らせども、盲目めくら聾者つんぼくらがりの世でるから、神のまことおしえは耳へ這入はいらず、外国のけものを致して、うしうまにくくったり(※3)ようふくて神の前をはばからず彷徨うろついたり、いちも金銀と申して、金銀でけら世がおさまらん、人民は生命いのちたもてん様に、とりちがひいたしたり、人の国でろうが、人の物で有ろうが、隙間すきまさへありたらことを考へたり、がくさへりたら、世界は自由自在に成る様に思ふて、ちくしょうの国の学にふかはまり致したり、おんなと見れば何人でも手にけ、めかけあしかけを沢山にかかえて、ひらけた人民のやりかたと考へたり、はぢおそれも知らぬばかりか、他人ひとはどんな難儀なんぎをいたして居りても、見て見んりをいたして、我身さへ都合つごうければいと申して、日本魂やまとだましいを外国へ引抜かれてしまふて、ちょうへいのがれやうとして、神や仏事にがんをかける人民、多数たっぴつに出来て、国のことども一つも思はず、くにられても、別に何とも思はず、心配も致さぬこしぬけじんみんや、うじむしばかりで、この先はどうして世がちてくと思ふてるか、わからんとまをしてもあんまりであるぞよ。やまひがみ其辺あたり一面にかして、人民を残らず苦しめようとたくみて、人民のすきまをねらひめてりても、神にすがりて助かる事も知らずに、外国から渡りてわるがみをしへた、毒には成っても薬には成らぬヤクものに、たくさんの金を出して、ながいき身体からだを、ワヤにられて居りても、夢にもさとらん鹿な人民ばかりで、日本魂の人民は、ゆびかぞへるほどよりか無いところまで、世がくもりて来て居りても、ドうもこうも、う致さん様に成りて居るくせに、弱肉強食つよいものがちの世のかたをいたして、「これよりほかに結構な世のもちかたい」ともうして居るぞよ。日本の国のちてりて、いままでけっこうにくらして居りて、おんといふ事を知らずに、くちさきばかり立派に申して居りても、「サアいま」といふところになりたら、もとからの守護神であるから、チリチリバラバラに、逃げてしまふものばかりが出て来るぞよ。それで神がながらく苦労致して、一人ひとりなりと人民を改心さして、日本魂をこしらへて、世のたてかへあわしたいのであれど、今の日本の人民は、サッパリあし精神こころりて居るから、何程なんぼ結構な事をもうして知らしてやりても、今の今まで改心をよう致さんように、くもりてしまふたから、神もモウこえげて、手を切らなようが無いが、これけ神が気をけるのに聞かずにいて、あとで不足はもうしてくださるなよ。神はモウひときりに致すぞよ。

 けもの〔 毛物 〕の霊魂みたまりておるから、惡〔 〕が強いから、こころからのまことといふ事が無きやうになりて、人の国まで弱いと見たら、無理にってしまふて、取られた国の人民は、るにれんはされても、何も言ふ事は出来ず、おなかみりながら、余り非道ひどやりかたで、ちくしょうよりもモひとむごいから、神が今度はて、世界のくるしむ人民を助けて、世界中をますかけきならすのであるぞよ(※4)だんだん世がせまりて来て、くひものこまる様になりたら、日本の人民を餌食えじきに致してでも、徹底的とことんくといふ深い仕組しぐみを致して、日本の国をとろうとして、ながらくの仕組をして居るから、日本の人民は、余程しっかりとはらおびめて居らんと(※5)まつだいとりもどしの成らん事がしゅったいして、天地の神々様へもうしわけき事になるから、うしとらこんじんが三千年余りて、世にちておりて、かげから世界をつぶさんやうに、つらぎょうをいたして、経綸しぐみをしたしたので、モウみずもらさんやうに致してるなれど、神はそのままでは何も出来できんから、いんねんあるたまを引きよせて、かかりてこのの守護をいたすのであるから、中々大事業たいもうであれど、時節じせつめぐりて、変性男子と、変性女子の霊魂みたまが、そろふて守護がしたらから、四十八文字の霊魂みたま、世界のおほもとあやりゅうぐうやかたにボツボツとせて、神がそれぞれようを申しけるから、素直すなほに聞いてくださる人民がそろふたら、三千年余りての仕組が、一度に実現なりて一度に開くうめはな、万古末代しほれぬ花が咲いて、三千世界はいさんでらすしんこくになるぞよ。

 日本の人民の天からの御用ごようは、三千世界をおさめ、神のわうの手足となりて、わがを捨てて、神皇かみの御用を致さな成らぬ国であるから、外国には従はれぬ、とほとい国であるのに、今の日本の人民は、皆おほきな取〔 ちがひを致して居るぞよ。


続きを読む

テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる