『大本神諭』 大正4年正月23日

○大正4年正月23日(火の巻)

 天の王と地の王とで、根本から三千世界の立替を致して、世界には国の奪り合ひと云ふ事の無いやうに、日本の国の霊主体従(ひのもと)の生神が守護いたしての、二度目の世の立替であるぞよ。末代の世を持つのは、普通(ひととほり)の事を為(し)て居りては、何時までも小言の絶えると云ふ事は六ヶ敷ぞよ。善一つの誠の道で行かねば、我好しの行方(やりかた)では、世界に口舌が絶えんし、又何程(なんぼ)頭(かしら)が苦労致して、ドンナ行を致しても、上に立つ大将の量見が悪るくば、世は立ちては行かず、直(じき)の御側附の精神が悪くば、上も立たず、下にも口舌が絶えんぞよ。今度の二度目の世の立替は、後にも前にも一度より無い大望で、世界中の三段に分けてある御魂を立別けてしまふて、悪の霊魂は日本の国には置かん事に致すぞよ。一寸でも悪が混りたら、日本の地(おつち)の上には居れんやうに、何う言ひても成りて来るのが、世が変るのであるぞよ。天然(てんねん)にドうせいでも、時節が来たら何事も成就致すから、時節ほど結構なものの恐いものは無いから、何事もこの先は、素直に神の申す如うに致さねば、世は何時までも立たんぞよ。
 天地の元の先祖がこの世を持ちて行かねば、今の世に出て居れる守護神の世の持方では、途中に乱れて末代の世は持てんぞよ。この世一切の事が、依然(じっと)して居りて一度に見え透く身魂で無いと、世界の事が判らんやうな身魂では、到底治まりはせんぞよ。何程守護神に智慧がありても、エライ学でも、昔の元のミロク様の御艱難のいろはからの勉強は、物質の学では出来も致さず、判りもせんぞよ。いろはからの勉強を致すのは、「日本の霊主体従(ひのもと)の元の生粋の其儘で、末代変らぬ天の御先祖様と地の世界の先祖との世である」と云ふ事を、天地からの実地をして見せて、世界中へ改心をさせねば、今の日本の人民では解らんぞよ。根本のいろはからの事を、世界中へ一度に解けて見せて与るから、明治25年から「吃驚箱が開く」と云ふ事を、出口直の手で、国常立尊が引き続いて知らして居るなれど、今に判らん人民斗り、改心のしかけの出来ん守護神ほど、今に頑張って居るが、筆先に違はん事が書いてあるから、「九分九厘になりたら、手の掌を覆すぞよ」と申してあるが、さうならんと守護神も人民も改心を致さんが、恐さの改心は真(まこと)の改心で無いから、間に合わんぞよ。
 今度の二度目の世の立替は、現世(このよ)へ出て居れる守護神に、余り大きな取違があるから、執念(くどう)気を附けて置くぞよ。是程曇りて居る世の中へ、昔の元の万古末代動かぬ生神、生魂の彌勒(みろく)様の神道へ立帰りなさる世が廻りて来て、国常立尊が元の世を拵らへて、天地の生神が揃うて全部(すっくり)表面にあらはれて、末代の世を構はねば、外の身魂では万古末代の世は持てんぞよ。身魂が違ふので世の持方が判らんから、世の立替を致してしまふぞよ。臭い物に蓋を致した如うな行方では、チツト行きよると復(ま)た世が後[跡]へ戻りて、日本も外国も、何時までも国が治まると云ふ事は無いぞよ。国の取り合ひ斗りで、弱い方が何時も負けて苦しむ斗り。天地の神は、何時までもこんな世界を見殺しには致さんぞよ。
 日本の国の霊主体従の、今度世に出る天地の生神が、昔からの仕組て居りて、二度目の世の大立替を致すから、国は立ちては行くなれど、今度の御用に使ふ守護神、人民に一寸でも混じりがありたなら、又段々と元の如うに乱れてきて、国を奪(とら)れてしまふて、鬼と悪魔の世に成りて、何う仕様にも手も足も出せぬ如うに成るから、今度の立替は中々神に骨が折れるぞよ。今度天地の先祖が現はれて、守護致さなんだら、世界中が泥海となりて、人種も無いやうに成るのであるから、天地の神は、この世を潰さぬ為めに、永らく艱難辛苦を致すのであるぞよ。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

『大本神諭』 大正4年旧4月6日

○大正4年旧4月6日(火の巻)
 
 国常立尊が艮(うしとら)へ押籠られて居りたから、丑寅(うしとら)の金神と名を変へられたのであるぞよ。地の世界の元の先祖の国常立尊と、変性男子の身魂が現はれて来ぬと、至仁至愛神(みろくさま)の御出現(おでまし)は無いのであるぞよ。ミロク様が御出現におなり成されて(※1)、変性女子が現はれたなら、世界は一度に動くぞよ。何事も一度に世界中の事が判りて来て、何を申さいでも、一度に開く梅の花、梅と松とで二度目の天の岩戸を開くぞよ。昔から言ひ置にも、書き置にも、書物にも無い事実(こと)を、手本無しに書き放題に、根本の事から書いて知らした事が、皆世界から出てくるのであるから、余程身魂の研けた人民で無いと、判りかけが致さんぞよ。
 今迄は暗黒(やみくも)の世で、神の白(まお)す事は何事も、人民には判らなんだなれど、天地のビツクリ箱が開くから、モウ判るのが速いぞよ。判りた守護神は自己(われ)の事どころか、こんな惨い事に日本の国を致したのは、身魂の性来が元から悪でありたから、「性来だけの事より出来なんだのじや」と云ふ事が、自己に判りて改心を致すなれど、判らん守護神となると、未だ未だ是から上る事斗りを企らみて、中々の苦労を致すなれど、モウ時節が参りたから、思はくは立たんぞよ。茲まで日本の国の身魂を外国へ抜き取りて、モツト悪を栄えさして、「『末代悪で此儘(このなり)で行(や)りて行(いか)う』との精神である」と申して、筆先で毎度知らしてあるが、艮(とどめ)と成りて悪の守護神が自分の口から白状いたして、善の方へ慟愧(はじ)を晒して、御詫びに参りて来て、「是迄の悪を改心して善に立帰り、力一杯善の為に活動(はたら)きますから、天地の御先祖様に御詫を致して、赦して下され」と申して、艮の金神の許(もと)へ参りて、キリキリ舞を致す如うに成りて来るぞよ。「いつ迄もこの世は悪では立ちては行かんから、一時も早く善へ立帰らんと、物事が遅くなる」と申して、キリキリ舞をして、自己の系族(ひっぽう)へ改心をさせに廻りて居るぞよ。モ一つの極悪の大将が吃驚を致して、「是は大きな取違ひでありた」と気が附いて来ると、腰が抜けてしまうて、早速には脚も立たず、顎が外れて物は言へず、「『斯世に無い』と思うて居りた日の本の先祖が、そんな経綸がしてありたか」と呆れて、逆立に成りて、足が上へ上りて、手でヌタクリて、苦しむ時節が参りて来たぞよ。
 何を申さいでも時節が廻るから、時節を待ちて喜こばれて、返報がやしは出来るから、人民に「何事も時節を待て」と、毎度筆先で知らして居るなれど、人民はすぐ返報がやしを致さうとするから、仕損ないが出来るのであるぞよ。人民の肉体の生命はチツトの間であるから、霊魂の因縁性来が判らんから、大変に思ひが違ふのであるぞよ。人民と申すものは、現世(このよ)だけの事ほか判りて居らんから、「今度の二度目の世の立替は大望」と申すのであるぞよ。人民は我一代の事より判らんから、気が忙(せつ)ろしいて、寿命も短かう成つてしまふのじやぞよ。天地の御恩は何れだけ深いものと云ふ事が、解りて居らんから、我の肉体の事より、霊魂の因縁性来が皆目(かいもく)解らんぞよ。誠の日本魂に立帰りたら、何も明白(ありやか)に判る筈であれども、解らんのは矢張り外国魂に化り切りて居るからであるぞよ。世界の守護神や人民に、「天地の御恩は何程(なんぼ)深いか知れん」と云ふ事が判りて居りたら、今迄に神も是だけの苦労艱難は致さいでも好かりたなれど……是まで世を乱した事も、是から世を立直すのも、皆身魂の因縁性来の業(わざ)であるから、「斯う云ふ身魂は斯う云ふ事が出来る」と云ふ事を、末代後の世継いたす身魂に、書き残しておくから……。

 綾部の大元は未だ地拵へであるから、今では皆が御苦労であるなれど、世界の大本に成る尊い所であるぞよ。今申しても未だ人民は真実(まこと)に信仰(いたし)はせんから、後の為に筆先に書遺しておくぞよ。モウ判るに近くなりたぞよ。天の御先祖様の直(じき)の御血筋の性来と、地の先祖の血筋との性来が、日本の霊主体従の根本の日本魂であるから、煮ても、焼いても、たたき潰しても、引裂きに来ても、外(ほか)の身魂の手には合はんなれど、「時節には神も敵[叶]はんぞよ」と申して、筆先に出してありたが、何彼の時節が参りて来たから、露国の先祖が経綸て居る事が破裂してしまふて、国が立たんやうに成るぞよ。露国の先祖の悪神が又外国(独逸 ドイツ)へ渡りて、ドエライ仕組を致して居れども、悪の世はモウ済みたから、ジリジリ悶へを致して、往生致さなならん様に成りて来るぞよ。

(※1)
○「現はれかけたミロク様」 玉鏡(昭8/10)
 今やミロクの大神様は地平線上に現はれ給うて、早や肩のあたり迄を出されて居るのである。腕のあたり迄お出ましにならねば、本当のお働きは出来ぬのである。腕は力の象徴である。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

『大本神諭』 大正4年旧5月4日

○大正4年旧5月4日(火の巻)

 明治25年から、口と手とで知らしてある実地の事件(こと)が、世界の片端(はし)から、浜辺から始めるぞよ。国常立命(くにとこたちのみこと)の次に、乙姫殿の御用といふ事が、お筆先で知らしてあるが、筆先通りに出現(でて)来るぞよ。遠国から始めて、段々外国には甚(ひど)い事があるぞよ。明治27年の7月に、激烈(ひど)い御筆先が書かしてあるが、外国の罪穢(めぐり)の甚い処には、惨烈(ひど)い事があるぞよ。今度二度目の世の立替は、国の借銭、所々の身魂の借銭済(しゃくせんなし)であるから、身魂が悪い働きをして居る国土(くに)から、借銭済を始めるぞよ。遠地(とほく)近地(ちかく)の区別(へだて)は無い。罪穢の多大(ひど)い所には惨烈い事があるから、遠地から始りて、段々近所(ちかく)へあり出すから、「近所は無い」と油断は些とも成らんぞよ。国々、所々、家々に、身魂に借銭の有る丈の事は、何でなりと借銭を皆済(すま)してしまはねば、世の元の荒神の御揃になりて御守護あり出すと、中々世界の混雑と成るから、大峠と成る迄に改心を致して、身魂を研いて居らんと、大峠越すのが辛いぞよ。

テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

『大本神諭』 大正4年旧5月13日

○大正4年旧5月13日(火の巻)

