『大本神諭』 明治35年旧3月8日/竜は耳が聞こえぬ

○明治35年旧3月8日(天の巻)

 さんぜん世界せかいしんかい現界このよとのおほたてかへであるから、いでかみさまあらためいたしてれば、この世はさっぱりやみに成りてゆえに、結構けっこうまことことを、ながらくのあいだ ぐちなおろうりて、エライ気苦労をさして、「んでも大革正たてかへはやいたして、神もぶつじんみんも、はやく致したい」とおもふから、いんねんある身魂みたま出口でぐちなをに、ながらく苦勞くろうをさして居るぞよ。出口でぐちなおは、このてからの苦労はいちばんかるい苦労であるが、それでもこれだけの苦労であるぞよ。昔の神世かみよからのつみふか霊魂みたまであるから、なんべんいきかはしにかはり苦労をさしたのは、今度こんどようたてしんかいぐみであるから、今度はつとげねば、なお霊魂みたまは神界からゆるしてもらえんのであるぞよ。あまり世界がわるびらけにひらけて、つけやうが無い様にみだれてしまふて、苦しむ人民がたっぴつ出来できて居るから、一年なりとあくちぢめてはやへてこんりんおう弥勒紋章01 〕のいたして(※1)みなの人民をくしてやりたさに、うしとらこんじん出口でぐちなおこの苦労であるぞよ。人のらん苦労ともうことは、今度の事が申してるのであるぞよ。たれたのみたのでも無し、このほうあまながらく苦労を致したので、世界の人民がながい苦労を致すのが、可哀想かあいそうらんから、けてこの世をまもりて居りたなれど、かげ守護しゅごではモウかんから、今度は表面おもてあらはれて、てんさんたいおほかみゆるしをいただきて、三千世界をかまやくりたぞよ。うしとらこんじん出口でぐちかみ〔 神 〕と成りて守護しゅごありすと、世界の物事がはげしく成りて、なにの様子がかはるぞよ。これまでぞくでありたから、き守護は出来できてはらんぞよ。
 これからうしとらこんじんが、世界の事をひとわかるやうにふでさきかしてらしてやるが、なにわからん利己主義われよしの人民は、またるくるのであらうが、すいしょう霊魂みたまみがけば、神のまをすことが判り出すぞよ。何をまをしても、くらがりのそだちた盲目めくら聾者つんぼ(※2)じんみんばかりであるから、わかかけが致さんので、神はモウたすやういなれど、らうことなら、ふてきかかして、一人でもけいに助けたいとおもへばこそ、たてかへばしばし致してれば、またあくしゅじん退かぬにくたいの人民が、「ふでさきうそでありた」ともうして、エライ不足ふそくやら、神のわるくちを申して居るなれど、ソンナあさ経綸しぐみは致して無いぞよ。世界の人民よ、いちにちも早く心をへて、もと赤心まごころたちかへりて、しんこくおしへじゅうぶんはらめてよれ、あまり大きな間違いやら取違〔 とりちがひ 〕で、いたくちふさがらんことるぞよ。




(※1)
○「金輪王の世に致して・・・」
世を救ふ ろくの神の 標章みしるしは まるじゅうかむさだめなる(出口王仁三郎聖師、霊界物語第1巻余白歌)
○上野公園さん『神言会・大本教神諭解説』より「第十一章、森羅万象ことごとく」より『節分の煎り豆に咲く花は』。


(※2)
○王仁三郎著「竜は耳が聞えぬ」(月鏡、昭5/2)
りゅうみみいてつんぼむが、竜はみみきここえぬものである。竜はしんかいぞくしてるから人間の言葉はつうぜぬ。神様の言葉でなくては聞えぬのである。だから普通の人に風雨を叱咤しったするちからい。神界につうずることたまもちぬしのみが竜に命令し、天然現象を自由にしる権能をもってるのである。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

『大本神諭』 明治35年旧3月11日/三千年に一度実る桃の実/世の大峠と信仰

○明治35年旧3月11日(天の巻)

 うしとらこんじん おもてあらはれて、これからはこといたしたじんみんと、しき事いたした人民とをたてわけて見せるから、ながらくふでさきで知らした事がわかりてるぞよ。「かみみちでは、教役者とりつぎなり、公人くにんやくにんかしらいたしてるものを、こころしきものはみな とりはらい払い 〕に致すぞよ」と筆先にしてらうがな。みなて来るぞよ。世界のすみずみまであらためが致してあるから、世界へせしめがせて在れども、盲目めくらつんぼのなかであるから、何をして見せたとてひとつもわからんから、今度はあっあらはれて、てんおほかみ御命令ごめいれいいただきて、よしあしさばけると、盲目めくらき つんぼみみきこえ出して、トチめんぼう〔 麺棒 〕をってビックリ致すぞよ。世界の人民は、うたがもので在るから、実地じっちまことのしょうまつを見せてやらねば、なにを言ひ聞かしても耳へも這入はいらず、何をしてせても目にとまらず、こんぽん霊魂たましひくもりてるから、わかるのがむつしいから、何程なんぼあいそうでも、かみしんりきは、これぐらいなものでるといふことをして見せて、かいしんさせねば、モウ助けやうがいぞよ。
 人民といふものは、ばんぶつれいちょうもうして、神にもれるしょうらいの、結構けっこうたまいただいてながら、これだけにくもらせてしまふて、なにまことの神のおしえが解らんやうになりたのは、がいこくをしへ世界せかいいちきものとおもまよはされて、かんじん日本やまとだましひを外へ宿やどかへさして、全然さっぱりたましひへられて居るからであるぞよ。昔からの神が管掌かまはねば、くにみだれて世界中がつぶれてしまふから、このほうきびかみがみまをしてがんりたのであるが、おほぜいひとりとはとうていかなはいで、よろずかみからうしとら閉鎖おしこめられたのでありたぞよ。せつを待てばいりまめにもはないて(※1)、いよいようしとらこんじんが世界のおつちうへを、いっさい守護致す世になりて来たから、このやみしゅにいたすしんかい経綸しぐみ御用ごようちからになるかみがあれば、申しておいでなされよ。
 このこのままにしていたなれば、日本はがいこく略取とられてしまふて、世界はどろうみるから、まっぽうちぢめてまつに致して、日本神国のおこなひを世界の手本てほんに出して、外国人〔 がいこくじん 〕をしたがはして、まんまつだい動かぬ神の世で、三千世界の陸地おつちうへを守護致して、神、ぶつ、人民を安心させてやるぞよ。そこへるまでに、世界には、ひとたてかへおほとうげがあるから(※2)、一日もはやく改心いたして、神にすがりてまことおこないにえてらんと、今迄のやうな、われさえけらひとけやうがたおれやうが、むきもいたさん精神こころでありたら、神のいましきびしきから、とうていこのおほとうげす事は出来できんぞよ。




(※1)
○出口王仁三郎著「三千年に一度実る桃の実」 水鏡(大15/10)
 三千年に一度いちどみのももふのは、無花果いちじくの事である。ももの事ではない、どんの花咲く春といふのも同じ意味である。優曇華は印度インド語であって、無花果いちじくの事である。大本神諭のいりまめにもはなく」ふのと同じ意味であって、希有けうの出来事のひである。
〔 註:新約聖書マタイ伝24章「いちじくのから、たとえをまなべ。枝がやわらかになって、葉が出て来ると、夏の近いことがわかる。そのようなに、これらのことのすべてをたら、あなたがたは、ひとぐちまでちかづいているとれ。」 〕


○王仁三郎著「三千年に実る桃」 玉鏡(昭5/12)
 三千年に初めてみのももと云ふのは、うしとらこんじん様の事である。しかしてそのおしえいたものは天国にはいる事をるのである。ももの味、すなわかみみちである。九千年にみのる桃、六千年にみのる桃とあるのは、第一天国、第二天国の比喩ひゆであって、三千年の桃はすなわち第三天国にそうおうするのである。


(※2)
○王仁三郎著「世の大峠と信仰」(玉鏡、昭7/6)
 神様は人間を神にせてつくり給うた。しかるにこく〔 註:国常立尊様 〕いん退たい以後の世界は、やつがしらやつ大蛇おろちきんの悪霊〔 注:金毛きゅう白面狐 〕、ろくめんはっじゃ〔 註:じゃしんじゃ神。ユダヤ悪鬼 〕のすさびにおかされて、だんだんと神様と離れて惡魔あくまに近い人間になってった。人道すたれ、め 人のめ、国のためなど考ふるものはなく、ひたすらに私利しり私欲しよくにのみふける世の中になって仕舞った。このままで進んでいったならば、世界も人類もめつぼうするよりほかは無い。これはどうしてもここにいちだいてんかんが来て、全人類がまわみぎ断乎だんことしておこなはなければならない事になるのである。
 惡魔をはなれて神様にむかはなければならない時が来る。かかるてんかんあたって、人類はかなり重大なるくるしみなやみのうえに立たせらるる事はひつぜんである。日常ひごろ、神を信じ神に従ふおほもとの信者の上にも同じなやみは落ち来るのである。大本信者のみがひとりこの苦しみをのがれて、特別の場面に置かるるやうなむしのいい考へをしてたものもおうおうにして昔はあったが、さういふわけにはかぬ。ただ、まことの信仰にあるものは、かかるさい 神様におすがりする事の出来るつよみをもって居る。そしてつねに教へられつつあった事によつて、先が如何いかになりくかの見当をつける事が出来る。この二つの信念のめ、ただ自己われをのみ信ずるしん無霊魂者より、はるか容易たやすくこのなんかんを切りぬける事が出来るのである。
 人間のちからをのみたのみて生活しつつある人々が、じんりきをもって如何いかんともすることの出来ない事実にそうぐうする時、そのなやみやめいじょうすべからざるものがあらう。人間はつくられたるものである。つくぬしたる神様の御意志にしたがって行動してさへ居れば、間違ひないのである。きたらむとするおほとうげに際し、信仰無き人々をそぞろにどくに思ふ。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

『大本神諭』 明治35年旧3月14日

○明治35年旧3月14日(火の巻)

 いままでったかみさんが、この世をもちあらしておいて、ほうだいにしていて、しりむすばずに、こんなあくどうまっくらがりのに成り切らして置かれたので、うしとらこんじんが天からの御命令をいただきて、さんぜん世界せかいたてかえいたさねばならんやうにりたのであるから、この世をちてもらかみいとこまで、エライ事に世をもちあらしたものであるぞよ。こんな世のもちかたいたしていて、てんやうに成りてるから、どくながうしとらこんじんで無ければ、世をたてなほことの神様でも出来できんぞよ。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

『大本神諭』 明治35年旧4月3日

○明治35年旧4月3日(火の巻)

 うしとらこんじんぐちの神とあらはれて、たてかえしゅいたすぞよ。さかさまなりるのを、うしとらこんじん表面おもてて、出口でぐちとりつぎもともどすぞよ。このかみおもてになりたら、次にりゅうぐうおとひめ様があらはれなさるぞよ(※1)。改心〔 かいしん 〕のはや出来できかたから、出世しゅっせをさすのであるから、今度は自我りて居るほど出世が遅くなるぞよ。へんじょうにょもチトを折らんと、皆がなんじゅういたすぞよ。今度の仕組しぐみうしとらこんじんもうすやうに致さねば、よこ経綸しぐみらうと思うたとて、先にほど行き当りて、物事が遅れてみなが苦しむばかりであるから、一日も早く守護にかからんと、なかなか大望であるぞよ。
 このおほもとに世界の所作しょさがらがさして見せてあるから、この大本の様子をく見ておくがよいぞよ。大本にりたことは世界に皆あるぞよ。明治25年からぐちに言はす事は、ひとつもかはりた事ははして無いぞよ。おなじ事ばかりが言はしてあるぞよ。世界中の事であるから、ふでさきに出した事は、みな世界からだんだんと出て来て居るのに、うたがうて誤解とりちがひを致して居るぞよ。人が死なうが、世界が潰れやうが、おほぜいの人民が苦しまうが、「自分われさへ良けりや良い」といふやうな心で居ると、われが先に泥溝どぶはまって、苦しむ事が出来てくるぞよ。「ひとを人を」と思ふ、まことぜん精神こころでさへありたなれば、神が見届けて、そのうえでその人を助ける神であるなれど、しんじんをいたして、間違うた心でこの大本なかへ来ておると、大変につらい事に成るぞよ。この大本は世界の調査あらためを致すとおとい所であるのに、皆のものが罪科めぐりを持って来ておいて、われうまい目的がはずれたとを申して、反対あらこらに大本をうらめるやうな心で居りたら、かんじん罪科めぐりが取れずにえるばかりであるから、ながらく苦しみがあるから、この大本なか這入はいりて居りて、神や出口をうらめるやうな精神でありたら、だ苦しみが出来るぞよ。ここひきして、早く改心さして、良くしてりたいと思ふて致す事を、さかに取るから、ものごとが逆様にかへりてしまふぞよ。それで、ふでさきはんとおもうたら、自分われはらなかかんがへてよれ」と申すのじゃ。「ちがふ精神がありたら、物事が違うて来る」と申して、筆先にしてあらうがな。この筆先はひとつも違う事はかかしてないぞよ。おそはやしはあるなれど、ながらくの経綸であるから、きに来る事ばかりは無いなれども、うそはチットも書して無いぞよ。く見てれよ。おひおひと出て来るぞよ。
 世に出てかたに、チットはげしき神様ばかりが表にあらはれなさると、世界は激しくなるから、そこに成ると、世界の罪穢めぐりみなわかりて来るから、めいめい罪科めぐりの有る事はわからんから、だ神をうらめるものが多数たっぴつに出て来るぞよ。罪科償却めぐりの出て来るのは、世界はこれからであるぞよ。高いところのぼりて、エラサウにいたしてりた人民、チツトこれからは気の毒な事にかはるぞよ。そこになりてから神にすがりたとて、ききみは無いぞよ。目のさめる人民、世界にはだい出来るぞよ。「世はもちりにはせん」と申して、まい筆先にしてあらうがな。この世が来るから、ぐちに口で言はせ、筆先にかかして、知らしてりたなれど、うたがいがながきゆえ、あけからすと致して眼をまして見せるぞよ。遅くなるほど世界はわるくなるぞよ。このおほもとは、御在おいでかみさまと、ちてかみとは、おもひがちがふから、心がはんはずの事じゃぞよ。この世が余りみだれて、持てんやうに成りたから、世にあらはれて世のたてなほしを致す神と、このまま何時いつまでもつづかしてゆかうとする神とのたたかひであるから、この大本はむつしいのじゃぞよ。今度は、いままでに世に出て居りて世をもちあらした神と、ちからくらべを致すのであるから、いまは神界では神と神とのおほ戦争たたかひであるぞよ
 このあやおほもとは、世界せかい出来でててくることを、さき実地じっちかたをしてせてあるからじゅうぶんけてかんがへておくがいぞよ。大本は、病気なおしのやうなちいさいところでは無いから、誰も大きな心で来てもらはんと、りょうけんが違ふぞよ。何事なりとも頼めばききずみはあれども、うしとらこんじんは、このみだれた世をたてなおしを致すたいもうな御役目であるから、手をはしておがみて居るばかりでは何もわからんぞよ。今迄のきたない心を捨ててしまうて、まことひとつのかみごころになりてんと、何も判らんぞよ。いつも「かいしん、改心」と申すのは、「今迄の心をさっへてれ」と申すのじやぞよ。おほもとみちは、為安しよい信心の出来にくいみちであるぞよ。うまい事もうして人をひきして、陽気ようき信心しんじんするやうな教会のかたとは違ふから、なにけて骨が折れるなれど、三千年のこの仕組しぐみはなひらせつまいりたのであるから、いよいよ今度はうえしたかへるのであるから、神にもぶつにも人民にも知らしてあれども、今に置き、このままこのが先にけるやうに思うてを張りて居ると、誰にらず、げもおろろしもらん事になりてるぞよ。
 先の見えるがまことかみであるぞよ。誠とふものはえらいものであるなれど、まことなきひとは途中で物がかわるから、今度の事はまことつらかねばならんから、うしとらこんじんおしえは骨が折れるなれど、つらいたならば、この世にはこはの無き神であるぞよ。今の人民に、この御用をつとげるたまは少ないぞよ。人民の身魂みたまは、もとは神のわけたまであるから、みがけばるなれど、今のくもりた人民はなかなか早速さっそくみがけんから、これだけが骨が折れるなれど、このおほもと御用ごよういたす身魂みたま多人数おほぜいらぬなれど、何程なんぼ神がきかかしても、聞く人民がちょっといから、世界の物事がおそくなるのであるぞよ。何時いつまでおなじ事を申して居りても、さかさまになりて居るのであるから、良き事をもうせばわるく見えるなり。わるい事を致しても、人をたばかりても、ぶり良く致せば、今の時節じせつは人からほめ時節じせつであるから、心がひさうな事は無いなれど、これでも時節がまゐりたから、あくではもうちてはかぬから、早く改心いたしてまことの心になりて、日本の人民の行状おこなひを致さぬ事には、神はききき事になりたぞよ。日本も外国と同じ精神にりてしまうて居るから、二度目のたてかへが始りたら、余り大きなとりちがひで、かどへも出られんやうにはずかしうるから、改心するなら今のうちであるぞよ。今にてんかへりてて、上が下になり、下が上に成りて、さんぜん世界せかい一度いちどひらうめはなうめいちりん経綸しぐみばな時節じせつちかよりたぞよ。




(※1)
○出口王仁三郎著「竜宮の乙姫様」 (水鏡、昭3/2)
 りゅうぐうの乙姫〔 おと 〕とふのは、りゅうぐうやかたの一番のすえむすめすなわち二代(出口)すみことである。
〔 現代注:ただし澄子さんはきんかつかなめかみでもあるといふ。また神界的には、出口さぶろう聖師となお開祖が御夫婦、澄子すみこさんは御二人の子供であるとふ。 〕


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる