スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『大本神諭』 明治43年旧4月15日

○明治43年旧4月15日(火の巻)

 うしとらこんじんくにとこたちのみことは、てんましますてんせうくわうだいじんぐう殿の妹子いもうとごわかぎみのみことと、ふたつの御魂みたまひとつにりて、へんじょう男子なんしあらはれて、日本魂やまとだましひたねで、さんぜん世界せかいひらくぞよ。明治二十五年に、てんかみさま くだりて、世界せかいしゅごうあそばすぞよ。かみ てんあがりて守護をいたすぞよ」とまをして、くちとでらしてありたこと実地じっちが、ちかりて来たぞよ。「そこうずめてありたわか日女ひめぎみのみことは、天の御守護をさるなり。くにとこたちのみことは、天も地もしゅごういたすなり。てんさんたいおほかみさまは、たかあまはらりゅうぐうやかたみや屋敷やしきしずまりなされて、結構けっこうたてかへたてなほしの御守護あそばすぞよ」とまをしたことは、あと十年のゆめめたらわかりかけてるぞよ。世界のおほ戦争いくさ一寸ちょっとめさして、つぎ経綸しぐみかかるから、地の神は、いったんは天で守護をいたすやうになるが、これが「天地てんちへる」とまをすのであるぞよ。「十年先になりたら、あしもとから鳥〔 〕がびっくりをいたさなならんから、其所そこりたおりうろたへぬやうに、身魂みたまじゅうぶんみがいて、はらおびめてりてくだされよ」と、毎度まいどふでさきらしてあるぞよ。
 時節じせつほどこはいものの、結構なものはいぞよ。あと二代にだいさんだいまをすにおよばず、かいてう〔 出口さぶろうきんめいれいがくかいかいちょう 〕どのが余程よほど骨が折れるから、いまうちじゅうぶん覚悟かくごいたしてりてくだされよ。これからはなににつけても海潮どのが御苦労ごくろうであれど、この御用ごようあっぱれつとげたなれば、三千世界にまた結構けっこうおんかたと致して、まつだい名を残さして、御禮おれいまをすのであるぞよ。世界がさびしく成るから、しんかいおち武者むしゃじんみんうつりてこのおほもとつめかけてるから、余程身魂みたまみがいてかんと、はずかしいことしゅったいいたすぞよ。世界のはなだかも、「今度こんど御用ごよう使つかふてしい」と申して、だんだんめかけてるぞよ。かみまをしたこと毛筋けすじよこはば間違まちがひは無いから、あんしんして御用ごようつとめてりてくだされよ。そこにりたらまことしゅごうじんまゐりて、今度こんど二度目にどめはじまりの御用ごようを助ける身魂みたまを、何程なんぼでも引寄ひきよせるから、このおほもとは、まはるほど何彼なにかの事がせはしくるぞよ。「日本魂やまとだましひまことい」と申しても、いまではいてかせばわか身魂みたまが、せんにん一人ひとりくにぐにところどころかくしてあるから、正勝まさかときにはかみうつりて、身魂みたまそうおうの御用をいたさすぞよ。そこにりたら、三千世界が一度いちどひらうめはなうしとらこんじんくにとこたちのみことしんとくが世界中にかがやわたりて、よろこびてキリキリまひいた身魂みたまと、おそろしくてキリキリまひを致す身魂みたまとが出来できて、世界はのぼくだりで、おほさわぎを一旦いったんは致すなれど、むかしからの経綸しぐみみずもらさんやうにいたしてあるから、天地てんちうごいてもべつでうはないなれど、惡〔 灰汁あく 〕の守護神の宿やどりてにくたいは、まことどくなものであるぞよ。この結構けっこうもと〔 靈の元 〕のしんこくを、がいこくだまあくがみ自由じゆう自在じざいいたされて、神はまことざんねんなれど、時節じせつちてへんぽうがやしをいたすのであるから、こころあたしゅごうじんじんみんは、一日もはやく改心〔 かいしん 〕致して、もと日本魂やまとだましひかへりて居りてくだされよ。
 日本の結構けっこうがいこくあがりてあくがみかしらやらけんぞくに、自由自在にいたされて、人とおなことになりて、ひとつも威勢いせゐふ事がないから、こんな見苦しい〔 みぐるしい 〕あしばかりの覇張はばになりて、きもかへりもらんやうに致してしまふて、天地てんちおほがみへどうまをわけをいたすのか。まことわからんとまをしても、あんまりであるぞよ。いまもちかたは、さっぱりちくしょうかたであるから、いまこうかい、モウうへもといきがみかまふてやらねば、人民の細工さいくではきは致さんぞよ。じんみんりきりたことあともどばかりで、世が段々みだれてつぶれるより仕様しやうは無いから、今度はかみおもてあらはれて、世界の人民のましてやるぞよ。日本にほんうしとらしんこくであるからもとまことしゅごうじんを「うしとらこんじん」とまをしたがこれから天地てんちの守護にかかるから、天地は、いままでとは何彼なにかことおほかはりを致すぞよ。てんりてはおほくにとこたちのみことまをすぞよ。を守護いたす時はくにとこたちのみことであるぞよ〔 註:大本神諭明治36年8月16日参照 〕。
 露国ろこくあがりてる守護神が、モひとむこふのくにわたりて、向ふの国のかしらを自由自在に致して、世界せかいあくに致す心算つもりであるが、れでかねば、しなへ致して、何処どこまでもあくもくてきてやうと致すぞよ。それては、日本にほんしんこくに、いちりん経綸しぐみいたしてあることがわからんから、いまきももどりもらんことしゅったいいたして、いたくちすぼまらぬうになりて、がいこくの守護神がアフンといたして、さかだちりて、日本へ御謝罪おわびを致すうの仕組しぐみもとからいたしてあるから、日本は大丈夫だいじょうぶであれども、今の日本のじんみんの精神ではドウかはるやられんから、日本の人民はかみ御用ごよういたさすために、てんからこしらえてあるのであるからいちにちはや身魂みたまみがいて改心いたして、今までのきたないこころを川へ流して、まことひとつの日本魂やまとだましひしゃうらいたちかへりてくだされよ。
 それじやとまをして、日本の人民に一人ひとりのこらず改心させるととこまで、世がせまりてるから、一人なりとも余計よけいまこと日本魂やまとだましひたちかへりてくだされ。万古まんごまつだい一度いちどあって二度にどない、今度こんど天地てんち御用ごようであるぞよ(※1)。今度の御用をはずすしたらモウ何時いつになりてもとりかへしはならんから、神がクドウまをすのであるぞよ。いちいちりん かみまをこと間違まちがひいから、あんしんして神の申すやうにいたすが結構けっこうであるぞよ。
 もとこんぽんまこと日本魂やまとだましひまをすものは、いまじんみんの申してるやうな、あさせまい日本魂〔 大和魂やまとだましひ 〕でないぞよ。この日本魂やまとだましひしゃうらいが、日本の人民にはさずけてあるなれど、さっぱりがいこくだましひまぜりて居るから、一寸ちょっとでもまぜりの御魂みたまは、たねにはらんぞよ。種にいた御魂みたまもとからかくしてりての、今度こんど経綸しぐみであるぞよ。「こうみぐるしきまゐりて、日本魂やまとだましひまことたねれる」とことが、もとからよくわかりて居るから、二度目にどめ日本魂やまとだましひたねいたために、わかぎみのみことが、かみいちだいそこおとしてりたのであるぞよ。「つぶれてたぬやうになる」とことが、おほがみからはわかりてゆゑに、てん一柱ひとり一柱ひとりまつだいかはりのたねかくしてりたのであるぞよ。
 日本魂やまとだましひたねになる御魂みたまは、ひととほり身魂みたまではれんのであるぞよ。今度のたてかへ日本にほん霊主体従ひのもと血筋ちすじが、「国常立尊のもちかたつらい」とまをしなされて、「こんなつらかたは、ほかかみたちつとめぬ」と、みなかみがみひとつのこころで、このほうかたついくださるかみさまひとかたかりたから、むを素直すなほに、神々の意見いけんどほおしこめられたのであるが、おしこめられてもかげから世界中を調あらためいたして、もとはじまりのかみしゃうらいなり、えだかみがみの性来から、さんぜん世界せかいなにひとらぬとことのないいきがみであるから、今度はかみほんもうげて、世界中を神代かみよかへして、そうはう御目おめかけけるから、細工さいくりゅうりゅう仕上しあげをくだされ。滅多めったそこないがいたさんぞよ。これから世界をこしらえたもといきがみが、そろふてあがりて世界の守護しゅご致しすと、一旦いったんうへには大分だいぶこんざつるから、おもちがひのやうに、綾部あやべおほもとりてじんみんだいいちに、世界のしゅごうじんじんみんに、出口でぐちなおでクドウいまけてくぞよ。ふでかんと、ながらくおほもとまゐりてりても、筆先のこころらん人民があるぞよ。間違まちがひのいやうにくだされよ。

 で九゛ちなお七十五さい、めいじし十さんねんのしがつの十五にち、しんの五がつの十五にち。




(※1)
○「万古末代に一度あって二度ない、今度の天地の御用であるぞよ」
 「明治37年旧2月11日」に詳しい王仁三郎聖師の解説が出ている。長文なので此処では省略する。


「大正3年旧7月11日」
 変性男子の身魂も、変性女子の身魂も、三千世界の大化物であるから、霊魂に曇りの有る人民には見当が取れんぞよ。この大化物を世界へ現はして見せたら、どないに悪に強い守護神も人民も、アフンとしたして吃驚いたして、早速には物もよう言はん事が出来するぞよ。昔の根本の世の本から末代の世まで、一度あつて二度ないと言ふやうな、大望な神界(かみ)と現界(このよ)の大立替であるから、「アンナものがコンナものに成りた」と申す経綸であるから、人民では見当は取れん筈であれども、改心いたして神心に立復(たちかへ)りた人民には、明白(ありやか)によく判る仕組であるぞよ。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

『大本神諭』 明治43年旧4月18日

○明治43年旧4月18日(火の巻)

 うしとらこんじんは、地球もとこしらへへんじゃう男子なんし身魂みたまであるから、もとにくたいそのままで、まつだい くにかまはならんいきがみであるぞよ。そのくにとこたちのみこと御魂みたまはんぶん変化へんげて、へんじゃう男子なんし身魂みたまりてるのが、もったいなくもてんせうくわうだいじんぐう殿の妹子いもうとごわかみのみことであるぞよ。

 こしらえるには、まつだいことあとさき御魂みたまことには、末代の世はつづかんぞよ。「だけれたら、ふ世にる、そのさきはドウる」といふ事がわからねば、一日先のわからぬうないまの政治のかたでは、とうていまことこと出来できんから、もと〔 靈の元 〕のしんこくおさまりはいたさんぞよ。「人も一代、世も一代」とまをことがあるが、今度はかみが一代れた、まっぽう〔 魔法 〕のしまぎはであるぞよ。

 の終〔 わり 〕のるのが、しんかいにはわかりてりての、たいもうな世のたてかへたてなほしの経綸しぐみてあるのじやぞよ。なにごと時節じせつであるから、んなむごに成るのも、うしとらこんじんが世におとされたのも、あがるのも、むかしからさだまりたいんねんごとであるぞよ。時節がまゐりたらドンナ事業ことでも完成でけるぞよ。かみいちだいすえになると、まっぽふ〔 末法 〕のるのも、太初もとからわかりて居りての、今度こんど経綸しぐみ 〕がいたしてりたのじゃぞよ。「魔法〔 まっぽふ 〕の」とまをすのは、世界せかいに、真正まことたいしょううつはやうになりてしまことであるから、つのは、てんとがそろはな、うへばかりりてもおさまらず、しもばかりではなほおさまりはいたさんぞよ。てんにはさんたいおほがみ様のしゅごうるなれど、世界せかいおほがみいやうにりてりたから、うへには厳格こわいかみないゆゑに、日本にほんくにへはわたりてられんはずきまりてありた、外国〔 がいこく 〕の体主霊従本意あくにつよいごくあくがみが、かたしめうちどろうみなかおりからの、露国ろこくあく先祖せんぞ計画たくみであるぞよ。もとからの計画たくみは、てんましますおほがみ様は御存知ごぞんじであるなり。こんぽんかためたくにとこたちのみことも、いてりたなれど、そのほかにはなにも御存知ないかみばかりであるぞよ。こはおほがみが世にちて居りたゆゑに、いままでれたかみがみ様の、放縦らくかた政事せいじいたされて、あとさきかまはずにそのときかれで、ほうだいもちかたで、さっぱり世はくらやみりてしまふて、日本の国にかみ威勢いせゐきやうにりたから、ごくあくがみおもはくどほりの時節じせつりたから、露国ろこく最初もとで、がいこくあくの守護神が、日本を占領とる仕組しぐみいろいろと致してるから、「露国ろこくちた」とまをして、日本のじんみんが安心いたしてりたら、十年先にりたらあしもとからとりちて、アフンといたさならん事がしゅったいいたすから、日本のうへの守護神にクドウけるぞよ。
 がいこくごくあくがみふか計画たくみは、日本にほんかみがみも、しゅごうじん、人民も、りたいなれど、うしとらこんじんは昔から世に落ちて、かくれて調あらためいたしてありての、今度こんど二度目にどめたてかへ 〕の御用ごようであるぞよ。今度は日本にそなはりて霊主体従ひのもと〔 火の元 〕の、日本魂やまとだましひ根元もとしんりきことには、とうていかなはんぞよ。日本は結構けっこう国土くにであるから、外国の惡神〔 がみ 〕が日本のくにを奪〔 〕りて、万古末代住居すまゐいた心算つもりで、惡魔〔 ばかりをれてまいりて、日本の人民の身魂みたまを自由自在にいたして、くにけがばかりに、今にいっしょうけんめいになりて着手かかりてるぞよ。日本のくにしんりきうにいたしていて、いちころりてしまう経綸しぐみながらくかかりてるから、あくがみおもわくちたら、世界せかいどろうみるから、其処そこりたらあいそうでもいったん世界せかいつぶしてしまふて、最初のいち〔 位置 〕から仕直しなほしをいたさならんうなことになるから(※1)、世界にはさきにドンナ事が破裂はれつ致そうやら、筆先どほりがるから、いちにんなりとはやく改心いたして、世界の身魂みたまたすけるやうにいたさねば、日本の国のやくまんぞよ。
 日本にほんは、「結構けっこうしんこく」とまをせども、今の日本はうへからしたまでさっぱりくもりて、外国人〔 がいこくじん 〕よりもおとりてるから、神国の威勢とすこしもいから、外国人に見下みさげられてしまふて、なにひとつ日本のまえたん事にりてるぞよ。何程なんぼ智者でも、学者でも、かなはんことになりてるぞよ。日本はしんとくでないとくにたたんぞよ。いまうちに日本の霊主体従〔 もと 〕の日本魂やまとだましひたねこしらえてたてて、日本が世界のおやらねば、世界せかいは外国の今のかたでは、何時いつまでも口舌くぜつえるとこといなれど、日本の人民がみな外国の政治せいじかたで、まつだい世がつづくやうにみてしまふてるなれど、十年先を御座ござれよ。外国のあくかたは、ヶのかわいてせてやるぞよ。それでも日本の人民のこころが、あまくもりてしまふてるから、トコトンまでは改心が出来んぞよ。いんねんある身魂みたまを、このおほもとくにぐにから引寄ひきよして、日本魂やまとだましひみがげさして、今度こんど二度目にどめあま岩戸いはとひらいて、三千世界をたてなほして天地てんち御眼おめけるのであるから、ソコへりたらいんねん身魂みたまを、世界のおほもとりゅうぐうやかたたかあまはら引寄ひきよせて、それぞれ守護しゅごを致させるから、かみほうは大丈夫であるから、いまうちこのおほもと立寄たちよひとは、余程よほど改心をいたしてくださらんと、めんぼくいやらはずかしいやらで、大本へけん事がしゅったいいたすから、神は前日まへつ前日まへつけてくぞよ。
 これだけ世界せかいたくさん わう がりてはをさまらんから、かみおもてあらはれて、七王、八王をじんびき致さして、日本にほんまことしんこくの、万古末代うごかぬひとつのおうさんぜん世界せかいおさめるぞよ。時節じせつちかりたらから、一日もはやかいしん〔 改神 〕いたしてゆめさましてくだされ。太初もとこしらえたいきがみざんねんなぞよ。モウこのさきは神の守護いたす、まこと神代かみよ経綸しぐみどほりにたてかへしまふから、いままでの事おもふて、自己本意われよしかたいたしてりたら、つらりて一寸ちょっとうごきのれんことになりてしまふから、「改心、改心」といってんばりにけたが、モウ気の附けやうがいぞよ。モウかみりといたして、てんしゅごうにかかるから、モウかみ落度おちどはあるまいぞよ。

 うしとらこんじんくにとこたちのみことわかひめみのみことへんじゃう男子なんし御魂みたま出口でぐちかみあらはれて、なおの肉体をりて、明治二十五年からガンジリまきにしておいて、つら御用ごようしたぞよ。出口でぐちなおかかしたふでさきは、もとこしらえくにとこたちのみことが、たいない這入はひりてくのでるから、チットも間違まちがひのことばかりでるぞよ。世界へた時から、そのまま肉體のあるいきがみが、けて世界中の事をすみずみまで、みずらさぬやうあらためてありての二度目のたてかへであるから、斯世このよはじまりてからたいもう神業ことであるぞよ。これまでは、たねばらんまこといきがみおしこめて、天地てんちうごいてもこと出来できさのおのみことおのみことおもてして、政治せいじいたしてりたから、さっぱり世がさかさま転覆かへりてりたのであるから、三千世界をもと経綸しぐみどほりにねじもどして、身魂みたまに世を持たして、天下てんかたいへいおさめるのであるぞよ。

 へんじゃう男子なんし女子にょしとの身魂みたま和合わごう出来できたら、男子なんしてんのぼりて、てんからてんとをしゅごういたすなり。女子にょしは坤〔 ひつじさる 〕のこんじんすっくりおもてあらはれて、おほかみ〔 註:大神とは、九×九のすうばんとこたちこと 〕の御用ごよういたさすから、ソウりたら三千年の経綸しぐみけてせてやるから、世界せかいの人民の改心が出来できすぞよ。むかしからこがれたまつるから、かみはげしく、人民はおだやかになりて、ってかはりての結構けっこうまゐるぞよ。いままつりごとかたは、いちからじゅうまでうそかためた、其場そのばのがれのかたであるから、此世このよさっぱりやみくもで、みだかたまをすものは、かみからはけてられんみぐるしき状態さまりて、むかしもとからまりたまことかみみちくなりてしまふて、じんみんとおみちいやうにさがりてるぞよ。途中とちゅうから出来できえだかみ斯世このよを自由にいたして、こはいものしでちてりたから、世界のいまていさい出口でぐちなお御用ごようは、天も地もくもりてしまふて、まことみちたて身魂みたまきやうにりたたてなほために、もとからこしらへて、そこうずめてありたわかぎみのみことの、日本魂やまとだましひ〔 大和魂 〕のへんじゃう男子なんし身魂みたまてんげて、今度の世のたてかへ御用ごようつとめてくださる御役おやくなり。坤〔 ひつじさる 〕のこんじん宿やどりてれるへんじゃう女子にょし身魂みたまは、まつたてなほいんねん御用ごようであるぞよ。

 へんじゃう男子なんしあと御世継およつぎは、明治二十五年のしょっぱつに、出口でぐちなおふでさき一度いちどかかしたことちがいはいたさん。何事も、出口なおあと二代にだいの御用をつとめさすのは、末子ばっしのおすみさだめてるなり。さんだいの御用いたすのが、出口すみそうりょう直霊なほひわた経綸しぐみさだまりてあるぞよ。この三代の直霊なおひが、もとすいしょうたねであるぞよ。綾部あやべおほもと御用継およつぎは、まつだい肉体が婦女おんなであるぞよ。婦女おんなの肉体はまつだい神の御用ごようを致さすなり。男子なんしの肉体は、末代へんじゃう女子にょし身魂みたまいておさめさすなり。この経綸は何時いつになりてもえること出来できんのであるぞよ。出口でぐちなおはちにん御子おんこは、のあるひといたすのであるが、今ではみなかしてあるぞよ。うしとらこんじんあっぱり天地てんちあらはれて、出口なお後見うしろみを致して、じゅうぶんしんとくわたして、世界のかみばしらと致すぞよ。末子ばっしすみどのも、二代の御用ごようめぐりてて、きんかつかねおほかみりたら、今のうなおこなひはさせんぞよ。かいてう〔 出口王仁三郎の別名 〕も、りんいかんとひつじさるおくやくにはらんぞよ。これは、「此世このよみだりてるから、このおほもとは世界のうつ〔 移 〕るかがみであるから、内部なかやりかたりたら、世界はドウことに成りて居るとことわかるから、じゅうぶんけてくだされ」とまをしてらしてあるぞよ。毛筋けすじちがはんふでさき、「ちがふ」とおもふたら、そのひとこころちがふてるのじやぞよ。ひつじさるこんじんかいてう身魂みたまりてしまふて、ミロク666御用ごよういたすやうになるのは、世界せかい経綸しぐみりんまでかんと、それまで和光同塵まぜりがあるぞよ。これもとからのしんかいうごかぬ経綸しぐみであるから、時節じせつたねば、なにごとじゅうぶんにはかんぞよ。今度の世界のおほ戦争いくさりてんと、おほもとくにとこたちのみことと、みないきがみしんりきでありた」とことは、よくわかりはいたさんぞよ。

 出口でぐちたけぞうは出口まさ五郎ごろうあとぐなり。出口すみは出口なおくにとこたちのみことあとを、実地じっち御系統おちすじつづかすなり。世界のおほもとは、世のもとこっぽんくにとこたちのみことの世界のおほかみ血統ちすじを、まつだい続かすぞよ。綾部あやべおほもとは、何処どこ自由じゆうにもらんおほもとぞよ。

 で九゛ちなお七十五さい、めいじ四十さんねんの四がつの十八にち、しんの五月の二十八にちのしるしぞよ。





○地はぐちすじてん伊勢いせもとてんしょうこうだいじんぐうの御血統でまつだいつづかず仕組しぐみがしてあるから、てんとをそろへて太古むかしの神代へたてかへるぞよ。



(※1)
◎「惡神の計画たくみにより世界が泥海になるなら、全部つぶして最初からやりなおす」
○「たのはおふでさきをあわさぬようにするためである。おふでさきがあたってたまるものか。(新月のかけ、下巻、277ページより)


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

『大本神諭』 明治43年旧8月7日

○明治43年旧8月7日(火の巻)

 うしとらこんじんくにとこたちのみこと出口でぐちかみあっ世界せかいあらはれるぞよ。「今度こんど二度目にどめたてかへは、れるほうしゅごうじんでは出来できことである」とまをしてあるぞよ。二度目のたてかへいたすには、もとの世界をこしらへむかしから、にくたいそのままいきがみの国常立尊〔 くにとこたち御言みこと 〕の経綸しぐみいと、天下てんかたいへいおさめて、まつだい神政つづかせること出来できんぞよ。たいもうな事は、じんみんでは何時いつまでほねりても出来でき大業ことであるから、何程なんぼ智慧ちゑがくる人民でも、とうていじょうじゅいたさんぞよ。

 二度目の世のたてかへは、さらツにこしらへるよりもたいもうであるぞよ。今度こんどの立替につい御手伝おてつだひのあるのは、りゅうぐうの乙姫〔 おと 〕殿が、出口でぐち [ せいきち ] かみひきふて、たいもう御経綸補助ごようさるのであるぞよ。くにとこたちのみことの今度の経綸しぐみのチカラにりてくださるぞよ。出口でぐちなおと出口 [ せいきち ] とが、人民界では真正まことちからであるから、この二人ふたりだまいとあはんのであるぞよ(※1)いきがみの中では、りゅうぐうおとひめ〔 音秘女 〕殿が女体にょたいであれども、国常立尊のかたうでりてはたらいてくださるのであるぞよ。人民のもっきんぎんぐらゐでは、今度の二度目にどめたてかへじょうじゅいたさんぞよ。龍宮の乙姫〔 〕殿のおん宝物たからは、出口なおと出口〔 せいきち 〕殿のおん尽力かげによりて、もとの国常立尊がうけとりて、自由じゆう修理いたす時節じせつまゐりてたぞよ。よろずこんじん殿のたからも、国常立尊がうけとりて、さんぜん世界せかいおほかみりて、三千世界をますかけひきならして、まつだい口舌くぜつやうに、二度目のの立替をいたして、すいしゃう神政おさめなならん、たいもう御役おやくであるぞよ。
 三千世界をひとツにまるめて、世界せかいおほかみりておさめんと、じんみんおうを七王も八王もこしらへてくと、世界の小言こごとえはいたさんぞよ。何時いつになりても○○のおうおさめていたならば、天下てんかたいへいおさまるとこといから、今度の神界かみ御用ごよう奉勤いたすのは、もときっすい日本魂やまとだましひ直系じきおん神胤たねことには、つとあがりはいたさんぞよ。「かみ世界せかい自由じゆういたす」とまをすのは、世界中のなにうずもり物〔 ものいっさいを、綾部あやべあげりゅうぐうやかたたかあまはらひきせて、三千世界のたからくらべをいたすぞよ。出口でぐちもとおほしまいりぐち(※2)むかしもとあげりゅうぐうやかたは、もといきがみたちかえりて住居すまゐいたみや屋敷やしきであるから、明治二十五年から出口でぐちなおかかしてあるふでさきどほりに、毛筋けすじちがひはいたさんから、しんぐうほんぐうもと 〕の屋敷やしきへ、太古もといきがみみなそろふてたちかへりてるなれど、このむらは……。

 何彼なにかこと接近ちかりてるから、たてかへを致したら、あとたてなほしかからならんから、てんさんたいおほがみいちおんみやたてまして、てんとがそろふたら、かみてんなり、世界せかいしもであるから、かみしもとがそろふたおんれいには、いっときはやたてかへいたして安心〔 あんしん 〕をさせるぞよ。それでいっときも早く御宮おみやたてて、あと修理個成おさまりしゅごういたさねばならんぞよ。ふでさきらしてあるが、むらひといえ取除とりもらはならん時節じせつまゐりたぞよ……〔 明治27年旧正月3日 〕。

 しゅごうじんいまわからいではどくであるぞよ。わかりたおんかたからるのであるが、みな取違〔 とりちがひ 〕がるのは、こころが見苦しい〔 みぐるしい 〕〔 唐 〕であるから、身魂みたませんたくいたさんと、とりそこなひと慢心〔 まんしん 〕がりたら、おほ間違まちがひ出来できるから、クドウけてるのであるぞよ。はやわかりた守護神から、しんかい御用ごようはたらきなされ。今度こんどはたらきこころき守護神から、はや出世しゅっせ出来できるのであるぞよ……。

 このふでさきは、トコトンの場合ばあいかんと、けるでいぞよ。
 
 いまじんみんこころでは、有利よきことはまをしてやられん惡魔〔 ばかりで、まこといから、結構けっこうふでさきせられんぞよ。これでもせならん時節じせつるぞよ。何彼なにか時節じせつはやうなるぞよ。時節じせつには、なんでもかなはんぞよ。なにも一度に出現くるぞよ。むかしからまちこがれたまつしんかいではりてるなり。人民にはわからんが、モウこともソロソロわかりてるぞよ。世界にはだんだんいやことるぞよ。日本にほんうちにもひとわるところは、きびしきいましめがるぞよ。これから日本がみたら、がいこく〔 害国 〕には明治二十八年の七月にかかしてあるふでさきどほりがるぞよ。外国〔 がいこく 〕は地震じしん かみなり あめらして、罪障めぐりふかじんわるところは、にくたいたひらげてしまはんと、戦争いくさばかりではナカナカわうじゃういたさんごくあくがみここまでのたくみ、いままで世界せかいまこと統一神たいせう〔 大将 〕がなかりたゆゑに、つよいものがちで、もとからのあくの企みが、トントン拍子びゃうしたのであるぞよ。外国のごくあくがみがモウひとつのもくてきじょうじゅさして、日本にほん92いちころ占領とりしま仕組しぐみいたしてるぞよ。

日本にほん神国くにには、りん ところで、いちりんみつみつなりことたまなり)がる。ひらかへす」

 とこといてあらうがな(※3)がいこくあくがみわうじゃうさせてしまふぞよ。

 で九ちなお七十五さい、めいじし十さんねんの八がつのなぬか、しんの九がつの十いちにち。




(※1)
○「出口清吉さん」(新月の光 下巻 昭和19年7月29日)
 せいきちさん(大本開祖の二男)はふでさきに「んで」とときは死んでいなかったので、のち支那しなに渡って結婚し、ひかりかづらの身であったので、しんきちと称えて、しょうという子供が出来ていたがちょうさくりんに殺されたのである。支那しなって王仁おには調べてきた。秘密だったので蒙古入記に出さず、あとで発表したのである。


(※2)「大島が入口」
○出口王仁三郎著「日本は世界の胞胎」(月鏡、昭和5/6)
日本にほん世界せかい胞胎えなあたってって、世界の地形ちけいは日本のそれと相似形そうじけいをしてるといふ事はたびたびはなした事である。すなわち日本は五大島からなり、世界は五大洲からなってをり、その地形もそっくりそのままである。九州きゅうしゅうは阿弗利加(アフリカ)に、四国しこくごうしゅう(オーストラリア)に、北海道ほっかいどうほくべいに、台湾たいわんなんべいに、本洲はおうたいりくそれぞれそうとうしておる。紀伊きいくにはアラビヤに、琵琶湖びわこは裏海(カスピ海)に、おほさかわんこっかいに、伊勢いせうみはアラビヤかいに、駿河するがわんはベンガル湾に、津軽つがる海峡かいきょうはベーリング海峡に、土佐とさわんはオーストラリア大湾に、能登のとはんとうはスカンヂナビヤの半島に、瀬戸せとないかい地中海ちちゅうかいに、かんもんかいきょうはヂブラルタルの海峡に相当する。
〔 私註:日本神話でてんそんこうりんがあったのは九州のたか千穂ちほきりしまやまの火山地帯で、ここから神武じんむてんのう大分おおいた宇沙うさて東征となる。人類史的には、現人類はの東部火山地帯(大地溝帯)で発生し、エチオピア(九州では大分附近)を経由けいゆして全地球に拡散進出した。 〕
 これはほんの一部分をしめしたにぎないが、地名ちめいことたまがくで調べて見ると、小さな町や村に至るまでみなおなじである。
 日本国内では鹿しまけん〔 鹿児島県 〕のおおしままた日本の縮図しゅくずであってすべてが相似形をしてる。またそれの土地におこる種々の出来事も、そうおうかたちをとっておこるのである。
 たん土地とちのみでは無い、人のからだまた相応して居るので五臓ごぞう六腑ろっぷは五大洲に同じやうな形をしてるのである。
 あのネーブルというくだものがある。エボのところにおおきなへそがあって、むいてみるとおなじような形をしている。あたかも小日本がだい日本(世界全体)と相似形をしているのと同様である。不思議なことには、このネーブルは、日本に移植いしょくされると何時いつのまにかへそがなくなってしまう。こころなきネーブルさえも、日本が世界のおやぐにであるということを知っていて、日本に帰ると、日本、外国の区別はいらぬとばかりに、へそをなくして世界統一の形を示す。しんもんはネーブルを横に切ったくちかたちだと、わたしは神様から聞いている。日本とふ国は、不思議なとうとくにである。


○王仁三郎著「奇魂の足らなかった南洲翁」(水鏡、昭和3/3)
 おほしまから鹿しまけん〔 鹿児島 〕へと、今度の旅行で西さいごうなんしゅうおうあとたずねてみたが、翁にはおしかなくしみたまらなかった、とふ事をつうかんせずにはれなかった。天下てんかごうれいせうとするものが、陸路りくろ へいおこしてみちみちくまもとを通過してとうじょうせんとするなどはさくもっとせつなるものである。とききゅうきょ兵を神戸こうべおほさかおくって、名古屋なごや以西をやくして仕舞しまはねばならぬのであった。当時ぶつじょうそうぜんとしてて、そんな事はなんでもなく出来できた事なのである。かくて京都、大阪などの大都市をはやく手にめねばこころざしぶることが出来ない事はるよりもあきかな事であった。しかるにことここでずして、熊本あたりにっかかって、愚図ぐず愚図ぐずしてたものであるから、こと志と違ひ、おもひもよらぬちょうてき汚名おめいいちいへどねばならぬやうになって仕舞しまったのである。くしみたまらなかった。桐野きりのとしあきしのはらくにともみなしかりである。おほしま〔 大島 〕にたいざいちゅう、三回ばかり西さいごうおうれいにあったが、いろいろわたし〔 王仁 〕に話をしてった。「智慧ちゑらなかったなあ」とふてやつたら、「まったかたわるかった」とふてった。
《 参 照 》上野公園さん『人に内在する良心神ブログ』より「空の神兵。【恐怖の宇宙大王は天下る】の「マルス」とは


(※3)
○王仁三郎著「秘密」 月鏡
 みつの「 秘 」のかならしめとかいてある。かくことを意味するのでは無い、秘密ひみつうてかせるので、人は安心する。そしてほんとうの秘密がたもたれてく。私にはいわゆる秘密とふものはい。だけれど神様からかためられた霊界物語は、二十四年間しん秘密ひみつたもって来た。神様がかつて「なお(大本開祖)にさへはれぬ。おまえよりほか世界にうてかすものが無いのだ」とおほせられたことがあった。

テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

『大本神諭』 明治43年旧9月10日

○明治43年旧9月10日(火の巻)

 うしとらこんじんくにとこたちのみことへんじょう男子なんし身魂みたまが、世界せかいとどめさねば、何時いつまでおさまらんぞよ。世のたてかへながかかりてりたら、世がつぶれてしまふてたちてはかんから、なにごといっさくらちいた経綸しぐみであるぞよ(※1)いまに「かみじゃ」とまをしてりても、わるがみりてるのが、九分くぶあるぞよ。るのが、日本にほんくにもと日本魂やまとだましひが、さっぱりあし御魂みたまりてるから、実地じっちの日本魂〔 大和やまとだましひ 〕のしょうらいみがけたしゅごうじんさえりたら、日本も世界もんなむごことには成らねども、いまれるかみは、「もとかみじや」とまをして居られても、矢張やはこんぽん神胤たねいから、しゃうらいちがふから、何時いつに成りてもまことことりはせんぞよ。
 日本魂〔 だま 〕とまをすのは、世におととされて、永い間の神代かみよいちだい苦労くろうかんなんくやしいざんねんこばりてた、世界せかいつくりたいきがみでないと、実地じっちの日本魂のたねとはまをされんぞよ。このまこともとじきじき御魂みたまたねでありたら、タタキつぶしても、かれても、はれても、微躯びくともいたさず、いったんみだれてつぶれても、まことの日本魂たてなほして、すいしょう神世かみよに致して、てんさんたいおほかみさま御渡おわたもうして、御見おみもうしんりきがあるのが、真のいきがみであるぞよ。二度目にどめあま岩戸いはとびらは、大事業たいまうであれども、まことひとつをたていて、さらつの修理いたして、てんおほかみの御命令がくだりて、世界せかいかまやうに成るのは、国常立尊〔 圀土92とこたち御言みこと 〕の御用ごようであるぞよ。くにとこたちのみことと、てん在坐ましまあまてらすすめおほかみ様の御妹子おいもうとごわかみのみこと御魂みたまへんじょう男子なんしは昔から、これほど苦労かんなんくやしさ残念さを忍耐こばりて来た身魂みたまは、世界にほかにはいのであるぞよ。てつ草鞋わらじで世界中をなんべんたずねてても、この御魂みたまよりちっともかはらん御魂みたまは無いぞよ。ういふ身魂みたまであるから、出口でぐちなおなにけてもむずしいのであるぞよ。
 変性男子の宿やどりて出口でぐちなお身魂みたまは、おとこと おんなと ふたつになりて、かみいちだいながあいだの苦労艱難を、ここまでこばつめとくって、さんぜん世界せかい御地面おつち天の大神様から請取うけとりて、万古まんごまつだいつづかす御用ごようりたぞよ。まことたいもうおんやくこしらへて御出おいでなさる身魂みたまであるから、今迄はけたりばかしてりたなれど、モウけては居れん時節じせつせまりてたから、あっぱれしんかいおもてちて、世界のしゅごういたさねばくにつぶれるぞよ。
 身魂みたまひとつにりて世界のしゅごういたさねば、真正ノ神政まことのことしゅったい致さんぞよ。出口でぐちかみあらはれて、とどめさねばらん時節じせつまゐりてたぞよ。てんとがそろふて、まつだいつづかすぞよ。綾部あやべもと、世界のおほもとであるぞよ。これから三千年の経綸しぐみふたけて、さらつのを続かすぞよ。びっくりいたすなよ。「ふんのびたり、ひとたっぴつ出来できる」とまをして、毎度ふでさきらしてあるが、何彼なにかの時節が参りて来たぞよ。くちで知らしてある事もみなるぞよ。世界のおほもとであるから、むかしまつ神政復活もどして、末代うごかぬに致す綾部あやべおほもとは、世界のまんなか出口でぐちもとで、しんぐう〔 新宮 〕ほんぐうもとみやかへるぞよ。それにいてたいもうな事が、出口でぐちなおにはせてあるぞよ。よろずかみにも御存ごぞんじのいとうな、大望な事業ことであるから、ねんねんれてくのであるぞよ。

 綾部あやべおほもとは、まつだいへんじょう男子なんしの出口なお霊系ちすじいと、世が続いてはかんぞよ。肉体が女で御魂みたまが国常立尊の御魂みたまであるぞよ。だいだいつづおんな御世継およつぎであるぞよ。このこと大事だいじことであるから、ねんれていておくぞよ。これから結構けっこうな筆先をかかすが、なにごとみなそのとほりにりてるぞよ。ぐちなおは、くにとこたちのみこと御用ごよう使いてくれとりつぎであるなり。出口でぐち○○はりゅうぐうおとひめ殿の御用を奉仕きかしてあるぞよ(※2)もうしてある事は毛筋けすじほど間違まちがひいぞよ。かみりて勲功てがらせるのであるぞよ。はちにん御子おんこまつだいひとと致すぞよ。苦労くろうかたまりはなひらまゐりたぞよ。

 で九ちなお七十五さい、めいじし十さんねんの九がつとおか、しんの十がつ十三にちのよのかはりめのしるしぞよ。




(※1)
○「何事もいっさくに埒良く致す経綸であるぞよ」
らち」と「拉致らち」と「」について、上野公園さん『人に内在する良心神ブログ』ブログより「五六七(みろく)の世に進む【拉致らち】が始まったのか???」も参照されたし。


(※2)「龍宮の乙姫殿の御用」
○出口王仁三郎著「りゅうぐうおとひめ様」(水鏡、昭3/2)
 りゅうぐうの乙姫〔 おと 〕とふのは、りゅうぐうやかたの一番のすえむすめすなわち二代(出口)すみことである。


○出口澄子著「おさながたり」より「12 清吉兄さん」と「13 蘿竜の話」と「14 お米姉さん
 およねねえさん〔 出口なお教祖の長女 〕の肉体に、りゅうぐうおとひめともわれているかみさまの、いちばんみぐるしいメグリのふかいときのミタマがかかり、それに、この世をみだした神がおほぜいけんぞくをつれて這入はいってきたのであります。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。