 天の御三体の大神様が、これ迄は仏事の世に致さねば世が渡れん故に、神が菩薩となりて、日本の霊主体従国(ひのもと)も已[止]むを得ず、仏事の守護でありたから、根本(もと)は同一(ひとつ)であるなれど、種々(いろいろ)に変化(へんげ)て、各自(めんめ)の性来の事を力一杯気張りて、天の御三体の大神様の、お気障りの事ばかりを、皆神がして居りた。何彼の時節が参りて来て、世界中を神国の世に致す時節が参り来て、この二度目の世の立替のあるのを待ち焦れて、松の世に成りて来たぞよ。余り大事業(たいもう)な事であるから、三体の大神が下へ降りて、「手伝うてやらな成らん」と申して、畏れ多くも天照皇大神宮(てんせうこうだいじんぐう)殿が、直(なお)に御憑りにお成りになりて、御言葉を戴いて居るであらうがナ。時節が何も参りて来て居るなり。守護神に判らんから、人民には何も判らず。時節は皆出現居るなり。天の大神様が大変な御心配を遊ばすなれど、闇の世に成りて居るので、盲者(めくら)聾者(つんぼ)と同じ事で、何結構を書いて見せても、言葉で言はしても、聴く人民も、守護神も無かりたなれど、これから天の御三体の大神様が、地の世界へ結構な神力を授けなさる、直接(しき)の御守護遊ばして、世界には昔から無かりた事が、綾部の陸の龍宮館の元の宮から出来るから、今の世の中に汚い心を放り出してしまふて、水晶の心に持ち替へて居らんと、醜しき心の守護神に使はれて居る肉体は、綾部の大本の元の御用は出来ぬ。日本の霊主体従へ、世を捩じ直すのには、天地の根本の生粋の大和魂の親神様の御手伝が、この先はあるから、日本の元からの仕組通りに致して、善一つの道で、天と地との大神様が御揃になりて、西と東に大神のお宮を建てて、天からは三体の大神様が地の世界も構ひ、大国常立尊が天も構ひ、地の世界は申すに及ばず、天へも上りて降昇(おりあがり)致して、日本の元の天地の光を向後(このさき)は出すから、「神は痛(つら)うなる」といふ事が、お筆先で気がつけてあらうがナ。
 これまでの世は仏事の世でありたから、天地の光も大変薄くなりて居りたなれど、皆時節で、何んな世も持ちて見ても、天地の世界であるから、枝の神や、渡りて来られん外国へ上げてある悪の霊魂では、この世は持ちては行けぬ。元のお骨折りの御恩といふ事を知らんと、こんな言訳出来んことになるから、利己主義(われよし)では世は立ちて行かんぞよ。天の根本の御先祖様の思(おもひ)を致さずに、「地の先祖の行り方が、余り烈しい」と申して、徒党なされた初発の彌勒様の附き附(づ)きの守護神に、大きな目的がありた故に、太初から世がこう堕落(なる)ことがよく判りて居りて、世に落されるのもこれも時節である。元を吟味(ただ)せば元は一ツじゃ。こういふ世に致すのも、霊魂の性来で、力一杯気張て、これだけ、「悪じや、鬼じや、大蛇(おろち)じや」と、いやがられたものでも、改心といふものは結構なものであるぞよ。改心致して精神(こころ)を持ち直せば、乙姫様のあの怖い御姿を、この度は尚(な)ほ顔が見度(みた)うてならんやうになりて、この頃は結構な御姿を……。昔の元の正真(せうまつ)の水晶の御姿を、日々に拝まして貰うて、実地のことの判る世が参りて来たぞよ。今の学者は大きな取違をして居るぞよ。実地の神を無い事に致して居りたが、実地をして見せてやるぞよ。


テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

真善美愛

Author:真善美愛
真善美愛まことと申します。東日本大震災の後、上野公園さんの『神言会-大本教神諭解説』に出会い、ぐちなお開祖・さぶろう聖師を通じてうしとら〔 艮 〕こんじんくにとこたちのみこと様に導かれます。それ以降、天の御先祖様(万軍の主、創造神)のお役に立ちたいと、良心神(個々の魂に宿る天帝の分魂、天照皇大御神)を奉じて活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる